<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

荒川静おめでとう!

今朝は今季オリンピックの中で1番感動しました!荒川は完璧な演技で非常に美しかったです。演技中はこちらまで緊張してしまい、K2の崖で、目下底なしの谷間を感じつつ、ザイルを頼りに登頂しているような緊張感でした(そんな経験はありません)。メダルを取れなかったスグリの演技もかなり良かったので、残念です。4回転にチャレンジしたミキティも来季に期待です。しかし、選手達のあの身体の柔らかさに感化され、柔軟運動を始めたのは私だけでしょうか???

f0009457_0473052.jpg滑り出す直前
f0009457_0482029.jpg滑り終えて
f0009457_049788.jpg滑り終えたコーエン...
(サーシャと言う名前からすると彼女はアイリッシュ系に違いない!顔立ちも確かにそうです。衣装もリバーダンスを意識している感じです。彼女を見ていると懐かしい気持ちになりました。)
P.S.シャッター速度1/25だとまだラインが出てしまう。。。動きのある物はきびしい〜
[PR]
by vrombir | 2006-02-25 01:01 | 日記diary | Comments(2)
f0009457_0365299.jpg先週の日曜日の晩、ふと気づくとポクの胸鰭の先に白いポワポワとした毛のような物が生えていました。慌てて月曜日購入したハンズのペット売り場の人に尋ねたら、「水カビ症」であるとの診断を受けました。水を換えたときに浄水器の水を使ったことが良くなかったらしいです。
ハンズの人のアドバイス通り、水道水に中和剤を入れたものに水を換え、粗塩をひとつまみ入れました。すると明くる日は病巣部の白い部分が消えていました!「やった治った!」と思ったのですが、その部分がちぎれてしまったようです。こうして私は2週間で彼を傷物にしてしまいました。。。
しかし、その次の日からこの1週間に見られないほど元気になり、積極的に顔によってくるようになり、ファービー人形にもよく寄ってきます。餌もバクバク気持ちいいくらい食べるようになりました。やはり、魚にとっては水は命なのね!
f0009457_0435318.jpg

[PR]
by vrombir | 2006-02-25 00:45 | 家の相棒mon copins | Comments(5)

おひなさまを飾りました

f0009457_021919.jpgお雛様を飾りました。これは一昨年、発作的に夜中に集中して作りました。
きっかけは紙人形展で、それを見に行って無性に自分も何かが作りたくなってしまったのです。その会場で買ったいろんな和紙の詰め合わせもあり、お雛様を飾りたい気持ちもあり、と手作り雛を作らせる条件が偶然が整ってしまったのです!
何の計画もなく、イメージのままに手を動かし何かを作り上げていくライブ感に、久しぶりの高揚感があったのを覚えています。今年もこの自作の雛たちに会えたのだけど、仕舞い方が雑だったみたいで、少しづつ傷んできました。はかないね〜。
計画性もなく、ある物で間に合わせたので、それなりのできではあるけど、結構気に入ってます。
後ろの屏風はカメラスタジオでアルバム制作を手伝っていた頃の副産物の厚紙、つまりゴミとして捨てられる物。きれいな紙を貼れば、屏風らしくなるもんですよね。
[PR]
by vrombir | 2006-02-25 00:31 | 日記diary | Comments(0)
f0009457_134177.jpg撮影の仕事がなかったので、扱い方が分かった歩くスキーを車に積み込んで、滝野に出かけました。今度友人と行くときのための下見にもなるかなと思い。

「せせらぎコース」というだけあって、小川の脇を通るコースでf0009457_1365096.jpgせせらぎを聞きながらひたすら林の中をスキーで通り抜け、時々小鳥のさえずりに耳を傾け、足を止めさえずりの方向に目をやれば、小鳥たちが枝を飛び移る姿が見られ、下を見れば、野ウサギが通りすぎた足跡が見られました。アシリベツの滝は凍っていましたが、鱒見の滝は轟音をたてて勇姿を見せていました。
f0009457_142774.jpg ←凍ったアシリベツの滝

f0009457_1423598.jpg帰りには芸術の森でやっている「アフリカンマスク展」を見に行きました。みごとにキャンパスからはみ出ていました!楽器など体験コーナーも所々に設置され、私にはかなり楽しい空間でした。マスクの中には友人に似た顔の物もあり・・・(^^)

その後は「正直庵」でそばを頂きました。アルデンテな食感が心地よく、一噛み目の香ばしいそばの芳香はなかなかでした!大満喫の日曜日の午後でした。

「正直庵」
住 所 :札幌市南区石山東6-8-2(芸術の森方面です)
電 話 :011-592-5039 
営業時間:11:30〜15:00(日・祭は11:00〜  
定休日 :月、第3火
[PR]
by vrombir | 2006-02-21 01:36 | 札幌SAPPoRo | Comments(0)

やっぱり何とかしなきゃ

f0009457_225237.jpg先週、大学の方で追コンがあり、先生達や卒業生がプレゼントを贈られたのですが、
なんと私にも頂くことができました!
←コレがそれ。痩せろってだよな・・・これって。きつ〜(^^;ってなわけで、またそろそろ頑張りますか!

f0009457_2252533.jpg数週間前に買ったユリがまだ咲かないのです。こじれてしまったのかも知れないです。。。残念。
[PR]
by vrombir | 2006-02-18 22:55 | お花flowers | Comments(3)

冬季オリンピック

f0009457_21458.jpg
冬季オリンピックの真只中ですが、日本勢のメダル獲得がなかなか見られないのはちょっと残念です。騒がれすぎのプレッシャーにやられちゃうんでしょうか?
それはさておき、初めて目にするスポーツもたくさんあるのには驚きです。今日見たスノーボードクロス、結構気に入ってます!ハーフパイプよりこっちの方がお好みです(^^)

f0009457_26138.jpgこれは秋に京都から来客があったときに案内した大倉山シャンツェ、ジャンプ台のてっぺんからの写真です。昇りはリフトだったので、横から滑走面を見ながら、頂上に向かったのですが、その斜度たるやまさしく壁!確か45度くらいだったと思います。スキー経験者ならその斜度の切り立ち度がどれほどか容易に実感できるでしょう。ジャンプの選手はこんな所から、滑り降りるのか・・・と絶句に近い感嘆がありました。こんな壁のような所をスラロームもせずに直滑降で降下し、しかも飛ぶなんて、ほとんど自殺行為です。彼らの勇気に改めて賞賛とエールを込めて試合展開を見守っています。

p.s.ジャンプってもともと処刑の1種だったんだって。なるほど怖いはずだ)))
[PR]
by vrombir | 2006-02-17 02:11 | 札幌SAPPoRo | Comments(5)

抹茶ブーム?

f0009457_23551941.jpg
最近、お菓子は続々と抹茶味の物が出ているようです。トレンドなのでしょう。和ものブームとでも言うのでしょうか。「稀少になると尊重される」法則からすると日本の独特な文化は危機に瀕しているのかも知れないなぁ、と思ったりする今日この頃です。新渡戸の「武士道」や谷崎の「陰翳礼賛」も既に異国の文化でも眺めるように読めてしまうのですからね・・・複雑です。
さあ、札幌は雪祭りも終わり、春ですね〜♪週末には自作のお雛様を出さなくては!
f0009457_2353793.jpg

[PR]
by vrombir | 2006-02-17 00:00 | お花flowers | Comments(4)

やっと解決したスキー

f0009457_22522262.jpg友人の友人、つまり知らない人から間接的にもらった歩くスキーセット。この前Blogでも紹介した滝野に歩くスキーをしに行ったときにも持参したが、装着方法が分からず、敢えなくレンタルとなったのでした。なんとかせねばと、ここ数日は板を積みっぱなしで、時間の空きを見つけては、スポーツ用品店に持ち込んで聞いていました。近所のAペンでは、歩くスキーの取り扱いがないため解決せず、今日やっとICIスポーツ桑園店で解決!店員さんに「なかなか良いセットもらいましたね。これから春先までツーリングを楽しめる板ですよ。」と言われ、f0009457_2254797.jpg浮かれ気分で、安売りの靴とデイパックを買ってしまいました。靴も、前から滑らなくて暖かい靴が欲しかったので、とっても嬉しいです(^^)vこれで、昼間ずっと具合悪かったのも治った気がする!?
[PR]
by vrombir | 2006-02-13 23:00 | 日記diary | Comments(2)

極楽湯

f0009457_13403735.jpg撮影の仕事帰りに温泉に行きました。冬場は運動不足で体中がこわばっているので、ここらで温泉が必要かと。そんなとき気軽に行ける市街地の温泉の一つが「極楽湯」。ちょっと小腹が空いていたら、休憩がてらお食事するところもあります。温泉とは別にある入り口は弥生ホテルという宿泊施設になっていて、そこにはCHATERAISEやスープカレーのお店もあります。私はそのCHATERAISEで買い物をするのも楽しみの1つで、昨日は写真のヨーグルト飲料を買いました。これだけ美容と健康に良さそうな成分が入ってなんと84円!温泉の休憩所にある自販機の飲み物は120円なので、お得感があります。すみません、貧乏くさくて(^^;
そして、時々利用するのが、足底マッサージ。休憩所の片隅にあるのですが、私がいつも利用するのは足底マッサージ10分1050円です。痛気持ちよく、自分の体の調子の悪いところまで分かるので、身体の調整方法のヒントにもなります。マッサージしやすいようにクリームを付けるので、カサカサかかともツルツルになります(^^)
内から外から私のお手軽リフレッシュです。
[PR]
by vrombir | 2006-02-12 13:45 | 札幌SAPPoRo | Comments(4)

How to stay young

My friend, who was my calssmate in Dublin, gave a nice email as it follows.

HOW TO STAY YOUNG
1. Try everything twice. On Madams tombstone (of Whelan's and Madam) she said she wanted this epitaph: "Tried everything twice...loved it both times!"
2. Keep only cheerful friends. The grouches pull you down. (keep  this in mind if you are one of those grouches.) 
3. Keep learning:
Learn more about the computer, crafts, gardening, whatever. Never let the brain get idle. "An idle mind is the devil's workshop."  And the devil's name is Alzheimer's!
4. Enjoy the simple things. 
5. Laugh often, long and loud. Laugh until you gasp for breath.  And if you have a friend who makes you laugh, spend lots and lots of time with HIM/
HER. 
6. The tears happen:
Endure, grieve, and move on. The only person who is with us our entire life, is ourselves.  LIVE while you are alive.
7. Surround yourself with what you love:
Whether it's family, pets, keepsakes, music, plants, hobbies, whatever. Your home is your refuge. 
8. Cherish your health:
If it is good, preserve it.
If it is unstable, improve it.
If it is beyond what you can improve, get help.
9. Don't take guilt trips. Take a trip to the mall, even to the next county,  to a foreign country, but NOT to where the guilt is.
10. Tell the people you love that you love them, at every opportunity. 
11. Forgive now those who made you cry. You might not get a second time.

Success isn't about never falling down - it's about what you learn when you fall - and always getting back up!
f0009457_11494252.jpg
photo in Aran Island in September 2002
[PR]
by vrombir | 2006-02-11 11:21 | アイルランドIRELAND | Comments(3)

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir