門馬ギャラリーANNEX〜杉吉貢墨絵展〜

f0009457_17222100.jpg
昨日の登山でばきばきになった身体をほぐそうと出かけた近所散歩。いつも通りかかって気になっていた門馬ギャラリーANNEXで今日は墨絵展覧会が開催されていたので、ふらりと覗いてみました。この上の写真、絵の一部をアップにしたのですが、これ、全部面相筆と言う筆で描かれているんですよ写真では伝わらないので是非実物を見てみてください。作家さんが実際にモンゴルで出会ったシャーマンのおばあさんだそうです。その反対に有る絵は、これとは全く正反対の動きの有る、瞬間瞬間に変化するエネルギーの揺らぎを感じさせるような大胆かつ繊細な作品です。この壁2面に静と動が向かい合っていると言う面白い展示です。
f0009457_1743864.jpg
このギャラリー自体、うなぎの寝床のような個性的な空間で、その両端に有る扉から見える緑と、そこを通り抜ける風も作品の一部として展示できるのが魅力だと杉吉さんは語ってくれました。非常に気さくな方で、ここに展示されていない作品も段ボールから取り出して沢山見せてくれました。山北さんや嵯峨さん、金子竜太郎さんなどなど私が好きなミュージシャンの方達ともお知り合いらしく、なんだか世界は狭いなぁ、なんてうれしくなってしまいました。f0009457_17102963.jpg話の中で出て来た嵯峨さんがやっているのど歌デュオのタルバガンのCDのジャケットのイラストも彼が描いたそうで早速家に有るCDを探して見たところ、たしかに杉吉さんが描いた絵でした。すごいなぁ。好きなアーティストのCDの絵を描いた作家さんの展覧会に偶然出遭ってしまうなんて!

■杉吉貢墨絵展 2008.9.10〜15
ギャラリー門馬ANNEX
札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38
[PR]
by vrombir | 2008-09-11 17:23 | 札幌SAPPoRo | Comments(0)

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir