<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

World Cup2002 in France

f0009457_22252631.jpg

C'est l'affiche de World Cup 2002 en France. Il y a l'image de Japonaise et Coree de Francaises ici. Je ne sais pas qu'est-ce que Francaises pense. C'est serieux ou enjoue....
これは2002年当時、パリで見つけたワールドカップのポスター。ポスターの中にいる韓国人と日本人って、結構来てますよねぇ。これが真面目にとらえたモノなのか、ただのジョークなのか、微妙な心持ちです。
パリに行ったときは、ちょうどフランス対セネガルの試合が行われたときで、セネガルが勝利した日でした。町中はジャンべをたたく人、アフリカンダンスを踊る人があちこちにあり、自然発生的にできたそんなパレードも有り、一種、お祭りなのだなぁ、と思うと供に、スポーツを通して国への恨みを晴らしているような気さえもしました。
[PR]
by vrombir | 2006-06-30 22:46 | フランス語Francais

Beautiful Islands of Ireland

Steps of stones in Achill Island  石達の足跡@アキル島
f0009457_214499.jpg

In the bus from Achil Island to Westport アキル島からウェストポートへ向かうバスの中から見た夕焼け
f0009457_21464476.jpg
Tory Island which some artists love アーティストが愛する島トーリー島
f0009457_2148527.jpg

photo by vrombir in September 2002
[PR]
by vrombir | 2006-06-29 21:53 | アイルランドIRELAND
f0009457_2213734.jpg
When Previous World cup was held in Japan, I was in Ireland. Accordingly I remember a number of memories of Ireland in 2002 and my mind would like to go there back, in other word, I miss Ireland!
This photo is a part of the parade at the St. Patric's day in Ennis then. Though most class mates went out to Galway or Dublin to see bigger parades there, I stayed and enjoyed the small parade in Ennis. As a result, that was right for me to be there, so that I found very Irish syule and the nature of people in it.
After the parade, though my friend and I went to a pub to have a pint of GREEN BEER, I couldn't get it, so instead of it, I drank Normal Guiness and Smidthwick whatever with traditional style which I think. The traditional style is as follows, we shared a table with other elder Irish people who we didn't know at all and we had a enjoyable chat, watching football a match with applause and sighs of dissapointment as the match was going.
f0009457_22332154.jpg

This is a part of the parade, too. I felt happy when the bike which a girl rodes was same as my ex-motorbike 'Bandit'.

photos by vrombir on 18 March 2002

わたしがアイルランドに滞在していたのは、ちょうど4年前のワールドカップの頃。だから、近頃、ワールドカップの放映とともに、その時の思い出が妙にプレイバックしており、懐かしゅうてしょうがない感じです。
この2枚の写真は、エニスでのセントパトリックデイに行われた可愛らしいパレードの一部です。こじんまりしていたけど、素朴でアイリッシュらしい素敵なパレードでした。パレード後にはパブで噂の緑色のビールを楽しみにして行ったけど、残念ながら無く、普通にギネスなどを飲みました。ただ、そこでは、私が描く正しいアイリッシュパブの過ごし方ができたのでとても楽しかったです。それというのは、知らないアイリッシュのおじさん、おばさんと同じテーブルを囲みながら、談笑したり、サッカーの試合(このころはまだ予選段階)を見て一緒に一喜一憂したり・・・・幸せでしたねぇ(夢心地)
2枚目の写真で女の子がまたがっているバイクは私の乗った最初のバイク「バンデッド」っていうのも、親近感湧いちゃいました。
[PR]
by vrombir | 2006-06-28 22:52 | アイルランドIRELAND

en ete

f0009457_2210255.jpg
C'est les fleurs du ete. J'aime les, parce que J'ai gai quand Je vois les fluers.
夏の花と言えばこれでしょ。この花を見てるとなんだか元気が出てくるので、好きなんです。
f0009457_21544278.jpg
J'aime les fleurs aussi, mai j'ai oublie le nom de les. C'est joli, n'est ce pas?
なんて名前だったか忘れちゃいましたけど、この花達も好きです。可愛いと思いません?
[PR]
by vrombir | 2006-06-25 22:02 | お花・自然flowers&nature

北天佑

この相撲取りを知っている人はどれ程いるでしょうか。
f0009457_2129183.jpg

高校生の頃、私は相撲が大好きで、北天佑をその中でも大びいきしていました。というより、その頃は女子校に通っていたから「片思い」に近いぐらいの思い入れで、彼の取り組みを応援していました(^^;地方巡業での追っかけをやったり、サインもらって飛び上がって喜んだり・・・・極めつけは、千代の富士戦で金星をあげたときに、家の中で一人で飛び跳ねて喜んでいたら、捻挫してしまったと言うこともありました(笑)
昨日の訃報は、まだ信じ切れない感じでいます。
北天佑の出身地にある大学に通っていたのに、大学生になってからは部活やバイトでさっぱり相撲を見なくなってしまいました。その大学は第1希望ではなかったけれど、「北天佑のふるさとに住める」というのは、当時の私にとって、かなり励みになりました。
高校生の頃の私が大好きだった人が亡くなってしまうというのは、青春の1ページが本から抜け落ちてしまったような気分になりますね。享年45才とはまだまだ若いのに。。。心よりご冥福をお祈りします。
f0009457_22531792.jpg

illustrated by f- 2001年「心の氷」より
[PR]
by vrombir | 2006-06-24 23:05 | 私の絵本picture

パンツスタイル

今週1日だけ、スカートをはいていった日がありました。
職場の人に「あれ、きょうはさわやかだね」って言われて、
「そう、今日、久しぶりにスカートなんです」と答えたら、
「あれ、いつもどんな格好だっけ?」と問われ、
「パンツスタイル」と、答えた後、
「パンティスタイル?」と、頭の中にいるもう一人の自分が笑っていました。
その妄想の一部を描いてみました。
もう1つパッとした発想がありません。
f0009457_012647.jpg

[PR]
by vrombir | 2006-06-24 00:19 | 私の絵本picture

でぶへそ

今朝、短いTシャツでドライヤーをかけていたら、鏡に自分のへそが写っていました。
「デブのへそ」「デブへそ」「でぶぇそ」「出べそ!」へ~。
ちなみに私は出べそじゃありません。

つまり、日本語ではフランス語のように、
安易にリエゾン(単語の後ろの音と次の単語の頭の音をつなげること)すると
違う意味になってしまうという例ですね。

以上日本語リエゾン講座でした =;P
[PR]
by vrombir | 2006-06-21 14:05 | 日記diary
f0009457_22543998.jpg
金曜日は東京にいたとき働いていた会社の創立35周年&新事務所お披露目のパーティーがあったので、日帰りで東京に行って来た!上の写真はお昼に入ったスペイン料理屋の看板が可愛かったので撮ったもの。
その前の日もその会社のOBの方と飲んでいたから、まさに頭はバックトゥ・ざ・パストな数日だった。あ、そう言えばその前の日はアイルランド時代の過去にトリップしてたんだ。土曜日は仕事の後、突然久しぶりにカメラの同僚からお食事に誘われ飲みに行き、日曜日の夜は大学時代の友人がこれまた、たまたま東京から戻ってきていて、みんなで集まった。あまり昔話は出なかったけど、再び過去へ(^^;さすがに日曜日はもう体がへろへろでやっと目を開けている感じだった。
f0009457_2392445.jpg特に東京時代の人たちとの再会は改めて現時点での自分のあり方を再考させられる感じがした。何故、幸せなその会社を辞めたのか、など。そして、つくづくいつも周りに助けられて生きてきたんだなぁ、とか、いい出会いをしてきたなぁと実感(今も現在進行形)。それと同時に今の状況や周りの人たちへの感謝も強く感じるようになった。いろんな経験積んで、人の心遣いがやっと少しづつ見えるようになったのかも。なんてね。sahanjiさんの言葉を借りれば、「人生に無駄はない」(^^)怖がらないで自分と向き合わなきゃね!
東京でミクシー仲間も2人ゲットしてきた。なんだかドラクエみたいで楽しいな。

さて、この前の心理テストの答えです。

要らないモノから捨てていくから、5番目に捨てた動物が表すモノが
あなたにとって1番大切なモノ。1番目に捨てたのが1番重きを置いていないモノ。
それぞれが表す意味は、
牛:恋人、猿:家族、配偶者、羊:お金、寅:プライド、馬:仕事
納得しましたか?
[PR]
by vrombir | 2006-06-19 23:36 | 日記diary
f0009457_0142110.jpg
今日は東京で働いていたときの会社の素敵なおじさま(今年めでたく定年退職された)と、小樽で落ち合いお寿司をごちそうになりました。たまたま北海道旅行に来ていると言うことで、お声をかけていただきました。旨い寿司、上手い酒、楽しい話!これぞ人生の至福ですね〜〜〜。いろんなポジティブなアイディアを頂いたり、お寿司職人さんとも対話したりして、目から鱗がいっぱい落ちちゃいました。今日の最大の話のツボは、
「金さん銀さんを10人並べたら、源氏物語の時代までさかのぼれてしまう」
転じて変化は当たり前、それを恐れてはいけないよってことです。札幌への悲哀を出したときにも、江戸を例に明快な励ましを頂きました!ものは考えようだわぁ〜。また秋に来られるというので、その時にはスケッチをびしびし御指南頂こうかと楽しみです(^^)明日は朝8時の便で東京へ行き、最終便で戻りま〜す。

illustrated by f- 2000年「うたかた君」より
[PR]
by vrombir | 2006-06-16 00:21 | 私の絵本picture

久しぶりのニチアイ

f0009457_2314279.jpg
今日はニチアイの留学説明会にOGとして参加しました。私は留学に行く時、このエージェントにオンラインでいろいろ相談に乗ってもらって、学校を決めたのですが、アイルランド滞在中も、当時はオフィスが便利なリムリックにあったので、学校の紹介以外にも、旅行中の荷物を預かってもらうなど、とてもお世話になりました。スタッフの方も相変わらずのご様子でした。
前回の集まりは仕事の都合で参加できませんでしたが、その前の時は、OGの方たちと初対面ながら話が盛り上がり、とても楽しかったです!今回も久しぶりにいろんなアイルランドの話をしているうちに、アドレナリンの放出を禁じえず、素敵な思い出が次々とほとばしって、一人でしゃべりまくっていた気がします。ご一緒したみなさんごめんなさい。(^^;
また、アイルランドに行きたいものです!自分がいろんな楽しみ方を提案しているうちに自分の方がワクワクして、すっかりそんな気分になりました。しかし「先立つものがねぇ」というわけでこの写真、
というわけでもないけど、あまり可愛いクリアホルダーだったので、衝動買いしました。どちらかというと「事務処理が苦手ですー」「物忘れが多くて困りますー」という気持ちに同期して買ってしまったのですが(^^;それで、添え物が計算機というわけです。

さて、心理テストです。

貴方は牛、馬、猿、虎、羊を連れて旅に出ました。
しかし全ての動物を連れて旅をするのが困難になった為、一匹ずつ捨てて行く事にしました。
貴方ならば、どんな順番で捨てていきますか?
[PR]
by vrombir | 2006-06-14 23:10 | アイルランドIRELAND

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir