カテゴリ:札幌SAPPoRo( 90 )

北海道マラソン

f0009457_22563563.jpg
今年も最後尾からスタートです。
フルに出てるみんなもがんばってね!




[PR]
by vrombir | 2014-08-31 08:42 | 札幌SAPPoRo

ラーツー2@円山山頂

またもやラーツー。第2弾です。またまた雪が降りしきる中決行でしたが、前回と大きく違うのは気温。大寒波が来ており、各地で今シーズン1番の冷え込みを記録し、このところ日中の最高気温はマイナス5度くらいの真冬日が続いています。でも、道産子たるもの真冬日や豪雪にひるんではいけません(もちろん遭難の危険があるほどなら行きませんが)。
f0009457_22371959.jpg
まずは入り口で記念撮影。靴にはスパイクを装着しました。私は持っていないので、リーダーのものを借りたのですが、これがなかったら、アウトでした!夏は岩がゴロゴロしているので、それを足場にして登って行けるのですが、冬は整地された斜面になっているので、滑り台のようです。ふわふわの雪であれだけ滑るなら、アイスバーン状になったら、こんな丘のような小さな山でも決行な苦行ができるような気がします(しませんが)。軽快な足取りの他の登山者たちは、アイゼンをつけているようでした。
f0009457_2242699.jpg
冬は野鳥観察の絶好のチャンス!なんせ木々たちの葉はすっかり落ちているのですから、鳥たちの隠れ蓑が少ないのです。というよりも鳥たちの方から人間に近づいてきてくれると言うのが驚きでした。餌不足の冬で飢えている小鳥たちに、人間が餌を与えているのでしょうね。ちっちゃく写っているのはシジュウカラちゃん。ほかにもゴジュウカラ、ヤマガラとおぼしい、シジュウカラにそっくりな小鳥たちや、シマシマの小振りなキツツキやアカゲラもいました。おまけに、リス?!と思ったら、しっぽが違う。。。ネズミもいました。ヤマネズミなのか、ドブネズミよりは大分小さく体長は15cmくらいでした。小鳥が寄ってきてくれるのは白雪姫気分でうれしいです。
f0009457_22481162.jpg
そんな楽しい野鳥とふれあいながらののんびり登山はず〜っと雪が降り続き、山頂に着いてもやむどころかどんどん激しくなっているかのようでした。当然、札幌の街もうっすらしかわかりません。のぼりは1時間はかかってないと思いますが、雪がかなり降っていたので時計を見るのも面倒で、正確な時間は分かりません。
f0009457_22502774.jpg

さて、テーマのラーメン作りです。山の裾野から吹き上がる風は「ゴー」と鳴り、渦を巻いているのがすぐそばに見えます。雪は弱まることを知らずに降りしきり、準備する私たちの上に、荷物に降り積もって行きます。次々にあがってくる登山者は、早々に下山して行きます。大雪の厳寒の中、山頂で昼食をとるグループは他に1つもありませんでした。ましてやわざわざインスタントラーメンなど。前回よりもかなり気温が低いので、ラーメンもすぐにぬるくなってしまい、体を温めるのには十分ではなく、手がかじかんで感覚がなくなりました。Nちゃんは寒さで体中こわばって、ラーメン作りの最中、何度もスープをこぼしてしまい、なんだか痛々しい感じでした。本人曰く、もうろうとしていたそうです。どうやら男性の方が寒さに強いようです。今回は、おむすびとゆで卵を持参しました。遠足にはやはりおにぎりは欠かせない!石垣の塩を使ったじゃっかんこだわったおにぎりです(^^)v
f0009457_2325319.jpg
食事を終えての下山は、感覚的には15〜20分ぐらいだったように思います。登山道は整地された斜面なので、滑らないように降りようとすると、小刻みな駆け足になってしまうのです、急ぎたくなくても。。。急斜面は、面倒なのでお尻で滑っちゃいました。他の人たちも急斜面には苦戦していたようで、怒濤のように降りてきていました。
下山して円山公園内を歩いていると、チューブ滑りがあったので、ちょっぴりそれで遊びました。子供ですね(笑)。
f0009457_2310094.jpg
ひとしきり遊んだので、どこかで甘いものでも食べようと、帰り道の途上で喫茶店にふらりと入り、ケーキなどをいただきました。「Porte Rouge」に入りました。店内は禁煙だったので、私以外のヘビースモーカー3人は、ちょっとかわいそうでした。お店は、夏はオープンテラスになりますが、冬はさすがにテラスは使えないので、4席だけのこじんまりとした席です。かなりガーリーな内装のお店ですが、ケーキやクッキーはなかなか美味しかったです。
その後は、「米屋」という和菓子屋さんに立寄、何人かはそこで和菓子を買いました。住宅の狭間に建つ、上品で落ち着いたたたずまいのお店です。
そして、リーダーが大好きだと言うパン屋さん「ブルグ」に立寄り、パンを買いました。リーダーは札幌で売られているパンの中で1番好きなのだそうです。
というわけで、帰りは登山後も集合場所のリーダーの家まで歩いて帰ることとなり、ブラブラしながらおいしそうなお店を物色したり、なかなか楽しいお散歩も楽しめました。でも、体が芯まで冷えました。体が温まるまで1時間はかかったでしょうか。厳寒期のラーツーは、もう一工夫必要なようです。そうやって状況を学んで行くこともまた楽しいですね。男性たちはバーナーなどの器具をいろいろ試しているようで、今回で、おおよそ器具の選定に決着がついたようです。

Porte Rouge
【本 店】(ケーキと焼き菓子、イートイン)
札幌市中央区南3条西25丁目1-5
TEL.011-640-8101
FAX:011-640-8721 
【マルヤマクラス店】(焼き菓子とギフト)
札幌市中央区南1条西27丁目1-1
マルヤマクラス1F
TEL.011-621-8105

Burg(ブルグ)ベーカリー
札幌市中央区大通西23-1-11
TEL. 011-642-4216

菓匠 米屋 (よねや)
札幌市中央区南三条西24-2-6
TEL. 011-611-7739
[PR]
by vrombir | 2014-01-12 23:23 | 札幌SAPPoRo
f0009457_14311058.jpg
f0009457_1431244.jpg
f0009457_14314251.jpg

1月2日、滝野すずらん丘陵公園に行って、歩くスキーをしてきました。みんなで冬のオコタンペ湖に行くための練習会です。みんなスキーはバラバラ。2人は秀岳荘からレンタルしたスキーシューという幅の広い板で、ソールはシールを貼ったものとそうでないのでお試しです。もう1人は普通に古〜いアルペンのゲレンデ用の板で、もちろん重い上にかかともあがらないタイプ。私のは、東京時代に友人からもらった、自分の身長に全然合っていない歩くスキー用のフルエッジの細めの板です。
出かける時はホワイトアウトに近い雪でしたが、目的に地に近づくにつれ、雪があがっていきました。初心者コースは閉鎖されていたので、中級者コースのエゾリスコースにしました。リーダーはスキー自体25年ぶりでしたが、なぜか・・・「中級者コースを上手く滑れなかったら、上級者コースにするべ」と変なことを言っていました(笑)初心者コースのせせらぎコースで凍ったアシリベツの滝を見るのが好きな私はエゾリスコースにちょっとがっかり。以前来たときに、自転車コースなんだなぁと思わせる人口的な雰囲気の印象が記憶に残っていたからです。ですが、意外にも自然の中を進んでいる感が満喫でき、どんどん楽しくなってきました。大の大人が追いかけっこをしたりして、かなり楽しめました!!!コースを少し外れて小山を登り、小屋の前で(閉まっている)みんなでインスタントラーメンを食べました。「ラーツー」とは「ラーメン・ツーリング」のことなのです(^^)
寒い中のラーメンはとってもおいしくって写真を撮るのを忘れました(笑)
引き続き、友人からもらったポップコーンのもとを持ってきたので、それを鍋に入れて作ります。電子レンジ用なので、不安がありましたが、見事美味しくできました!!!といっても鍋振りをしてくれたのは、Iちゃんです。Fさん、Iちゃんバーナーとお鍋もってきてくれてありがとう!
食べ終わってからは周りの新雪でオコタンペを意識して登ったり下ったりの練習・・・というより雪遊び?新雪はふっかふかで本当に気持ちよかったです。そしてまたコースに戻って残りの1.5kmを進みます。みんな大分スキーになじんできたようです。自然の中で体を動かすのは本当に楽しいなぁ〜。今回も自分の持久力がアップしたのを実感することができて、ランニングの恩恵を感じました。ランニングはすべてのスポーツの基礎、というか基礎体力作りには本当に効果があるのだなぁと、ますますやる気を起こすのでした。人生はたった1度。だったら楽しい方がいい!だから体力、健康は必須ですね。
めざせ!オコタンペ湖。
みんなは今、ニセコでキャンプしての帰り道なんだよなぁ、うらやましい〜。

f0009457_15104770.jpg

f0009457_1512944.jpg

[PR]
by vrombir | 2014-01-05 15:10 | 札幌SAPPoRo

護国神社

毎年、12月にお参りをします。今年で3回目。毎年よいお天気に恵まれています。
護国神社は北海道神宮とは違ってあまり知られていないようですが、我が家は、父が元気な頃は、いつもご護国神社の神主さんに自宅に来ていただき、成人の日に毎年お祓いをしていただいていました。だからとてもなじみの深い神社なのです。今はいらしていた神主さんもこの世からおられなくなり、息子さんの代になりました。父ももう自宅にはいないので、自然とこの年中行事も消えてしまいました。

久々に訪れる護国神社は、都心から近いのが嘘のように、ムクドリ、ヒヨドリ、マガモなど野鳥を多く目にすることができ、人気も少なく落ち着きます。この日はがりがりにやせたキタキツネにも迎えてもらいました。弱っているのか餌が欲しいのか、近寄っても全く逃げません。かわいそうだけど、人間の世界に居ついて困るのは彼らなので、餌をあげることはできないのです。ごめんね。。。
敷地内には戦没者をまつる石碑が連なり、神社の名前なりを知ることとなります。
中島公園のお散歩のついでにふらりと訪れてみるのはいかがでしょうか。かもかも川のせせらぎと木漏れ日がここちよい、札幌の都会の片隅の癒しの散歩コースです。

f0009457_12123355.jpg
中島公園に面した西側の入り口です。
f0009457_1212476.jpg
境内の全景。
f0009457_12151556.jpg
風で松の枝の雪が舞うのはとてもきれいでした。
f0009457_12155633.jpg
キツネって、本当にキツネ目なのですね。
f0009457_12182031.jpg

[PR]
by vrombir | 2013-12-14 12:03 | 札幌SAPPoRo

私にとっての初雪

f0009457_22132184.jpg

いきなり大量に来ましたね。
先週末、私が札幌にいない間に雪が降ったような。。。でも、私にとっては今シーズン初。朝はチラチラと可愛い降り方だったけど、夕方は派手でした(笑)
[PR]
by vrombir | 2013-11-11 17:39 | 札幌SAPPoRo

北海道マラソン

友人に誘われて参加した北海道マラソンは、思いのほか楽しかったのでした!参加ランナー約15,000人、ボランティア約4,000人という大規模な大会で、国内では真夏に行われる大会としては唯一なのです。だから、友人たちのように、道外から走りにくる人も多いのですね。大会前の受付会場では北海道EXPOなるものまで開催され、まさしくお祭りの様相を呈していました。今年からファンランという初心者でも参加できる短い11.5kmのコースが設置されたおかげで、私も出ることができました。これまでは、フルしか無いし、真夏という過酷さ、プラス制限時間も厳しいと言うことで、自分には全く縁のない大会でした。友人とはファンランに一緒に出ましたが、スタート集合場所で直接待ち合わせでした。彼女の旦那や元同僚の方は、フルに出場するので、ゴールするところを見ることができればなぁと思っていましたが。。。

f0009457_0223133.jpg
スタート前の集合場所はこんな感じ。ファンランは3,000人の参加で、ブロックは2つに分かれているので、1,500人近くいるんでしょうね。なんとか友人に会えました。こういうときは、携帯って便利ですよね。天気予報は外れて、みるみるお天気に!日差しとともにテンションも急上昇です。この時、カメラマンの先輩が電話をくれたのですが、その時は、先輩もこの大会に参加しているとはつゆ知らず、とんちんかんな対応をしてしまいました(笑)。

f0009457_0251757.jpg
やや移動して、いよいよスタート体制。招待選手の紹介やら知事の挨拶やらマイクを通して流れていますが、何を言っているかよくわからないという状況でした。もちろん、姿も見えないですし。しかも、楽しみにしていたテレビ塔のカウントダウンが全く見えません!!!テレビ塔の姿すら、電光掲示板の遥か上にあるてっぺんが申し訳程度に見えるだけだったという悲しさです。

f0009457_0352821.jpg
でも、ふと沿道を見ると顔見知りの2人組!!時々練習でご一緒いただいている方達です。「文ちゃん」という赤い旗と「燃えろ〜」という白い旗!なんか感動しちゃいましたよ。Sさん、Nさん、ありがとうございました!そんな応援を見て、満面の笑みでスタートです。カウントダウンが見えなくても、もうどうってこと無いです。

f0009457_0373083.jpg
スタートしてから大分時間は経過していましたが、のろのろと歩くばかり。カウントダウン後、みんな盛り上がって手を上にかざしたりしたものの、そんな上半身とは裏腹に足取りはゆっくりなのでした。やっと大スクリーンが見えてきたのが7、8分過ぎで、この辺りから、じゃっかん駆け足っぽくなれたかな?カメラに向けて手を振る人も多く、友人も隣でそのようにしていました。すごいゆっくりなジョギングで大通りからすすきの、中島公園へと向かいます。ゆっくりなので、久しぶりに会う友人とゆっく〜りお話しながら走れました。中島公園をすぎたぐらいからは、いつも通りのペースで走れるようになってき、そんな中、ふと沿道を見ると知り合いのカメラマンのNちゃんがカメラかついでお仕事をしていたので、びっくりです!声をかけたら、むこうもびっくりしていました。
北海道マラソンは、沿道の応援がとても暖かいのですね。北海学園高校の前では、和太鼓を叩く高校生に続いて、ハイタッチを待ち受ける生徒たちがずらりと並んでいました。友人がハイタッチをやり始めたので、私も続いてやってみました。思ったよりたくさんの生徒さんが並んでいて、なかなか終わらなかったのですが、やりながら、だんだんテンションがあがり、それにつれてスピードが上がり、最後の方でハイタッチしたときは、バチンという大きな音がしました。「痛かったでしょう?ごめんね〜」と心の中で思うのでした。見知らぬ人がこんなに声援してくれるなんて〜。飲み物まで置いてあったりします。よさこいは、今や、演じる側と見る側の交流がなくなってしまったけど、マラソンはそれがあるからいいですね。私が望む本来のお祭りの姿のような気がします。

f0009457_052859.jpg
走りながら撮ったので、歪んだ画像になりました。白石・藻岩通りを平岸通りに向けて走る上り坂。長く続く坂道がすべて人の頭で埋まっているという壮観な光景でしたが、この写真では全然奥行き間が伝わりませんね。このあたりで友人が「先に行ってもいいよ」と言ってくれたので、お別れすることにしました。別れる頃は調子こいてよいペースでしたが、創成トンネルぐらいでかなり失速していました。このトンネルを走って通るというのもかなり貴重な体験です。入った直後はひんやりしたけど、だんだんムシムシしてきて、息苦しい感じでした。当たり前ですが、車で通るよりずっと長く感じますね。トンネルを抜けて爽やかになると思い気や結構なのぼりなので、すぐに爽やかにはなれませんでしたが、見慣れた市街地の風景を見たときには、あともう少しなんだという実感がわいてきました。
最後のアプローチは道庁の赤煉瓦に向かって走るという素敵な景色で、スピードアップです。道庁の門をくぐったところで、全力疾走し、ゴール。あ〜気もちいい。楽しかった〜。ゴール後、友人に会って、完走証をもらうとほんの2分ぐらいしか違わなかったので、結局似たようなペースで走っていたようです。偶然、大会に出ていた知人に会い、友人との写真を撮ってもらえました。

f0009457_13224.jpg
ファンランはピーカンのうちに終わり、私たちはそれぞれシャワーを浴びに行きました。シャワー後、先輩カメラマンがランタスティックで経過をFBにアップしていたので、見ていると途中でどんどん失速して、表示されなくなりました。あとで聞いたのですが、足が吊って35kmでリタイアしたのだそうです。でも、そのあとで、仕事に戻ったと言うのだから強者です。
その後、フルのゴールを見に会場に戻りましたが、雷やら大雨やらすごいことになっていました。応援の人の傘が邪魔で、結局、知り合いのゴールの瞬間は見逃したようです。ただ、ゴール前では、結構な人数の人がばったりと倒れたり、意識を失ってタンカーで運ばれたりするのを目の当たりにし、相当過酷なのだなぁと改めて実感ました。

友人の旦那さんとは、会場でなんとか会うことができましたが、もう一人は結局、飲み会までみんなと会うことができませんでした。男性陣は携帯を持っていないので、これだけの人数がいると会うのは至難の業ですね。
飲み会では無事全員揃い、非常に楽しい時間を過ごしました。「来年もまた来てね」と、私が言うと、「来年、フルに出るなら来てやってもいいよ」と言う。。。「今度の初ハーフチャレンジの結果で考えさせて」と妙に慎重な私でありました。
友人と私は11.5kmだったので、元気でしたが、フルを完走した二人は結構お疲れのようで、食も進まないようでした。フルを走ると、内蔵もかなり揺さぶられるそうで、胃腸も弱るのだそうです。フル・・・すごそうです。友人夫婦の友人の方とは、むかし、一緒にテニスをしたことがありました。そう、ちょうどこの4人で、東京の西側で20年くらい前テニスをして、帰りに吉祥寺で飲んだのでした。友人夫婦の結婚式であった時以来の再会でした。ほぼ20年ぶりの再会、浦島太郎状態ですね、とは言いつつも、みんな基本的にあまり変わっていません。あの時、テニスをやったメンバーが、20年後、一緒にマラソンの大会に出るなんて、その頃は想像もしていませんでした。不思議なものですね。それにそういうのも面白いなぁと思いました。みんなはもうたくさんの大会に出ているので、いろいろ楽しい大会の話も聞けてよかったです。マラソンしにあちこち旅するのも楽しそうです!
友人の同僚の方が、フルを走れるようになった肝は、体幹を鍛えることだったと言い、トレーニング方法も教えてくれました。私はひとまずハーフに向けて、教えてもらった体幹トレーニングを始めました。あと1ヶ月で、ドナドナリベンジ(以前、参加した札幌市民マラソンのハーフはタイムアウトでバスに収容されたので)です。なんとしても、今回こそ完走したいなぁ〜。この前、ドナドナになったときよりも制限時間が大分緩くなったので、チャンスなんですよね(^^)
[PR]
by vrombir | 2013-08-25 23:16 | 札幌SAPPoRo

やっと桜

f0009457_10439.jpg
f0009457_1041823.jpg
今年の春は遅く、ようやく桜が咲きました。10日金曜日が暖かく、一気につぼみが緩み、札幌資料館脇の桜は5,6分咲きになっていました。しかし、金曜日はまだ開花宣言が出ず。基準木の桜が5りん咲くと宣言が出るらしいのですが、その日は3りんだったようです。そして、今日やっと開花宣言です。わがホームグランドの中島公園は市街地よりもやや遅いようで、本日ようやく咲いている桜をちらほら見ることができました。もう少しで、桜のトンネルを走り抜けることができるのかと思うとわくわくします。
というわけで最近はランニングというよりはお散歩に近い感じで、それでも週に3回は行うことにしています。別にレースが目的ではないので、心と体の健康維持と願わくば美貌に役立てばいいかなぁと。

f0009457_10103888.jpg
冬から気になっていたのだけど、鴨かも川沿いにこのような建設予定地が。岩内にあるあのおしゃれな「高島旅館」のことなのでしょうか???こんなにきれいな桜がある場所に建つなんて、建つ前から素敵な予感がしますね。
[PR]
by vrombir | 2013-05-13 10:12 | 札幌SAPPoRo

走る〜雪祭り

f0009457_23254287.jpg
先週、カメラマンの先輩にランスパに連れて行ってもらい、5km走れたことに気を良くし、2/9はアシックスショップの「初心者ランニング教室」に参加してきました。これまた、楽しくて8km走れてしまいました。ゆっくりなら何とかなるんだなぁ。何より運動不足になりがちなこの雪のシーズンに、たっぷり汗をかけるのが本当に気持ちがいいのです。
ランニング教室では自己紹介をさせられましたが、私以外の方々はみんな大会参加を目指しており、ストレス解消と健康づくりという私の目標は肩身が狭い感じでした。それでもいいのです!楽しいのだから。教室の帰りにそのまま50%オフのウェアと20%オフのシューズ(スノーライダー)を購入し、やる気の背中を押すことにしました。今日は、昨日の撮影データを納めにいくのに、早速おニューのウェアとシューズで走っていってきました。片道4km弱ですが、たっくさん、信号に引っかかるのでいまいち欲求不満でした。帰り道はせっかくなので、雪祭りを見てかから石山通沿いを走って南下しました。そしてラルズで白菜を買い(笑)、実質たいした距離は走っていなかったです。でも、Better than nothingなのです。楽しくやっていきます。アシックスショップが開催しているナイトランにも出てみようかなぁ♪
雪祭りは久しぶりに見ましたが、大きな雪像が昔ほどインパクトないかなぁと思いました。私が小さかったからもっと大きく思えてそう思うのでしょうか?真駒内会場と混同しているのかもしれない?真駒内会場の方が迫力満点だった記憶もあります。あの大きな滑り台は本当に好きでした。モエレ沼会場はどうだったのでしょうか。今年の目玉はプロジェクションマッピングだったらしいのですが、後半はほとんど見られなかったようです。今日も中止のお知らせが出ていました。目玉だというのになんということでしょう!あと、大きな違いは、とにかく食べ物屋さんが多いです!!!私の記憶にあるのは、西側の会場の一部にかまくらがいくつかあって、そこで、ほそぼそとスープや甘酒が配られていたというこじんまりとした物でした。しかし、今日見た雪祭りは、北海道各地、日本全国、世界各地の多様な名物、食べ物がよりどりみどりでした。ほ〜。食の多様化は私の生きている数十年の間に急速に加速したのだなぁと改めて実感しました。そして私は白いおやき(写真左下)を食べました。もちもちしてミルククリームもあっさりとしていておいしかったです。

<ランニング教室で習った備忘録>
●ストレッチは上から順番に、走る前と走った後にやること
・首をまわす
・腕を上に上げてのびる
・肩をまわす
・体側をのばす
・腰と腹をのばす
・上半身をまわして腰を全方向のばす
・股関節をまわす(内外まわす)
・大腿筋の裏をのばす
・大腿筋をのばす
・膝の屈伸
・膝のばし(浅、深)
・膝をまわす
・アキレス腱をのばす
・手首・足首をまわす
・腿上げ、蹴り上げを意識した駆け足
・骨盤の稼働域を増やす腰ひねり歩き(上半身は正面のまま)
●ランニングするときの注意点
・目線は正面よりやや下
・手の振りは引きを意識して骨盤との連動を感じる
・呼吸は吐くとき意識的に行う
・ふくらはぎよりも大腿部や臀部の筋肉を意識して使う
・地面に印鑑を押すような気持ちで足の裏をすべてつける
[PR]
by vrombir | 2013-02-11 23:53 | 札幌SAPPoRo

旭山公園さんぽ3〜雪〜

f0009457_1155248.jpg



f0009457_1493354.jpg



f0009457_1494678.jpg



f0009457_150187.jpg


雪に落ちる影は グレーじゃなく、薄紫だと言うこと、かなり大人になってから気づきました。雪に落ちる影を見る度にそのことを思います。思い込みが真実を見えなくしてしまっていることって多いよなぁ。
[PR]
by vrombir | 2012-01-15 01:51 | 札幌SAPPoRo

旭山公園さんぽ

f0009457_1231314.jpg
f0009457_1161437.jpg
f0009457_1162929.jpg
f0009457_1195211.jpg
最後の写真は帰り道。日が暮れるのが早いですね。裸電球がもう点灯しています。
[PR]
by vrombir | 2012-01-15 01:18 | 札幌SAPPoRo

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir