<   2008年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ベティが死んじゃった

f0009457_8494151.jpg
これはベティがいなくなっちゃった水槽です。最近のベティちゃんは、平和主義のコリドラスを威嚇して追い回し、コリドラスたちの餌を奪って食べまくる困った奴になっていました。そのおかげでベティちゃんはマーリーと同じぐらいの大きさまで成長してしまい、コリドラスは痩せて来ていました。見かねた私は、昨晩、ベティちゃんを小さなカップに隔離しました。ちょっとかわいそうだけど、あまりにコリドラスがかわいそうなので、少しだけ彼らに平和な時間を与えてあげようと思ったのです。朝起きて水槽の方に向かうとカップにベティちゃんがいません!投身自殺です。ほどなく絨毯の上でひからびた姿を発見しました。ポクは水の中で死んだから、死体はとてもきれいでしたが、ベティちゃんは黒くなって干物のようでした。身体が大きいだけに雄並にきれいになっていたベティちゃんでしたが。マーリーとの相性も悪く、あんなに大きくなっても卵を抱えることも無く、コリドラスを脅かし・・・なんとなく煙たがっていた私の気持ちを察してしまったのでしょうか?なんてこともないのだろうけど、☆になったポクのところに行って仲良く暮らしてください(ー人ー)

ポクに続き私の過失によりベティちゃんも失ってしまいました。悪気は無くてもほんの少しの不注意は、こういう小さな命にとっては、命取りになってしまうのが、また身につまされました。病気の後遺症で身体障害を抱えながら生きているマーリーは2匹の分まで手厚く見守ってあげなくては!もちろんコリドラスもえびも貝も(^^)
[PR]
by vrombir | 2008-05-30 08:59 | 家の相棒mon copins
f0009457_1312613.jpg
行ったのはもう大分前ですがご紹介します。他の用事で第2三谷ビルに行った時に偶然見つけたお店でしたが、これがまたなかなかおいしかったのです。スープは 黄、赤、黒 から選びます。私たちは二人ともトマトベースの 赤 を選びました。今度は他の味も試してみたいですね〜。もう大分経ってしまったので、味のディテールが思い出せないのが残念です。。。とにかくなかなかおいしかったと言うことだけで(^^;;;ちなみに私は1日15食?限定のとろ肉入りを注文。本当におにくがとろとろでした。
このお店が良かったのもさながら、このビル自体がとても面白く、ほかにもいろいろ素敵なお店を発見しちゃいました!それは追って後日ご紹介を。何時になることか・・・。それよりは直接行って体験しちゃう方が早いかも!とにかくビルごとおすすめです。
f0009457_1345855.jpg左の写真は友人が食べた野菜スープカレー。

スープカレー専門店 ドミニカ

札幌市中央区南1条西6丁目 
第2三谷ビル1F
tel. (011)231-0974
営業11:00〜21:00
[PR]
by vrombir | 2008-05-30 01:41 | 味な店restaurant etc.
f0009457_22453644.jpg
昨日のランチで友人が「良かったよ、たぶん好きだと思う」と言って教えてくれたこの展示会。実は自分でもチェックしていたのに、日常のバタバタですっかり忘れていました。思い出させてくれて本当に良かったです。ありがとう!
期待していたよりずっと良かったのですが、何がいいって、やっぱり原画であることです。描いた時のエネルギーやその人の頭の中身がそのまま伝わってくるような感じがするのです。心象風景と言うか情景と言うか・・・。そのあとで、絵本、つまり印刷物になっている同じ絵も見たのですが、全然印象が違うのです。この体験は結構衝撃的でした、ここまで違うとは・・・。幸せな気分になれる絵で、その点数もかなり多く見応え有りです!意外に大丸での展示ってデパートの割には展示数が多くて見応えが有るんですよね。月曜日までやってま〜す。
[PR]
by vrombir | 2008-05-23 22:53 | こだわり系favorite
f0009457_2219731.jpg
久しぶりにアルチザンの会に参加です。この日はランチ。大抵F原さんがお店を決めてくれるんですが、いつもおいしいところばかり!今日も大当たりで、昨年7月にオープンしたばかりの「CROSS HOTEL」の3Fにあるお店です。一貫してクールモダンなホテルで、ザックをしょった野暮ったい格好で行ったので、かなり萎縮してしまいましたが、お店に入ると顔見知りの二人が待っていてくれたので、ほっとしました(^^;
私たちのいただいたパスタランチで1800円、コース料理でも2500円〜あるので、手軽にリッチ気分を味わえます。お味はどれもちょうど良く、盛りつけの美しさがシンプルな器によくマッチしていてセンスの良さが光ります。デート良し、女同士の食事に良しのおすすめです。

■ RESTAURANT agora(アゴーラ)
札幌市中央区北2条西2丁目 クロスホテル2.3F
tel. (011)272-0069
朝食 07:00-10:00,昼食 11:30-15:00(L.O.14:00),夕食 17:30-22:00(L.O.21:30)

※2009年8月に立ち寄った際、ランチはコースではなく、バイキング式のものになっていました。
[PR]
by vrombir | 2008-05-22 22:18 | 味な店restaurant etc.

I think I'm not logical...

Every Tuesday, I have a seminar of Academic English. It is consisted of 2 sessions such as writing and presentation. Today was the day for it. There was a homework and I wrote down my answer on the white board. This homework was for the exercise of Academic writing. We had had a theme, 'cat' and had to make a question imaging the conclusion. In other words, this question should have been enough for following disscussion to the end as a start of thesis. My answer was as follows,
'It is generally said that domestic cats keep wildness more than domestic dogs.
Do you agree with it?'

How many mistakes do you find in these sentences?

The right answer was as below,

'Do you agree that domestic cats are more difficult to control than domestic dogs?
The recent BBC report says that.......

Could you get right answer or nearly there?

The other students are very clever for this kind of excerscise and I must catch up with them, though I'm poor at precisely logical thinking.
[PR]
by vrombir | 2008-05-20 22:15 | 英文English Essay

同期の飲み会

f0009457_11474720.jpg
写真は少し古い5/3の実家の庭。GWはあっという間に過ぎてしまったのでした。
ただその中で5/6に脳発達科学専攻の仲間の飲み会が有り、昨日は心理システムの仲間との飲み会が有りました。すっかり学生になってしまった私は、社会人だった頃のように小洒落たお店には飲みに行かなくなってしました(^^;どっちの仲間たちもとても愉快で楽しいです。脳発達の仲間の時はちょっと小難しい話にもなり、「お〜大学院生なんだなぁ」と実感したり、昨日の心理の仲間との飲み会でも、研究計画発表会が終わった後も有り、そんな話があったり、授業の情報交換をしたり、カラオケではじけて、今まで知らなかったみんなの一面を見られたり。演習課題や研究が忙しいのは自分だけじゃなくてみんなも凄くがんばっていて、徹夜や寝不足が続いている人も多く、へろへろなんだなって良く分かったし、大学院ってやっぱり大学とは全然違って、のほほんとは過ごせないところなんだと改めて実感しました。普段がストイックな生活だけにカラオケではとっても盛り上がって「こんな笑ったのひさしぶりだったぁ」という言葉さえ聞きました。こういう息抜きって必要ですね!これからもこんな仲間の集いが月1ぐらいであるみたいです♪
[PR]
by vrombir | 2008-05-17 11:59 | 日記diary

ごきぶり

ネットやりながらニュースを聞いていたら「ゴキブリ」という言葉が飛び込んできた!NHKのニュースキャスターが真面目な声でだ。振り返ってテレビを見ると経済ニュースで「5期ぶり」ということだったらしい。日本語って面白い(^^)

私は空耳の天才?聞き間違いや解釈違いがものすごく多いのです。決して自慢になることではないけど。

以前、ブログにも書いたけど、エレベーターのアナウンスが「ゴカイです」というのがどうしても「誤解です」に聞こえちゃったとか(本当は”5階”)。

こういうのって、状況や話の筋の前後に注意を払ってない証拠で、ピンポイントに飛び込んだ言葉のみで解釈や想像を進めてるってことの証明ですね。良くない!でも、もう今更治らないんだろうなぁ、というより悪化している気がします(^^)

過去の記事を探すべく、私の過去のブログを見ていたら、昔のものの方がバラエティに富んで、写真もキレイでした。だんだん質が下がってきている気がします。。。忙殺されているのか?まんねりなのか?
初心忘るべからずです!
[PR]
by vrombir | 2008-05-16 10:11 | 日記diary
f0009457_20475155.jpg
またもや今日クールミントガムを買いました。例のごとく、変わりネタを探しつつ・・・。発見しましたニューパターン、がっかり君。最近みつけるのはいつもメタボ君ばかりだったので、「な〜んだ、変わりネタは全部メタボか」と思い、取り置きの最後のメタボ君の封を今日切ったところでした。「こんないろいろバリエーションが有るなら、やはりメタボ君に手を付けるべきではなかったかも・・・」と、がっかり君の出現によって、まさしくがっかりしている私でした。
[PR]
by vrombir | 2008-05-15 20:47 | こだわり系favorite

今年も鴨のひな

f0009457_20434741.jpg
火曜日、ちょっと寒いけど、天気がよかったので、大野池でおにぎりランチをしました。お、今年もいましたね〜、鴨の親子!7、8羽ひながいたようです。写真が悪くて面目ない(ーー;今年も奴らの成長を見守りつつ、お池でランチしようっと。
[PR]
by vrombir | 2008-05-13 20:42 | 北大Hokkaido univ.
f0009457_2323836.jpg
これまで花も狂い咲きする勢いで、春をすっ飛ばして初夏がやってきた勢いだったのに、今日は非常に寒かったです。油断していただけに寒さはからに突き刺さりました。でも、心温まる1日になりました。素敵な1日に乾杯です。道民還元用のワインをセブンで見つけ、安かったので買いました。後ろに有るのはJagabee。4月に山梨に住む友人と久々の再会をとげ、その彼女から教えてもらったのがコレです。以来、Jagabeeは私ともう1人の友人との間でブレイク中です。実家から分けてもらったカマンベールチーズとスモークサーモン、最近マイブームの三つ葉のサラダ、それにゆず胡椒で風味づけした揚げ納豆。う〜ん、白ワインに合う合う!

今日は前の記事に書いたように久しぶりに会う友人と大好きなチェコのパフォーマンスを見に行けたのも良かったけど、それ以外にひどく懐かしい再会が有りました!
指導教官の先生が内線電話で「今日の教授会でU先生が、Tさん(私のこと)を知っていて、今度是非遊びにくるよう伝えてください、と言っていたので、お知らせしておきますね」と言っておりました。哲学・宗教学を担当されるU教授のことがなぜ私のことを知っているのかピンとこなかったのですが、電話を切った後、突然電気が走るように思い出しました!急いでHPでその先生の経歴を調べると確かに私が大学生だった頃と、時を同じくして在籍していました。「間違いない!教養の社会学を教えてくれた先生だ!!」4年間の大学生活の中で1番面白いと思った講義で、土曜日の講義だったのにかなり熱を入れて出席していたのを思い出しました。この時の題材のヴィトゲンシュタイン、これがきっかけで自分でもそれについての本を数冊買ってしまうほど、その講義に魅せられたのでした。
ただ、教養の講義だったし、経済学を落とした私が所属していた学科の学生を中心にうようよ受講者がいたので、教室は下手すると立ち見になってしまうぐらいでしたが、私の学科はこれを落とすと留年が決定する崖っぷち組が多かったので、最後までほとんどが脱落せずに出席していました。というよりは、スタートは必然で出席していた講義も途中からは積極的に講義に参加している気持ちになっていたのはみんなも同じだったようです。そんな大勢だったから、まさか私のことを覚えているなんて、思いもしませんでした。これはやはり工業大学における女子の少なさがなせる技だったんですね。
さっそくU先生にメールを出し、今度是非お会いしたい旨を伝えると、先生からもすぐに返事が有り、私の学科の同期と今同じコミュニティで活動されていると書かれていました。また、その会誌に掲載されるエッセイでちょうど私たちのことを書いたとのことで、その文章をメールに添付してくださいました。
その文章には私の同級生たちの名前が幾人も出てきており、その中に私と同じ学科のもう一人の女の子の名前も出てきていました。可愛い女の子として?(^^;;;それはさておき、当時の先生がいかに情熱的に講義や自分たちに向き合っていたかが分かり、なんだか胸が熱くなる思いでした。その熱意が伝わって、私はその講義が本当に楽しみになっていたんだぁ、と納得してしまいました。学生の頃はのほほんとして、先生たちがどれほどの労力と情熱を持って講義に望んでいたかなんて考えもしなかったから(全員そうではないですが)、その貴重さを感じきれずに損していたと思います。もっと本気で「吸収してやる!」という気甲斐があっても良かったのかもしれないです。当時はサークル2つ掛け持ちに恋に遊びにと、勉学は2の次になりがちでしたから・・・。でも、幸運にも今またこうして学生になることが出来たから、今度は心して望めます。このタイミングでのこの再会は運命的だと思いました。直接お会いしに行くのが楽しみでは有りますが、おばさんになった私を見てがっかりするのでは?と少し心配だったりもします。でも、先生もおじさんになっているんでしょうねぇ(^^)
[PR]
by vrombir | 2008-05-10 00:15 | お家でごはんcook

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir