お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

新しい市電だ!

f0009457_202577.jpg
f0009457_20461178.jpg私は市電が大好きです。小さい時からずーっと市電のそばに住んでいるせいかもしれないけど、あのゆったりしたテンポ、網棚のない車内、車掌さん・・・。ササラ電車は本格的な冬の到来を告げる札幌の季語だと思うのは私だけでしょうか。今日は新型の電車が試運転で通りかかりました。なんか、運転席が全然違う!連結部もあったりして、そういう意味では昔のに戻ったようななところもあります。通勤の北大工学部前もきれいな雪景色です。厳寒期の雪は本当にキレイです。今日もトイレの窓から雪が降りしきるのを見とれてしまいました。
f0009457_20475725.jpg
大通り「西4丁目」の市電乗り場もイルミネーションされていて、帰り道もちょっとうれしい感じです。って、今日はみんなとの英語の日だったのに忘れて帰ってきてしまいました!ごめんなさい!!!そして、恐れていた風邪をついに引いてしまいました。f0009457_2050227.jpg微熱のサインの寸でのところ・・・これ以上あがりませんように(ー人ー)今シーズンはひかない予定だったのに〜。
[PR]
by vrombir | 2008-01-31 20:50 | 札幌SAPPoRo | Comments(2)

射手座〜知への探求〜

f0009457_1255938.jpg
中島公園を通ると工事中のフェンスに各星座の説明が書いてあった。近頃は建設会社もいろいろ工夫しているのね。私は射手座。どれどれ・・・
「いて座 11/22-12/21 馬人ケイローン(神話) 
馬人はギリシャ神話ではケンタウロス族と呼ばれています。山の中の洞穴に住んで、ひどく乱暴なものもありましたが、その多くは善良で人間と親しく交わっていました。その中でもいて座となっているケイローンは、音楽の神アポローンと月の神アルテミスから音楽・医術・予言・狩りなどを授けられて、ペーリオン山の洞穴の中に住んで、ギリシャの若者たちを、教育していたと言われます。・・・中略・・・ケイローンはヘルクレースが馬人と戦った時に、誤って水蛇の毒を塗った矢で刺されました。大神ゼウスがそれを惜しんで天にあげ、いて座になったのだと伝えられています」

f0009457_137359.jpgケイローンにあやかっているであろうか?ま、とりあえず、知の探求で受講していた放送大学の1科目の単位認定試験を今日終えてきたところ。また、来週もう1科目あるので、気を抜かず勉強しなくちゃ。学生の頃まではあんなに勉強しなかったのに、社会人になってからの自分は結構勉強づいてたりする。学校の勉強はやらされてる感が強くてつまらなかったけど、社会人になってからは知りたいことについて自発的にやっているから楽しい。この受動と能動の差って大きいなぁ。
[PR]
by vrombir | 2008-01-27 13:07 | 日記diary | Comments(2)

les fleurs temps en temps

f0009457_20122147.jpg
Je n'achetais pas de fleurs récemment mai j'ai les acheté en mercredi. C'est joli!

「ブログでフランス語書いてるって聞きましたよ。今度見てみたいです」なんて、昨日初対面の学生さんに言われて、はっと最近フランス語書いてないことに気がつきました。あ〜、すっかり忘れてる!
最近はずーっとお花を買っていなかったけど、お正月の花が枯れてしまったので、久しぶりに花を買いました。やっぱりお部屋に花があると気持ちが明るくなりますね。
f0009457_2012798.jpg
pour plus de les photos >>
[PR]
by vrombir | 2008-01-25 20:28 | お花flowers | Comments(0)

おかえりマーリー

f0009457_228934.jpg
ICUにいたマーリーはだいぶ回復したので、本日みんなの元に帰りました!水草のテーブルを挟んでコリーとドリーが出迎えています。「お帰り!で、体調どうなの?」「うん、まぁいまいちだけどさ・・・たまに機嫌悪い時、八つ当たりしちゃうかもしれないけど、ごめんな」ってな会話が聞こえてきそうです。私の中ではコリーの方が大人キャラです。この時もちゃんとマーリーに向き合ってるのはコリー。下でうろうろしてるのはドリー。やっぱりねって感じです。でも、本来中層以上のところに居るはずのマーリーが底の方でコリドラスたちと一緒に居るのはやはり体調がいまいちな証拠かも知れません。。。また、入院になりませんように!ちょっと、塩でも入れておいてやろうかなぁ。
[PR]
by vrombir | 2008-01-23 22:12 | 家の相棒mon copins | Comments(0)

歯は命

f0009457_11343336.jpg
タイトル通り、歯は大切。特に私のように食べるために生きているような人間にとっては。普通の歯ブラシのお手入れ以外にも糸ようじや歯間ブラシを使って歯周病も予防しなくちゃ!これからも食うぞ〜(^^)v
[PR]
by vrombir | 2008-01-20 11:36 | 日記diary | Comments(4)

アーティスト発見!!!

f0009457_21485665.jpg
昨日木曜日はほぼ毎週やっているE-Jex(Enlish-Japanese Exchange Club)の日でした。学生たちとやっている英語-日本語を楽しく学ぼうの会だったのです。前半はrikiリーダーによるクロスワードパズルに悩みながらも楽しい謎解きでボキャブラリーアップです。そして、少し時間が余ったので、わたしの提案で絵スチャークイズをやりました。絵を描いてもらってそれが何かを当ててもらうという単純なゲームです。そんな中、みんなのアーティストぶりにはびっくり!!!ほんとうにみんな個性的ですばらしいのです。上の絵はその中でも私の大のお気に入りで、s君が描いたハエです。超アーティスティックです!かわいい!額に入れて飾りたい!ということで、ブログでは額に入れて飾ってみました。私もこんな絵が描けるようになりたいですよ〜。私の絵って「ふとぅ〜」って感じでつまらんのです。。。本当にうらやましいです(><)
しかも、この絵を描いてすぐにみんなに「ハエ」って分かっちゃったんです。描く方も当てる方も凄い感性です!f0009457_21564851.jpg他にもいろいろ描いたものがつながって見えてきたりして、みんなで落書きしたりして、よい柔らか頭タイムになりました♪何かにおわれて忙しくなりがちな日常だけど、時にはリラックスして自由に発想してみる時間も必要ですよね。
帰り道、信号をわたると見たことある人ばっかりの集団あり!研究室のjig班+αのみんなでした。どうも彼らの新年会だったようで、お店へ向かうというまさにその時だったのです。ここであったが・・・というわけで、乗っかっちゃいました。こんな風に研究室の学生や研究員のみんなに大いに遊んでもらった楽しい1日でした♪
f0009457_2221232.jpg

最後にもう1つのお気に入り、s君の「いぬ」も額に入れてみました。
・・・やっぱいいわぁ〜、アーティストだなぁ♪
f0009457_2344824.jpg

[PR]
by vrombir | 2008-01-18 22:05 | こだわり系favorite | Comments(4)

あこがれの南米

NHKの自然系ドキュメンタリー番組は本当にすばらしい!今日もテレビカメラが初めて潜入できたというブラジルのレンソイス砂丘のプログラムがあり、かじり付いて見ていました。こんなところに行ってみたいなぁと思いながら・・・。
南米には世界遺産・自然遺産があるので非常に興味があり、行ってみたかったのです。遺跡と大自然が私の旅のつぼ。アイルランドだってニューグレンジと言うピラミッドよりも古い古墳のようなお墓があって、夏至だったか冬至だったか?にだけ、石室の奥まで日の光が入るという、太古のロマンを感じるような場所があるのです。タラの丘とか、巨人の机とか・・・意外に古代スポットがあるんですよ!
話は戻って、レンソイス砂丘があるのはブラジルだけど、マチュピチュ、ナスカの地上絵、南米ピラミッド、イースター島、ガラパゴス諸島などなど行きたいところがたくさん!1ヶ月ぐらい休みがないと無理だなぁ・・・。10年かけてプランニングしようかなぁ。どうせ行くならとことん廻りたいですからね。まずは下調べから(^^)
・・・いや〜、エジプトもアフリカも行きたいし、南極大陸で露天風呂にも入りたいし、夢は尽きません。実現までの道のりは遠そうなので、夢というよりは妄想に入りそうです。
レンソイスは石英でできた砂丘なので本当に真っ白です。その石英はその土地の花崗岩が川の流れで細かくなりながら海に運ばれ、打ち寄せる波で選別が起こり、石英のみが波打ち際までたどり着き堆積されてできたのだそうです。私が今居る研究室で研究しているものの1つにjig選別(選鉱とリサイクルのためのシステム)というものがあって、それは水を使って粉々にしたいろんなものを選別する技術なのですが、自然界でもこの原理と同様の大きなシステムが存在しているんだなぁ、なんて改めて思い感動してしまいました。
f0009457_0333080.jpg

[PR]
by vrombir | 2008-01-15 00:31 | 旅して〜travel | Comments(11)

サンキャッチャー

f0009457_1133191.jpg
誕生日祝い兼クリスマスプレゼントとして1番上の姉からもらったサンキャッチャーなるスワロフスキーの飾り物をリビングの窓に吊るしています。そのプリズムがくらいキッチンに虹を作っていました。薄暗がりに浮かぶあまりに鮮やかな七色の短冊に感銘を受けてしまいました。ほんの一瞬の出来事でした。日常の中での一期一会な出来事でした。
[PR]
by vrombir | 2008-01-14 01:17 | 日記diary | Comments(0)

ティンホイッスルがやっと出てきた

f0009457_0552513.jpg
11日の飲み会の2次会で行ったお店のマスターに和楽器を吹かせてもらった。しちりき、しのぶえ、りゅうてき。どれも音が出たので、マスターに褒められ上機嫌。マスターはイギリスに4年も居たそうで、アイルランド話に少し花が咲いた。「またアイルランドに行きたいんだ」というと、「是非、パブで和楽器演奏したらいいよ!」とアドバイスされ、すっかり篠笛が欲しくなって帰ってきた。その次の日、最近探していたティンホイッスルを偶然見つけた!しかも凄く目立つ場所にあったという・・・。なんだか「俺のことを忘れんなよ」って言われた気がする。もちろん忘れませんとも!
[PR]
by vrombir | 2008-01-11 00:54 | アイルランドIRELAND | Comments(0)

グロリアの死

f0009457_12153455.jpg
家には4匹貝がいました。2匹は水草に付いてきて、2匹は水槽掃除用に購入した石巻貝です。水槽に付いてきた方は、小さい方は名前を付ける前に5mmくらいでなくなり、もう1匹のマイマイは1cmくらいまで育ったのですが、12月の後半に亡くなりました。
石巻貝たちにはばりばり働いてもっと水槽掃除がんばってほしかったんですが、昨日、2cmくらい大きい方のグロリアが亡くなりました。。。奴は飼った当初から写真のように大きく背中の貝殻後壊れていて、中身が透けて見えてグロいので、こんなネーミングにしましたが、こんなに早くにお別れが来るとは。こんだけ大きいので、結構年寄りの貝だったのかもしれないなぁ、なんて思いました。
しかし、命は受けづかれています。水草貝の子孫が今また2mmくらいになって水槽や水草を這い回っています。小さな水槽の世界でもちょっとした自然の営みを垣間みることができるんですね。
当初の貝メンバーでの生き残りは石巻貝の黒ベエのみになりました。
[PR]
by vrombir | 2008-01-06 12:23 | 家の相棒mon copins | Comments(0)