お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

お得で楽しい日帰り富良野スキーバスパック

f0009457_22514171.jpg日曜日は友人と富良野に日帰りでスキーに行きました。プリンスホテル発着のとってもお得な日帰りバスパックは、友人が全て予約手配してくれました!往復バス代、1日バス券付きで3900円!!!1日券だけでもこれぐらいしちゃうのに、凄いお得感ありです。雪質最高、ゲレンデがらがら、つまりリフト待ち無し!写真のように「寒々村(かんかんむら)」と銘打ったスキー場の裾野では毎週楽しいイベントをやっているようで、この日は人馬レースなどをやっていました。私たちは実質4時間ほどしか滑る時間がないので、そちらへは目をやる程度で、参加はしませんでしたが、とても楽しそうでした。特にその隣でやっていた雪上バギーでチューブに子供を乗せてをぶんぶん振り回すのが楽しそうでしたが、きっと大人はダメなんだろうなぁ・・・
f0009457_2331812.jpgこの日はあいにくの悪天候で、ゴンドラも山頂のリフトも止まってしまい、行動範囲は限定されてしまいました。それでも今年始めてのゲレンデスキーはワクワクドキドキ!
スキー場は噂通りオーストラリア人がたくさんです。通なオーストラリア人はニセコではなく、今や富良野だそうです。そして、この噂は直接オーストラリアのおじさんから実証されることになりました。4人乗りリフトで偶然一緒になったおじさんは、昨年は7週間ニセコにいて、今年は10週間も富良野にいるそうです。「ニセコはバリ島みたいにオーストラリア人ばかりで他の国に来た気がしないんだよ。日本の場合だとハワイみたいな感じじゃない?」と言っておられました。ニセコにあるオーストラリア人が経営する代理店が全て宿など手配してくれるらしく、泊まる場所もリーズナブルできれいなところだと喜んでいました。北海道に来る前までは、カナダにスキーに行っていたそうですが、雪質は断然北海道の方が好き!と言って、新雪を楽しそうに滑っていました。おじさんは私たちに丁寧にスキーを指南してくださり、とっっっっても参考になりました!「体重移動はやさしく」「曲がりたいときは立ち上がって(しっかり抜重して)」「なるほど!急激な体重移動のせいでブレーキかかりすぎたり、山足の板持あげたり、体が山側に回りすぎたり、バランス崩したりしてたんだ!」と目から鱗の体感でした。こうなると、楽しくてしょうがなくなり、おじさんが連れの妻の元にもどってからも、友達と2人で風雪に耐えながら滑り続けました(^^)vおじさん、ありがとうございました!とても69才とは思えない素晴らしい滑りでした。こんな風に、夫婦で共通の趣味を持って、老後を楽しんでるのって素敵!
f0009457_23202094.jpg
お昼ご飯は、噂のホワイトカレーを食べましたが、カレーと言うよりはスパイシーなクリームシチューだなぁ、という印象でした。
富良野スキー場は私の中で第1位!雪質、ゲレンデのバリエーション、斜度の具合、景色の良さ、素朴さなどなど。今度行くときはお天気だと良いなぁ〜。来シーズンは泊まりで行きたいなぁ(^^)
[PR]
Commented by のりちん at 2007-02-06 11:36 x
旭川にいた頃はそれこそしょっちゅう富良野で滑りました。
雪質も良いし、コースもいろいろあって大好きなスキー場です。
キロロや国際みたいな緩斜面が少ないのでスノーボーダーにもGOODですよね。
学生時代にみんなでつながって滑った(私をスキーに連れてってみたいに)ことが懐かしいです。
早起きと寒さと高所が苦手な私はすっかりスキーをしなくなっちゃいました。まだ滑れるか不安……。
Commented by vrombir at 2007-02-06 15:59
そうか、旭川から近いもんね。
何でフラノが快適だと感じたかって、歩かなくちゃいけないような平らな連絡が少ないせいだったのか!
つながって滑るの、やったやった!懐かしい~~♪あの時はスキー場が劇込みだったなぁ・・・今はこんなにガラガラなのに。
私も去年は相当なブランクが空いていて、しばらくぶりのスキーでドキドキだったけど、やってみると体が覚えてるもんだね。また病み付きになりそう!(^^)!
体を動かしたあとの疲れは爽快だよ。のりちんも復活しようよ★
Commented by Bellevue at 2007-02-07 00:03 x
さすが!天気がわるかろうがちゃんと楽しんでいますね。そうですか富良野までオージーがこんなに進出しているのですね。そういえばルスツやキロロも中国語(おそらく台湾の方)がとびかっていたなあ。
Commented by vrombir at 2007-02-07 11:33
ホテルの中は台湾語が飛び交っていました。オーストラリアの方は長期滞在型なので、もっとリーズナブルな宿を利用するようです。
by vrombir | 2007-02-05 23:27 | 旅して〜travel | Comments(4)