<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

前記事にコメントいただきありがとうございました。
私もこの際少し自分の立場をわきまえたいと、「個人事業主」についてWiki(Wikiってのが安直ですみません)で調べたのを紹介します。
「フリーランサー」も見方によっては「フリーター」になりますね。本人の意識次第、まさしく、マインドってことでしょうかね(^^)

以下、Wikipediaより引用です(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8B%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E6%A5%AD%E4%B8%BB

■「個人事業主」
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

個人事業主(こじんじぎょうぬし)は法人を設立せずに自ら事業を行っている個人を言う。一般には自営業(じえいぎょう)とも言う。株式会社や有限会社などの法人組織の経営者は自営業とは言わないことに注意する必要がある。この場合は、経営者や会社役員と呼ぶのが適切である。

日本の税法上、個人事業主の場合、12月31日を決算日として収支決算をまとめ、原則、翌年3月15日までに所得税の確定申告を行う(15日が休日の場合は次の営業日)。一般に個人事業主には所得税の他、個人住民税、個人事業税及び消費税が課される。

[編集] 日本における個人事業主の例

主なものとしては以下(被雇用者の場合もある)。ただし、各種士業や医師やスポーツ選手や芸能人などの場合、それらの職業で呼ぶのが普通である。

* 各種商店や飲食店の経営者
* 農林漁業(農家など)
* 各種士業
o 弁護士
o 弁理士
o 税理士
o 行政書士
o 司法書士
o 公認会計士
o 社会保険労務士
o 土地家屋調査士
* 診療所を経営する医師・歯科医師(開業医)
* 著述業関係
o 文芸関係
+ 作家、小説家、放送作家、劇作家
+ 著述家(ライター)、随筆家、評論家、コラムニスト
o 漫画家、イラストレーター、漫画原作者
* 芸術関係
o 画家、書家、写真家、陶芸家、彫刻家、建築家
o 音楽家
+ 作曲家、作詞家
+ 歌手・演奏家
* 芸能関係
o 伝統芸能、演劇家
o 俳優、映画監督、脚本家、演出家
o 歌手、ミュージシャン
o タレント
* 報道関係
o アナウンサー、キャスター、ジャーナリスト
* プロスポーツ関係
o プロスポーツ選手
o 公営競技選手
+ 騎手
+ 競輪選手
+ 競艇選手
+ オートレース選手
* プロの棋士等
* 占い師
* 投資家

■「フリーランス」

フリーランス (freelance) とは、フリーアナウンサー、フリージャーナリストなど、会社に所属したり特定の会社と専属契約を結んでいない仕事形態のこと。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。日本語では自由契約。一般的な職業分類では自営業に該当する。
なお、派遣社員は派遣会社の社員であるため、フリーランサーではない。
これらに属する人々は、単発の仕事として様々な仕事はするものの、その仕事を依頼する都度契約を結ぶという形態をとる、自営業の一種である。現代では、出版業界のライターやジャーナリスト、放送業界のプロデューサーや放送作家、アニメーション制作現場など、様々な職種でフリーランサーが活躍している。クリエイター職のように専ら業務を担当する個人の能力によって成果が決まる職種にフリーランサーが多くみられる。

フリーランサーの収入は、フリーランサー本人の営業力と業務遂行能力によって決まるため、千差万別である。高い能力と広い人脈を持つフリーランサーは同業のサラリーマンの数倍の年収を得る一方で、あまり優秀でない人や人脈の乏しい人はフリーター同然の厳しい生活を送っているなど、個々のケースにより様々である。一般論としては、サラリーマンのように固定給を得て生活する労働者と比較して不安定な働き方と言える。

■「フリーター」
フリーターとは、日本で正社員以外の就労形態(アルバイトやパートタイマーなど)で生計を立てている人を指す言葉。フリーアルバイターとも言われる。
[PR]
by vrombir | 2008-09-22 10:45 | 仕事traveiller | Comments(0)
以前、カメラマンになりたての頃、運悪く?71kmで走っていて、スピード違反でつかまったことがある。職業を聞かれた時に、「フリーのカメラマンです」と答えると、「では無職と書いていいですか」と警察官が言った。
そして、また今日、郵便系のある書類手続き上、職業を聞かれ「フリーのカメラマンです」と答えると、相手は言葉を失ってしまった。そしてしばらく経ってもう1度「あの、勤務先は?」と聞かれ、「個人事業者なので、勤務はしておりません」と答えると、また、しばらく沈黙され、「では無職と記入してよろしいですか」と聞かれた。なんだかちゃんと仕事しているのに無職と書かれるのは嫌だなぁと思い、「では大学院にも通っているので学生としておいてください」と答え相手はホッとしたようだった。
ふと、思った。私が大学院に行かずカメラとデザインのまるっきりフリーランスのみでやっていたとして、仮に、殺人か事故かなんかで被害者になってニュースで報じられるとしたら、「無職」と報じられてしまうのかなぁ。
(A≠勤め人) ∩ (A≠経営者)  よって ”A=無職”なのかぁ。
個人事業者やフリーターって言うのは、働いている人として認められないと言うことなのかぁ?

かといえば、以前これまた、55kmで走っていたけど、スピード違反で警察に捕まり職を聞かれたことがあったが、その時はまだ北大の秘書とカメラマンの両方をやっていたので、そのことを告げると警察は「あなたのマインドとしてはどちらを選びますか」と、哲学的な切り返しをしてきたことがある。

「仕事」って生計を立てるために生業とするところであり、勤務者や会社経営者だけが「仕事をもっている」のだとは言えないと思うのですが、確実にお金を回収できる人かどうかを判断するための書類では、「個人事業者」「勤務先が無い」→「収入が不安定」→「無職同然」→「無職」ってことなのかも。
そもそも公務員系の書類には書くべき書類のフォーマットにそれに合う項目が無かったために、無理矢理その中で当てはめざるを得なかったのでしょうけどね。

他のフリーランスでやってる人たちは、このような職務尋問の時、やはり同じ目に合っているのでしょうか?
[PR]
by vrombir | 2008-09-20 00:02 | 仕事traveiller | Comments(12)

憧れ復活--->狼女

f0009457_23541715.jpg
図らずも2週連続で登山することになり、登山の最中は恥ずかしいぐらいに疲弊していましたが、2回目の赤岳登山後は疲労は次の日にはもう残っておらず、そればかりか以前より、心もフットワークも軽快になりました!そして、それに気を良くしてジョギングや腹筋、背筋、日々の運動も再開したところです。
そう、何年か前、この写真のターミネーターの母さんに憧れて、身体鍛えると宣言したことがあったっけ・・・でも、今の様を見れば達成されなかったことは明らか(^^;何度もダイエットすると言って、現状維持・・・。つまり、狼少年ならぬ、「狼女」。多分もう誰も信じてくれないでしょう、自分も含めて(笑)。
しかし、再びまたこの映像を掲げて、ジョギングする私でありました。腹筋の時には、ロッキーのテーマが頭を巡ります。本当に気分屋なんだな、って改めて自覚します。でも、今度はかっこよさとかそういうことより、カメラマンの仕事をできるだけ長く続けるために、必要なことになりそうです(笑)
[PR]
by vrombir | 2008-09-13 23:00 | 仕事traveiller | Comments(4)
f0009457_17222100.jpg
昨日の登山でばきばきになった身体をほぐそうと出かけた近所散歩。いつも通りかかって気になっていた門馬ギャラリーANNEXで今日は墨絵展覧会が開催されていたので、ふらりと覗いてみました。この上の写真、絵の一部をアップにしたのですが、これ、全部面相筆と言う筆で描かれているんですよ写真では伝わらないので是非実物を見てみてください。作家さんが実際にモンゴルで出会ったシャーマンのおばあさんだそうです。その反対に有る絵は、これとは全く正反対の動きの有る、瞬間瞬間に変化するエネルギーの揺らぎを感じさせるような大胆かつ繊細な作品です。この壁2面に静と動が向かい合っていると言う面白い展示です。
f0009457_1743864.jpg
このギャラリー自体、うなぎの寝床のような個性的な空間で、その両端に有る扉から見える緑と、そこを通り抜ける風も作品の一部として展示できるのが魅力だと杉吉さんは語ってくれました。非常に気さくな方で、ここに展示されていない作品も段ボールから取り出して沢山見せてくれました。山北さんや嵯峨さん、金子竜太郎さんなどなど私が好きなミュージシャンの方達ともお知り合いらしく、なんだか世界は狭いなぁ、なんてうれしくなってしまいました。f0009457_17102963.jpg話の中で出て来た嵯峨さんがやっているのど歌デュオのタルバガンのCDのジャケットのイラストも彼が描いたそうで早速家に有るCDを探して見たところ、たしかに杉吉さんが描いた絵でした。すごいなぁ。好きなアーティストのCDの絵を描いた作家さんの展覧会に偶然出遭ってしまうなんて!

■杉吉貢墨絵展 2008.9.10〜15
ギャラリー門馬ANNEX
札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38
[PR]
by vrombir | 2008-09-11 17:23 | 札幌SAPPoRo | Comments(0)
f0009457_9332469.jpg9/10頃マーリーの左側面後方の鱗が9枚白く変化していました。病名はよくわからないけど、また体調が弱った証拠かと思い、塩浴をさせることにしました。するとマーリーの鱗の悪くなってる箇所がどんどん良くなって行くのに反比例して、石巻貝の残り1匹がみるみる弱りました。ガラスにくっつかずに地面に仰向けになったりしました。または、ガラスにくっつけても触覚は出さないし、いつものような食欲旺盛感が無く、じっとしたままでした。そしてなにより、写真のように元気なときは、ガラスにくっついてる面積が大きいのに、そうじゃないときはその面積が半分位になって、いろもどす黒くなってしまうのです。「これはいかん!」と、水を1/4取り替えて、塩分濃度を低くしました。そうすると、速効元気になり、また、写真のような状態でがしがしお掃除を始め、安心しました。今度からマーリーを塩浴させるときは、別部屋にすることにしました。それぞれにいろいろな性質があるんですね。ちなみにマーリーは、今は塩欲をやめていますが、患部はあともう少しで治りそうです。
[PR]
by vrombir | 2008-09-11 09:32 | 家の相棒mon copins | Comments(0)

今年の赤岳

f0009457_1635389.jpg今年も赤岳に紅葉を見に行ってきました!前日夜から友人の旭川にある実家にお世話になり、おいしいお夕食を頂き、しかも素晴らしいお庭や家庭菜園の域を超えるような畑を見せていただいたりで、これだけでも満足という感じで、目的を取り違えそうになりました(^^;
今年は例年になく2週間も早い紅葉の訪れと言うことで、大急ぎで決定して駆けつけましたが、もう落葉が始まっていました。つまり、時既に遅しです。今年は8月の終わりに寒くなって急激に紅葉が始まったもののその後は知っての通り温暖な日が続いているため、紅葉が進まず、しかも霜が降りたりで、葉が枯れ,落葉してしまったようです。でも、素晴らしい快晴の中登るのはとても気持ちよく、それなりに美しいのでした!優しい人たちに囲まれて、楽しい登山ができてよかったです。帰り大雪ホテルで層雲峡の柱状節理を眼前に見ながら露天温泉につかり充実した1日でした!
[PR]
by vrombir | 2008-09-10 16:31 | 旅して?travel | Comments(0)
f0009457_16111751.jpg
江別セラミックアートセンターで展覧会を見た後、その近く登満別の森林の家に行き、それぞれ手持ちの飲み物を手に休憩しました。手持ちのジュース代しかかかっていないのに、横に広く開いた窓から豊かな緑を目にしながら、贅沢なお茶の時間を過ごせました。森林の家の利用は無料ですが、午後4時までです。

カテゴリー、江別だけど、近郊と言うことで「札幌」に入れさせてもらいました。江別市民の皆さんごめんなさい。
[PR]
by vrombir | 2008-09-09 16:10 | 札幌SAPPoRo | Comments(0)
f0009457_15572294.jpg
江別セラミックアートセンターに最近話題のアウトサイダー・アートの展示会を見に行きました。スイスの美術館がアール・ブリュットとして知的/精神的障害を持つ人たちの作品に着目し、その作品を美術簡易展示することがきっかけで、日本でもここ最近にわかに注目を始めています。日本では旭川の方にある剣淵町在住の陶芸家・工藤和彦さんが主体となって様々な活動を展開ししているようです。以前、工藤さんに直接お話をうかがう機会があったのですが、非常にピュアな方なのに、「こういった障害のあるアーチストに触れると、自分の不純さが身につまされ、作家として作品を作ることへの情熱や純粋さを改めて思い起こさせてもらえる」といういかにもきれいな心の持ち主であると言わんばかりのコメントを頂きました。今回はセラミックセンターとあって、焼き物の作品に限定されたものでしたが、その作品の発するパワーには圧倒されるものがあり、とってもインスパイアされました。少し遠いですが、アート好きなら足を伸ばして行ってみる価値はあると思います。

■「アウトササイダー・アート/陶のかたち」
2008.8.30(土)〜10.13(月) 9:30〜17:00
江別セラミックアートセンター  企画展示室
江別市西野幌114番地5 tel.011-385-1004
[PR]
by vrombir | 2008-09-09 16:09 | こだわり系favorite | Comments(0)
f0009457_15441665.jpg
 
予告編です。時間ができたら写真をアップするつもりです。
夏休みイベントというか今年の夏休みはこれでした!
ありがたいことに仕事が入ったので、当初予定の奥尻・函館ツーリングはできず、たった2日間の夏休みとなりましたが、すっごく楽しく、しかも感動的に美しい体験のできた思い出に残る夏休みとなりました。
[PR]
by vrombir | 2008-09-05 15:44 | 旅して?travel | Comments(0)

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir