<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

美瑛の ries cafe

f0009457_22353913.jpg
昨日は上富良野のお友達の宿に遊びに行っていました。
昨年、そこでヘルパーさんをやっていたまみきちさんお勧めの[ries cafe]に行って、夕食までの待ち時間をまったりと過ごしてきました。そこは、まったり空間としては最高で、一人でお絵かきを楽しんできました。窓からの景色をラフに描いたのですが、窓辺にいる2組のカップルで見えない部分を適当に描いていたら、デッサンがかなり狂っていました!でも、遊びだから直さない〜♪適当〜☆
その日のケーキはチョコレートケーキとレモンケーキでレモンの方を頼みましたが、おいしかったです!それに、お店のママさんもバイトの女の子もとっても気さくでお話しが弾み、楽しい時間が過ごせました。美瑛ってこういう素敵な喫茶店がぽつぽつあるのが魅力的です!
f0009457_22394738.jpgアプローチ
f0009457_2240929.jpg玄関・入り口
f0009457_22403591.jpg室内br clear=all>

■ries cafe
美瑛町五稜第一 tel.0166-68-7821
open 10:30-17:00 休み:水・木(11-4月はあ 土日月のみ営業)
[PR]
by vrombir | 2007-04-30 22:43 | 味な店restaurant etc. | Comments(4)
f0009457_0554568.jpg
絵本のコンペは、4/24消印有効が締め切り日でした。コンペに参加すると言うより、なんとか1年に1度は絵本を描くために締め切りを設定するきっかけにしているという方が正しいのです。今年こそはじっくり取り組もうと思っていたのに、また間際になって、バタバタと仕上げてしまいました。追い込みの2日はほぼ徹夜という、いつものパターン。
f0009457_0495531.jpg
しかし、どたばたしながらもなんとか描けて良かったです!納得行ってはいないけど、描き続けることに意義がある!と思っています。そして、なんとか、これで7作目になりました。描いているイメージが実現できないと言うジレンマ、少しづつでも描ける技術をつけていきたいなぁ。
[PR]
by vrombir | 2007-04-29 00:53 | 私の絵本picture | Comments(0)
f0009457_10532584.jpg
11月の末に中学・高校(一貫教育)の同級生だった友人と偶然、三越の地下階段の踊り場で遭遇しました。本当に偶然で、彼女との再会は20年?ぶりくらいだったと思います。この長いときの隔たりの割には、お互いあまり変わっていず、名字も変わっておらず(笑)。この再会が妙に面白かったので、もっとこの良い意味でも驚き体験をもっと多くの人にしてもらおうと、同期会を企画することになり、4月21日(土)に無事それを実現し、盛会の内に終了しました!
f0009457_10583475.jpgもう一人にも加わってもらって、幹事は3人でやりましたが、その最後の助っ人が強力で、今回の成功は、実質彼女の企画力、行動力によるところが非常に大きいのです。私は言い出しっぺなので、「責任は私が持つよ!」と、なんでも言って、打ち合わせでもビールを飲んじゃう人でした。しっかりものの参謀に恵まれて、非常に良い構成の幹事でした。何より、最終的に3人とも仲良しグループはバラバラで、持ってる人脈はバラバラだったから、今回の人集めにそれも功を奏しました。そこで、すごさが分かったのは、寄宿舎ネットワーク!同窓会から得た名簿では住所不明者が、ものすごく多く、それを人海戦術でいろいろ調べ上げましたが、そこで、もう一人の寄宿舎出身の彼女の威力が発揮され、どんどん、名簿の穴が埋まっていきました。
f0009457_1172859.jpgと、半年近くに渡って準備した結果がついに、80名近い人たちに出席してもらえ、しかも、本州の方からも10名近く来てもらえたり(子育ての都合でやむなく欠席の方でも、本州、九州から強い出席意向もあり)、当日は、仕切る緊張感を抱えつつも、じわじわ、わくわく感を感じていました。しかし、あの受付の騒音には笑えました!女80人集まって久しぶりの再会を果たしたなら・・・フロア中、その話声、笑い声は爆音と言う感じでした(笑)そんな喧騒の中で、仲の良かった友人や今回の人捜しに協力してくれた人たちを見つけて、あいさつし、担任の先生をその群衆の中に見つけたときには、少し涙が出ました。なんだかとても小さくなっていて・・・自分と同じ年の人たちに会うよりも時の流れをリアリティを持って感じたからだったと思います。
f0009457_11215326.jpg同期会、いえクラス会でさえも、15年くらいなかったようなのです。でも、確かに、20代〜30代は、仕事に、恋愛に、趣味に、子育てに、と体力気力とも充実しているだけに昔を振り返る余裕など誰にもなかったのかも知れません。またはそう思っても動く余裕がなかったかもしれません。私自信、30代半ばで東京の仕事を引き上げ、札幌に戻るまでこの学校の出身だったことをほとんど忘れかけていました。。。学生時代はこの学校の教育方針が嫌いだったので、殊更そうなってしまったのかも知れませんが。
しかしながら、今回のイベントを通して、今の自分を認めることは自分の過去も受け入れることであり、全ての瞬間での出会いは自分にとって宝物だと思いました。会が終わってからも何通か感謝のメールなどを頂き、「本当にやって良かったなぁ」と、心から思い、また、人に喜んでもらえるってこんなに素敵なことなんだなって、改めて思いました。特に、この年代にありがちな、介護や子育て、離婚、再婚、家庭と仕事の両立、高齢出産、仕事でのステップアップなどなどいろんなハードルを越えてきた人、最中の人があり、昔の仲間に会うことで、いろいろこれから頑張り抜くパワーになったという文面を読んだときには、私のもくろみが見事に伝わって良かった!と私自身にも非常にパワーが与えられました。
心理学者ユングが「40才は人生の正午である」とか、『論語・為政』にある孔子のことば「四十而不惑」四十にして惑わず(四十に達すると心が迷うことがなく、自分の生き方に確信を持つようになったということ)、など、寿命が延びて人生80年と言われる前から、「気づき」の偉人達が40才を一つの布石ポイントとして、注目していたのです。だから、この再会がみんなにとって後半の人生のリ・デザイン、リ・チャージに一役買うことになれば、素敵だなぁ、って思います!
ご出席いただきました先生達にも心から感謝を込めて(^^)
先生達にとって見れば、たくさん通り過ぎる生徒達なのによくぞ我が学年のことを覚えていたなぁ、とスピーチを聴いてつくづく感心しました。f0009457_11533249.jpg
[PR]
by vrombir | 2007-04-28 10:57 | 日記diary | Comments(0)
f0009457_21195141.jpg
美しきものを愛し。旨き物を食し。知的好奇心のままに赴く。
f0009457_21211974.jpg
と言うわけで私のブログには食べ物と花が多いのはその証しなのでしょうね。今日のスープカレーは、結構旨かったのです。2日分と思って作ったのに、ついつい全部食っちまいました・・・コレが太る原因だ!間違いない!
具としては豆腐がお気に入りです。でも、今日のベスト・オブ・具は、長崎産の人参でした。これは超甘くて旨かったです。人参グラッセかと思うぐらいに。
f0009457_21244766.jpg食事のお供にはまた赤ワイン。チリ、アルゼンチンと南米系を買うことが多いです。リーズナブルでおいしいですからね(^^)チリワインはラベルに地上絵みたいな原始的な絵が付いていることが多くて、ついついそれに誘われて買うこともあります。地上絵とかってナスカ(ペルー)というイメージが強いけど、アタカマ砂漠(チリ)にも結構かわいい宇宙人の地上絵があったりします。地上絵、インカ、アマゾン、ガラパゴス、マチュピチュ、イースター島のモアイ・・・南米ってなんだかミステリアスな地域で、本当に1ヶ月ぐらいかけて旅行してみたいです。ってこれが「知的好奇心のままに赴く」、第3のテーマです。
[PR]
by vrombir | 2007-04-17 21:34 | お家でごはんcook | Comments(5)

自浄時間

f0009457_22194286.jpg
今日は金曜日の夜。家に一人いそいそと帰ってきました。この日曜日は仕事が入ったので、金曜の夜から土曜日いっぱいまでが私の休暇。特に今日は飲み会の予定がないので、ひとりで家で飲むことにしました。「一人で家で飲む」という言葉にはもの悲しさがるかもしれないけど、わたしにはそうでもないのです。自浄作業の一端みたいです。割と幸せだったりします。もちろん頻繁だともの悲しさがあるかも・・・・(恐)
一人の時間は、いろいろバタバタと忙しく流されている自分をそこから切り離して、自分を取り戻しているのかな?。。。よくわかりませんが、私には時々一人の時間が必要なようです。だから、今まで結婚できないでいるのかも知れませんね。でも、一人になるだけで良いなら、お酒を飲む必要はないけど、「お酒を飲む」(もちろん自分がそれに合うおいしい?ものを用意して)というのが、「ハレ」と「ケ」を分けている、メリハリになって、ただの晩ご飯よりも少しワクワクします(^^)今日は鰯のパスタが旨かった!!!
[PR]
by vrombir | 2007-04-13 22:42 | 日記diary | Comments(10)
昨日は先週末の飲み会で結成された健康組合の活動第1日目でした。研究員とドクターの子が結成した仲間に入れてもらったのです。脱メタボリック症候および予備軍?みたいだけど、要は運動不足解消ということです。昨日は天気はぐずついていたので、テニス道具を持って、とりあえずコートに下見と言うことで、ちょこっとみんなで打ってみましたが、ちょこっとでもうっすら汗ばんだりして、結構楽しかったです!身体動かすとやっぱりリフレッシュになるなぁ、なんて実感しちゃいました。晴れの日はテニス、雨の日は卓球と言うことでとりあえず細々と活動していくようです。なんだか楽しくなってきたなぁ(^^)
f0009457_23162029.jpg夜は、突然のお誘いで他の研究室のH助手と韓国から留学しているドクターさんと3人でお食事することになりました。「タットリタン」(写真中央)がメインディッシュで、サイドディッシュに本場のキムチとチジミ。そして、なんととっておきの丸秘食材を初めて生で食べちゃいました!なんと言っていいのか・・・凄い食べ物でした。会場は、この日のシェフであるドクターさんのお家でした。このメインディッシュの「タットリタン」は絶品!かなりおいしくって、ついつい食べ過ぎてしまい、今日の昼ぐらいまで、ずーっとおなかいっぱいでした。一緒に食していたH助手も「旨い!旨い!旨い!」としか言葉が出ないくらいでした。シェフの彼は辛いのは弱いからあまり辛くしないと言っていたけど、それでも私にとっては涙と鼻水が停まらないくらいでした。しかし、味は本当に良かったです!秘伝の特性コチジャンがないとあの味は出ないんだろうなぁ。なんともおいしい、楽しい夜でした。ごちそうさま&お邪魔しました〜(^^)
[PR]
by vrombir | 2007-04-11 23:31 | 日記diary | Comments(4)

Rouge et Blanche

f0009457_16104854.jpg
f0009457_1625742.jpgAujourd'hui, j'ai fais un gateaux avec de la creme et des fraises. C'est le premier foi pour moi la faire. J'ai essaie et c'est bonne mais ce n'est pas douxe. Donc c'est 1/2 grosseur. C'est rouge et blanche qui sont joli que nous faisons usage de fete en Japon. J'aime la combinaison parce que c'est simple et beau.
J'ai achete les fleurs hier qui sont rouge et blanche mais Je n'ai destene pas.
f0009457_1771716.jpg
f0009457_1773812.jpg今日は、中学校の家庭科の時間以来久しぶりにイチゴのケーキを焼きました。だから、家で一人で作るという意味では初めてです。スポンジが今ひとつふくらまず、ハーフサイズになってしまいました。というわけで、お味はまあまあでも、スポンジは全然ふわふわしていません(::)スポンジ用の生地やホイップクリームを泡立てるのは結構しんどくて、根性が今ひとつ足りなかったのが敗因だと思われます。電動泡立て器が欲しくなっちゃいます。ま、頻繁に作る訳じゃないからがまんがまん。
ケーキは赤と白、昨日買ったお花の色も何故か赤と白。私なんだかおめでたい気分なのかなぁ???
でも休みにケーキ作ったりしてゆったりできるなんて、幸せだなぁ〜(^^)

plus de photos もっと写真を見る>>
[PR]
by vrombir | 2007-04-08 16:39 | お花flowers | Comments(5)

こっそり春が来た

f0009457_22251023.jpg
実家の庭にこっそり花が咲いているのを見つけました。春が来たのね♪今日はあいにく雨がぱらつく寒い日ではあったけど、この出会いに気分上々です。
f0009457_22291944.jpgそして、ICIスポーツのセールに行って、買い物をしてきました。山歩き用のパンツと靴。これで、山歩きもばっちり!アウトドアしたいなぁ、今年は。とりあえず、藻岩山には登ろうと思っています。あと、暑寒別にも久々にエゾカンゾウを見に行きたいとも。冬の間は北海道が嫌いになりそうになるけど、春が来ると、ここに住んでて良かったぁ〜とつくづく思い、ワクワクしてきます。雪に埋もれていた世界から一気に命の息吹が地面から吹き出す春は、本当に大好きです!もっと北海道の自然に親しみたいなぁって思います。それが目的で東京から帰ってきたのに、繁忙期と自然が美しい季節が重なってしまうため、今ひとつその世界に触れられないのが残念です。
f0009457_22412443.jpgf0009457_22451249.jpgこんなひょうきんな顔の魚知らなかったです。金頭(カナガシラ)という名前で、頭がとっても堅いのでこの名前が付いたそうです。母が調理する前に撮影したかったんですが、時既に遅く、切り落とされた頭を撮る羽目になってしまいました。おいしいと聞いていたけど、期待ほどではなかったです。もうすこし脂がのっていればおいしいと思うんだけど・・・。骨の感じは鯛みたいにしっかりしているけど、身の味はヒラメと鱈を足して2で割ったような感じがします。まだまだ知らない味覚がありますねぇ。今度は柳の舞と言う魚を食べてみたいです。コレは函館の魚らしいけど、まだ食べたことがありません。北海道の味覚を食べ尽くすぞ!
[PR]
by vrombir | 2007-04-07 22:50 | お花flowers | Comments(2)

生け花と頂き物

f0009457_2210585.jpg
f0009457_22125682.jpg3/22お花のお稽古をお休みしてしまい、花材だけ頂いたんですが、それがこのカーネーション達。1週間以上、花瓶にいましたが、まだ元気なので、その前の花材で、まだ生き延びているモノと一緒に生け直しました。コレはコレで有りかなぁ。相当長いことお稽古に出ていないので、どんどん我流で適当になって行っている気がしますが、やらないよりはマシかなぁとも思っています。

f0009457_2214245.jpg
f0009457_221848100.jpgそのお花のクラブ活動でとてもお世話になった大大先輩、と言うか、お仕事でも大変お世話になった方でしたが、3月いっぱいで退職と言うことで、こんなに素敵なプレゼントを頂きました。私があげたものよりずっと素敵なものを頂いてしまって恐縮です。お世話になったのはこちらの方なのに・・・。と、この素敵なカップで今日はコーヒーを頂き上機嫌です!右の写真は白熱灯の下で見たもの、こう言う赤いほの暗い灯りもよく似合います。タグからすると白馬で購入されたらしいのですが、その素朴な雰囲気が気に入っています。
f0009457_22194953.jpg今週は久々に撮影が入らなかったので、ライフワークの絵本制作を進めよう!と思ったのに、全然進まなかった・・・ピンチ(4/25必着)です。同期会用のスライドも作らなきゃ行けないしなぁ、忙しいときには重なるもんだ!っていうか、無計画なだけ?
[PR]
by vrombir | 2007-04-01 22:22 | お花flowers | Comments(2)

イル・ニード

f0009457_11352.jpg
以前からおいしいお店として聞いていたけど、なかなか行く機会がなく、やっと訪れました。頂いたのはこのストロベリーミルフィーユ。小ぶりながらおいしかったです。特に上にかかっているジャムは、イチゴの味が濃く感じられて、嬉しかったです。最近は生クリームを食べると胸焼けしちゃうことが多いのですが、コレは大丈夫でした!甘すぎずしつこくない感じが私には合っていました。f0009457_041315.jpg山麓通り沿いの高台にあるので、窓からはのどかな景色が望め、本を片手にゆったりした時間を過ごしてきました。ケーキセットで630円。しかも私が頼んだ紅茶は、ポットに2杯弱ほどのお代わりもあり、お得感がありました。さらに、普通は注文を取りに来るとき置いていってくれるのはお水なのに、ここでは、冷たいそば茶っていうのも、良い意味でお驚きでした。
■イル・ニード
札幌市中央区伏見1-4-16
tel. (011)562-3666


f0009457_0463595.jpg午前中は天気が良かったので、4月にある同期会準備のために母校の撮影に出向きました。久々に訪れると、とっても変わっていて、ひたすら見入ってしまいましたが、変わる前がどうであったかという記憶が今ひとつ鮮明ではなく、経過した時の長さを実感しました。そこで、話しかけてきた人は、偶然にも同じ年に短大を卒業したという方で、なんだかしばらく話し込んでしまい、プチ・時間旅行と言った感じでした。
f0009457_0512260.jpg午後から天気が悪くなってしまったけど、せっかくのお休みだったから、頑張ってドライブへ。と言っても、またいつものお手軽ご近所コースです。しかし、久々に山のつづれ折りを走るのは何とも嬉しい気分!
f0009457_0502338.jpg
旭山公園では遠くに暑寒別などの山山が見え、なかなか良い眺望でした。冠雪がまだらに残る山々の姿って、かなり好きです。冠雪のきれいな山々という意味では大雪の連邦にはかなわないけど、コレはこれで好し!f0009457_0535731.jpgさすがにやや高地とあって、街中よりも全然雪が残っています。ベンチも座れたもんじゃありません。午前から昼にかけては、Gジャンで過ごせるくらい暖かだったのに、また夜はダウンを着込んでも寒いぐらいに冷え込みました。もう、暖冬だったくせに春は遅いのね・・・。.
[PR]
by vrombir | 2007-04-01 00:57 | 味な店restaurant etc. | Comments(2)

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir