お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Jeudi pour Francais 木曜日はフランス語の日

J'ai etudie Francais un petit peu aujourdi, parce que, il n'y a pas la lecon.
Pour moi, c'est tres tres difficile eclis Francais, mais, j'aime etudie Francais et je voudrai la parle bien!

いつもは毎週木曜日はフランス語の日なのですが、今日は(学校が)お休みだったので、少し自分で勉強しました。私にはとっても難しいことだけど、いつかは上手に話せるようになりたいなぁ。

最近、仕事で神経がお疲れ気味だったけど、勉強すると、なんだか少し癒されたみたいです。きっと、全く違う世界に集中できるからかも知れないですね。

f0009457_064025.jpg

la photo a 2002 dans Mon Perier en France
2002年モンペリエ(フランス)にて撮影
[PR]
by vrombir | 2006-09-29 00:08 | フランス語Francais | Comments(10)

生まれて初めての「親の3倍マン」!

今日、というかもう昨日か、研究室の学生たちと1年ぶりにマージャンに行きました。
1年ぶりなのですっかりいろんな感覚を失っていて、チャンボもやったりひっちゃかめっちゃかでした。みなさんごめんなさい(><)
でも、バカツキで、配牌で必ず2面子ぐらいはあるとか、ドラは2つ以上はあるとか、リーチすれば裏ドラが乗るとか、間ちゃん、ペンちゃんがさくさく入るとか・・・こんなに思い通りなのも珍しかったです!
もちろん、多少は波もあり、配牌がよくてもなかなかあがれない順もあり、振り込んでないのに、徐々に沈んでしまうことも普通にありましたが。
基本的にかなりついてた!
たぶん、天国のポクが応援してくれているのだと思い、「お魚パワーだわ!」と言って、打っていました(^^)

すごかったのは 親の3倍マン (36000点)こいつぁ生まれて初めてでした!
これって役マンよりかっぱぎなんですね?知らなかったぁ・・・
リーチ、たんやお、つも、ドラ9

10月にはカメラマン仲間ともマージャン大会がありそうだから、
よいウォーミングアップになりました(^^)
楽しかったぁ!

わたしって本当に運だけで打ち回しちゃうんだよなぁ(^^;
f0009457_23372846.jpg

2000年「うたかたくん」より
[PR]
by vrombir | 2006-09-28 01:20 | 私の絵本picture | Comments(2)

I visited in S-AIR office 久しぶりのS-AIR

f0009457_0454379.jpg
I visited in S-AIR tonight to see the artist, Burunno Jahara, who had a dinner with us last week. I like his works and I'd like to see his working as well as seeing him. Tonight, he was taking photos of his installation and some products. I can find his works very warm and not only beautiful but also Kawaii. I enjoyed to be there to see and to help his work. I'll drop on there soon because it's really interesting and exciting to make something beautiful!

NOW, I think of Japanese culture.
Why Japasene people like "Kawaii" taste?
Comic, Pictgram, many comical characters in advertisements, cartoon etc. are very popular or rather natural for Japanese life. In Wester culture, this kind of visual expressions are just for children so far, but recently, the fact is different, as you know, Japanese comics are very popular and the cartoon such as Miyazaki's films are highly admired all over the world.
What do you think of Japanese culture especially from the view of visualization?

access to Bruno's homepage>>

一応、S-AIRのボランティアなのだけど、とんとその活動からはご無沙汰しておりました。しかし、それがきっかけで知り合ったみなさんと、久しぶりに、先週の水曜日の歓送会であるお食事会に参加できました(集まりはいつも土曜日なので、なかなか行けないのです)。そこに、今S-AIRで招聘されているアーティストのブルーノが来ていて、知り合いになったのがきっかけで、事務所&制作現場に顔を出してみることにしました。とても、センスの良い子で、彼の作品たちを見ていると心が和みます。
そんな素敵な現場で、少しでもお手伝いできれば、自分も幸せだなぁと思っています(^^)
そして、彼の口から時々聞く「カワイイ」と言う言葉は、今、ファッション業界や日本文化を語るのにかなりキーワードになっている言葉です。漫画、ピクト、広告のキャラクター達、アニメにしても、何故、日本人は「カワイイ」が好きなんでしょうね?こういった表現は西洋では、子供向けとされてきたけど、今では日本のそう言ったものは人気が高いばかりではなく、高く評価もされています。
日本の「カワイイ」文化、どう考えますか?
[PR]
by vrombir | 2006-09-27 00:55 | 英文English Essay | Comments(0)

ポクのお墓〜「死」の描写〜

nonoさん、なるとまきさん、のりちん、lisaさん、さとみんさん、aki3manさん、soyokoちゃん、かよちゃん、
みんなの励まし、とってもとっても嬉しいです。本当にありがとうございます。
みなさんの励ましのおかげもあって、本人は意外と元気です!
なので、安心してくださいね(^^)
ただ、仕事帰り、ちょっぴり家に帰る楽しみが減ってしまったような・・・
家に帰って、空っぽの水槽を見て、「あ、やっぱりいないんだなぁ」なんてぼんやり思っています。

f0009457_23223719.jpg

今朝、仕事に行く前に実家に寄って、庭にポクを埋葬しました。
昨晩アルミホイルに包んだポクをアルミの包みをほどき悲しい再会です。魚屋さんの新鮮な魚と化していました。死後硬直してプリッとした実の感触とすっかり濁ってしまった目、まさしく魚屋さんに並んでいる魚たちと同じようです。昨日までの友達がすっかり違う物理的存在に変わってしまうのは何とも不思議なことです。祖母が亡くなった時にもそれは思いました。「おばあちゃんが”遺体”という物体に変わってしまった・・・」と。f0009457_23311357.jpgポクは、死ぬ直前のショック状態の頃とはうって変わって、また美しい色を取り戻していました。病気というものは生有るものであるからこそ宿るものなんだなぁ・・・と改めて思いました。「死」の直後はその直前よりも美しいようです。昨年実家の犬の遺体を見たときにもそう思いました。びっくりするほどの美しい毛づやだったからです。苦しみというのは生あるものから美しさを奪うのかも知れないですね。
ポクがこのオンコの木(イチイの木)の生命の一部となって、再び命を輝やかせてくれるといいなぁ(^^)
[PR]
by vrombir | 2006-09-25 23:36 | 家の相棒mon copins | Comments(5)

☆になったぽく

f0009457_2248756.jpg
とうとう本日午後9時53分、ご臨終となりました。
冥福を祈ります。
7月に発症して以来2ヶ月半にわたる闘病生活でした。
とどめは本日購入したヒーターとなりました。
急激な温度上昇でショック状態となり、そのままお亡くなりになりました。
本日購入した温度管理用水槽とサーモスタット付きヒーターは、
もういらなくなってしまいました。。。涙は出ないけど、脱力感です。
毎日毎日少しづつ変形し、ひれが段々と腐り溶けていくのをここ数日見守り、
このまま餌も食べられずに、朽ちていくのを待つより、
今日このように不用意ではあるがとどめを刺せたことは、
苦しみをそこで終わらせるという意味で、彼にとって良かったのかも知れない、
と思うことにしよう。
写真は臨終直前の姿を画像加工しました。
ベタは死ぬとき沈むのですね。
[PR]
by vrombir | 2006-09-24 22:53 | 家の相棒mon copins | Comments(8)

le verre grand Ouralexの大きなグラス

J'ai achete un verre.
Parce que J'aime un tres grand verre et voudrai boire de l'eau avec le.
C'est Ouralex de la France.

高さ14.5cmもあるおっきなグラス買いました。
おっきなグラスで水が飲みたかったんです(^^)
f0009457_0151031.jpg

[PR]
by vrombir | 2006-09-22 00:15 | フランス語Francais | Comments(6)

監視カメラがほしいくらい

ポクはどんどん様態が悪化しています。
今朝は、片目が不透明になって、尾びれの腐れも進行しています。
また、薬浴させてみることにしましたが・・・
魚の病気でこんなに大変な思いをするなら、猫や犬、しいては人間の病気なんて、
もっと大変だなぁ・・・と改めて思っています。
f0009457_22365145.jpg

[PR]
by vrombir | 2006-09-21 12:35 | 家の相棒mon copins | Comments(4)

さようならサラリーマンNEO

今日は台風一過、素晴らしくきれいな秋晴れです!
昨日、毎週楽しみにしている「サラリーマンNEO」を見ていたら、
シーズン1が終わりだということが分かりました。
来週は特別編をやるらしいけど、当分終了または中断?してしまうことは確かです。
悲しいです・・・
[PR]
by vrombir | 2006-09-20 12:44 | こだわり系favorite | Comments(0)

イルカになったポク

f0009457_21475158.jpg
コレが現在のポクです。元気がないので、大抵底に張り付いています。今朝からまた急に病状が悪化したみたいで、おでこと唇がぽってりと腫れて、イルカみたいです。
f0009457_21491713.jpg
どれほど変わったか来た当初のポクの写真を比較として載せてみます。どう見ても別魚ですよね。
f0009457_21504249.jpg
頭以外の腹部のあちこちにもコブと立鱗が見られます。今日は尾鰭の一部もちぎれてしまいました・・・
f0009457_21521566.jpg
来たばかりの健康だったポクです。もうこんな風にひれを広げることはほとんどありません。
f0009457_21532431.jpg病気をして老け込んでしまうのはどの生き物も一緒ですね。寿命を全うして欲しいなぁ・・・
[PR]
by vrombir | 2006-09-18 21:54 | 家の相棒mon copins | Comments(5)

夜景がきれいな喫茶店

f0009457_128284.jpg
今日は仕事が遅く終わって、疲れた身体を車に乗せて家路へ向かう・・・こんな時はきれいなモノが見たい!と家を通り過ぎて、夜景を見に行ってしまいました。向かった先はちざきバラ園の手前にある宮越屋珈琲店「high grown cafe」。
案の定、夜景はとてもキレイでしたが、言わずと知れたカップルスポットと思いきや、私以外は全部男女2人連れだったものの、あんまりラブラブな雰囲気はなく、近所の夫婦や友人同士が来ていると言った感じでした。(ちなみにこの辺りは高級住宅街)価格は高めで、カフェオレが1200円です。それなりに覚悟は必要「(^^;

f0009457_1294957.jpg各ボックスのプライバシーは良く守られているので、気兼ねなく過ごせました。顔も見えないぐらいくらい店内からは夜景がとても良く楽しめました。しばし、美しさに心を解き放って、仕事で緊張した神経を解きほぐしました。
このあと、旭山公園にも向かってみましたが、駐車場は閉まっており、その手前にはびっしりと路駐の車がおびただしいほどに停まっており、降りもせずにUターン。そして、山麓通りから盤渓経由で石山通に向かう途中の盤渓の鬱蒼とした山道に点々と車が停まっていました。「こんな山奥に何があるのだろう。」と、先に進むと、幌見峠にあるラベンダー園があり、ここが夜景の見える有料駐車場(500円)として夜間解放していたのでした「!」。カップル車がウジャウジャ・・・ココも降りずに通過です。
「今度、道外からお客さんが来たら、夜、こんな所を案内してあげるのも良いかもな。」なんて、ちょっと楽しみになりました。夜のドライブも楽しいもんですね。

f0009457_12135287.jpg宮越屋珈琲
●High Grown Cafe
札幌市中央区伏見3丁目15-20
011-512-5522
PM3:00-AM2:00
[PR]
by vrombir | 2006-09-17 23:05 | 札幌SAPPoRo | Comments(4)