勝ち気と負けず嫌い、気が強くても気は小さい

f0009457_145273.jpg

あなたはどちらだと思います?どちらでもない?
「勝ち気」って、人に勝りたい気持ちで、「負けず嫌い」って、どっちかっていうと、自己との戦いに負けを認めたくない気持ちのことを言うような気がします。逃げるが勝ちって言う人もいますね。
誰でも負けるのは嫌なんだってこと、子供を相手にしているとよくわかります。人間の本質、子供たちからたくさん教えられましたね。子供との接点は仕事や甥っ子という短い時間だったんですけどね。大人になるに連れて、負ける状況や気持ちに立ち向えるようになっていくんですね。

私の持ってる古い『新明解国語辞典』によると・・・
・勝ち気:気性が激しくて、弱みを見せまいとする様子
・負けず嫌い:誰にも負けまいと意地を張り、極端に負けることを嫌う人

どちらもいつもではないな、時々ある程度。でも、なぜか強気なんだよなぁ。

・強気:必ず勝てる・成功すると思って、積極的・高圧的態度を取る様子。またその態度
   反対は「弱気」

納得。

でも、気は小さい?
・小心:気が小さい様子
・狭量:度量の狭い様子(反対は広量)
じゃ、大心ってある?・・・ない。小心の反対語って何だ???勇気?
・勇気:普通の人が不安や恐れを感じて使用としないことを、積極的に使用と言う気力
・大様:育ちがよく、およそ相手を疑う気持ちや競争心等を持ち合わせていない様子
・おおらか:育ち(環境)がよく、細かいことにこだわらない様子
・寛大:心が広く、他人の失敗や欠点に思いやるのある態度で接する様子
・寛容:人の失敗等をとがめ立てしないで、いい面を積極的に見ようとする様子

ふむふむ。でも、びしっと「小心」の反対語にはならないですねぇ。。。

国語辞典、たまにひくと面白いね!

ここで、クイズ!
英語でgenelous, big-hearted,easy-going,warm-hearted,fussy,precise,twistedで表される人って、日本語ではどんな人だと思いますか?

ヒントにならない例文
My host mother in Dublin was always willing to care of others, in otheg word, not only considerate but also genelous, big-hearted, easy-going and warm-hearted.

あ、ちなみに英辞郎で「素直」ってひいてみたら、こんなにありました。日本語では一語で言えることが、英語にはびしっと当てはまるものが無いことって良くありますね。こういうのって文化の違いなんでしょうね。
1. amiable
2. biddable(人が)
3. compliant
4. docile〔【反】difficile〕
5. ductile(人が)
6. graceful
7. honest
8. malleable
9. obedient
10. straightforward
11. supple
12. tractable
13. yielding

☆=おやすみなさい

付録:フランス語では火加減に関して約100種類も形容詞があるんですって!(料理専門学校生から聞いた話)
日本語だと片手で足りるぐらい?
[PR]
by vrombir | 2009-01-18 01:24 | 日記diary

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir