<   2009年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

f0009457_18122429.jpg
f0009457_18282215.jpg
先週、大学からの帰りの電車で、ばったり、大学の先輩に出くわし、日ハム戦の招待券を頂きました。やっとの思いで、一緒に行ってくれる人をみつけ、小学校時代の友人と行ってきました。彼女は昨年不幸があったんだけれど、私は何もしてあげていなくて・・・でも、立派に乗り越えた姿を見て、なんだか凄いなぁと感心してしまいました。私だけがいつまでもちゃらんぽらんな子供のようです。
さして、野球に精通している訳でもなく、非日常を楽しみたいだけで行った野球観戦。でも、大学と撮影現場しか行き来しない(あ、時々飲み会が挟まる)日々だったので、すご〜〜〜〜く、楽しかったです。ああいう試合を見ていると、自分もプレイしたくなりますね。どうも応援気質ではなくプレイヤー気質です。小学校や中学校では結構野球やって遊んでたのを思い出しました。札幌ドームに来るのはまだ4度目ぐらい。またサッカーとは違う雰囲気で野球観戦もなかなか良いではないかと思いました。ビール飲んで友達としゃべっているうちに試合が終わっちゃったので、半分以上観戦してなかったようですが(^^;ほ〜、これが稲葉ジャンプですか?なんて、座席が揺れちゃって面白かったです。試合前にWBC参加選手への花束贈呈もあり、なんだか、ちょっと得した気分です。それに改めて、野球選手って格好いいんだなぁ〜とほれぼれ見とれちゃいました。目の保養になりました!日曜日はダルビッシュが登板するらしいので、今日よりも混むのではないかと思います。
今日は、友達にも数年ぶりに会えたし、野球も見られたし、久しぶりに休日らしい休日が過ごせました。こんなささやかな出来事だけど、私にとっては何だかものすごく幸せな気分です。
[PR]
by vrombir | 2009-03-28 18:28 | 日記diary

初ちゃり

f0009457_21252724.jpg昨日で通学定期が切れてしまいました(::)というわけで、今日は初ちゃり通学です!さみ=======ぃ。でも、がんばらなくちゃ!経費節約で学費を捻出しなくちゃね。しかし、昨晩は雪が降るし、近頃の寒の戻りは腹立たしいほどでした(^^;とはいえ、チャリ通になって、フリーダムな気分。電車通勤ではレールの上、そして乗り継ぎ駅のある地点を結ぶようにしか動きが取れませんが、自転車には線路も駅も関係ありません。行きたいところへ足が伸ばせます(時間と体力の限り)。しかし、電車通勤にも利点があって、それは読書が進むことと、北大構内を幅広く移動しなければならない状況にあることで、万歩計のカウントが稼げるのがよいところでした。そんな、電車通学、読書の季節ともお別れ時がやってきました。本を読む時間はその分がんばってどこかからひねり出さなくちゃ。はて、万歩計分の消費分はどこで稼ごうかな?時間の使い方に工夫をこらすのもこれまた楽しいかも♪
それにしても、もう少し気温が高くなって欲しいものです(ひしひし)。胃腸の不良で先週1週間で3kgの減量に成功?!丁度冬の間についてしまった分が解消されました!!!身も心も身軽になって後は春を待つばかりです。本当の春が来るまで体重が戻らないように気をつけなくちゃ。今のところ、食欲がまだ回復していないのが幸いです(^^;
さて、4月からは2年生になります。いいですね、この○年生って響き、フレッシュで。今年度もフレッシュ感いっぱいでがんばるぞ〜。え?!本当にフレッシュなんでしょうか?フレッシュなつもりです(^^)学業も仕事も目標があるので、気合い満々です!(^^)!気合い負けしないようにしなければ、うむ。
っていうか、2年生になったら、講義がすご〜く少ないので、タイムマネジメント、つまり如何に時間を有効に使うかがキーになりそうです。根が怠惰・快楽体質なので、セルフマネジメント、心してかからなくちゃね!
[PR]
by vrombir | 2009-03-27 21:32 | 北大Hokkaido univ.

春だね〜

f0009457_9512524.jpg
f0009457_9514775.jpg
もうすぐ実験開始。準備のため毎日研究室に行っています。建物は無味乾燥なんですが、中庭にふと春の訪れを見つけました。風情の無いアスファルトの脇から懸命にふきのとうが咲いています。かわいい!こんなに可愛いふきのとうたち、夏になる頃にはここはフキジャングルへと変わって行きます。でも、鴨の親子にはそんなフキジャングルも格好の隠れ家になり、鴨のひなに時々ここで出会うのもまた今年も楽しみです。春分の日も過ぎ、日がだいぶ長くなって来たので、早起きができるようになってきました!さ、今日も1日がんばろうっと(^^)
[PR]
by vrombir | 2009-03-26 09:55 | 北大Hokkaido univ.

日本優勝!

f0009457_7551557.jpgWBC、日本が優勝しましたね!すごいすごい♪
と言っても、先週友人に「明日からWBC始まるね」って言われた時に「WBCってなんだっけ?」って思ってしまった私ですが(^^; 最近は何でもアルファベット3文字なので何だか分からなくなります。WRCが車の大会でしたよね?そうそう、これは北海道から撤退してしまって残念でした。。。1度もそれを体感しないうちに!
野球熱がサッカー熱に地位を奪われてからか、巷ではこのWBCの日本優勝にあまりエキサイティングした感がありません。アジア国同志の決勝と言うことも合って、世界大会と言うよりはアジア大会と言う印象になってしまった所為なのでしょうか?
ともあれ、良かった!強いニッポン、どこまで続くか?!

あ、そういえば、思い出しました!先日、電車で偶然大学時代の先輩に会って、日ハム戦のチケットもらったんでした。土日は仕事のスケジュールまだ分からないし...だいたい周りに野球ファンていないよなぁ。4枚ももらったけど行き場の無いチケットがかわいそうです。。。こういうのって、一人で行くのも何だかつまんないしね。東京にいたときは、いろんなことして一緒に遊ぶ友達がたくさんいたけど、札幌に戻ってからは、飲み会以外はたいていは一人ですね「(ーー;たぶん、家庭のことで忙しい年代になってしまった所為なのかも。飲み会以外の遊びにつきあってくれる友達が欲しいと思う今日この頃です。仕事も学業も遊びもガッツリ楽しみたいです〜☆

写真は朝日新聞社サイトより
[PR]
by vrombir | 2009-03-25 08:00 | 日記diary

祝婚歌

婚礼撮影の仕事で、披露宴の時によく耳にする「祝婚歌」、大好きな司会者さんがよく引用するのですが、彼女の優しい人柄がその心温まる司会を通して伝わってきます。この詩を聴きながら、いつもなるほどなぁ、なんて思っています。もし、この先(万が一?)伴侶を得ることができるとしたら、この歌を心に留めておきたいと思います。そうではなくても、本当に仲のいい友人同士の関係にも当てはめることができるとも思います(^^)

f0009457_8195334.jpg

ふたりが睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派すぎないほうがいい
立派すぎることは
長持ちしないことだと気づいてるほうがいい

完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不自然なことだとうそぶいているほうがいい
ふたりのうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい

互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと気づいているほうがいい

立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず

ゆったり
ゆたかに
光を浴びているほうがいい

健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい

そして
なぜ胸が熱くなるのか
黙っていても
ふたりにはわかるものであってほしい

詩:吉野 弘
[PR]
by vrombir | 2009-03-23 08:21 | こだわり系favorite

くーちゃん

f0009457_1216087.jpg
デザインの素材になる写真を探していたら、1年半前に姉の家に遊びに行ったときの写真が出てきました。くーちゃん(ネコ)の写真がとても可愛かったので、載せちゃいました。今月も遊びに行く予定だったんですが、義兄がアキレス腱を切ってしまって手術することになり、キャンセルになってしまいました。この頃はくーちゃんしかいなかったけど、今はちゃみちゃんという子もいるそうです。そのネコとはまだ1度も会っていません。2匹ともオスなのできかないらしいけど(^^)家のマンションは動物が飼えないので、毛もの(笑)にふれあいに行くのを楽しみにしていたんだけど。と写真でも眺めて、ちょっと和もうかと♪

それにしても時間の使い方が下手なせいか学生になったら、あれもこれもやろうと思っていた雑務(データの整理やブログでアップしてない思い出深いねたの掲載、オリジナルデスクの制作などなど)、全然できていなくて・・・。夏休みにはなんとかできるかなぁ。この春休みも忙しく過ぎて行ってしまいました。休んだと言う感覚がないまま。2足のわらじはキレイに合間が埋まってしまうのですね(^^;;;
ま、体力が続く限りがんばりましょう!
[PR]
by vrombir | 2009-03-22 12:18 | 仕事traveiller

甲子園が始まった

f0009457_10181096.jpg
f0009457_10182588.jpg
春の甲子園始まりましたね!石川凌クンもそうだけど、この選手宣誓をやったキャプテンも宣誓後のインタビューでのコメントがしっかりしていました。スポーツって人間を強くすると思います。責任感とかプレッシャーを引き受けることによって人は成長するんでしょうねぇ。そういう意味でスポーツを若いうちから経験するってことは、仕事の厳しさを乗り越える精神の鍛錬・準備につながると思います。スポーツに限らず逆境、すなわちプレッシャーなどは人を鍛えます。昨年の3月までのぬるま湯生活を抜けて、私も今は鍛錬の時代に入っています。きっとこの厳しさを乗り越えられたら、さなぎから蝶に成れるのかしら?と夢見てがんばります(^^)
雪も溶けて来たし、私もそろそろジョギング復活しようかな。26日で通学用の定期券が切れるので、その辺りからまたチャリ通に戻る予定です。春分の日も過ぎたし、いよいよ春!雪解け後の北海道の春は本当にワクワクします。研究室の建物にある中庭にはふきのとうを芽を出しました。そこここに春が聞こえるし、見え隠れしていて、その痕跡を見つけるたびに心が躍ります。北大構内はこういう自然を楽しむのに格好です!これからまた楽しい季節です。

さて、鵡川高校、どこまで勝ち進めるでしょうか?がんばれ〜。
昨日もWBCで日本が勝ったそうです。仕事中に司会者の方がそうお客様に報告していました。世の中は今、野球一色なんですね。イチロウが不調らしいですが、復活して起爆剤となって欲しいものです。

今年の入場行進曲はGReeNの「きせき」ですね。結婚式の披露宴でよくかかるので、なじみ深いです(^^)
[PR]
by vrombir | 2009-03-21 10:32 | 日記diary

St.Patrick day

f0009457_11274610.jpg昨日は、いつも行く機会を逸していたRINKAのライブにやっといくことができました。
セント・パトリック・デイに聞くことができて本当によかったです!写真を撮らなかったので、大分前に載せたエニスのセンパトの記事にリンクを貼っておきます。セントジョーンズウッドというアイリッシュパブは何故かギネスが無く、それが残念で、昨日も店長さんにそれを言ったのですが、当分置く予定は無いようです。。。でも、雰囲気なんかはかなり出てます。そんな中でのRINKAの演奏はアイルランドを呼び起こせてくれてました。ざわつき感と混雑具合がRINKAの軽快なダンス系の演奏と小気味よくマッチしてそれ自体が全体に音楽になっているような感じが、なんともそれっぽくて。札幌の町にももっともっとアイルランドの文化が行き渡ればよいなぁと思います。あと、センパトだからお店には何か緑を使った演出が欲しかったなぁ・・・・と小姑のようになってしまいます;;;

>>エニスのセンパトのパレード(2002年)
[PR]
by vrombir | 2009-03-18 10:44 | アイルランドIRELAND

ぶりかま

f0009457_836299.jpg
昨晩は、実家からお裾分けしてもらったぶりかまを大根と一緒に煮ていただきました。おいしかったです!欲を言えば、もう少し時間をかけて、味をしみ込ませたかったけど、ぶりかま自体が脂が乗っていて旨味があったので、パクパク食べてしまいました(^^)
[PR]
by vrombir | 2009-03-17 07:33 | お家でごはんcook

夢のお告げ

f0009457_1311761.jpg
最近、明け方よく夢を見ます。
3日前には漫画に出てくるような岩山を登って、空を飛ぶようにジャンプして下って行く夢を見ました。先陣を切って、なぜか私が東京にいた頃の職場の先輩ががんがんジャンプして下って行きます。危ないと、私が叫んでいるのにどんどん先にジャンプして行って、案の定、大きな落石に頭(頭頂部後部)を直撃されます。その人は大きな岩にもたれかかるようにぐったりと座るように倒れてはいますが、死んではいないようでした。その人に直撃した岩はその人の身体ほどもある大きなものだったので、生きているのが不思議です。私は大きな声で助けを求めると、岩山なのに医療スタッフが勢揃いしています。私はその人たちに、「彼はもう死んでしまったかもしれない、早く助けて!」というのですが、医者は「大丈夫大丈夫、彼は生きてます」と言って何しません。そのけが人の頭の上部は、3倍以上に膨れ上がって、さらにドックンドックン膨らんだり縮んだりしています。シュールな夢だったぁ。その先輩の身に事故や何か起こっていないといいのですが。でも、この夢からすると心配には及ばないのでしょう(^^)しかし、何でこの人が私の夢に出て来たんだろう???
そしてそして、次の日はまた、今度は札幌での過去の仕事関係の人で、もう何年も会っていない人がでてきました。舞台は何故か大分ということになっていますが、雪道で、スノーモービルで先導され、私は得体の知れない車輪の無いスクーターのような乗り物に乗ってついて行きます。そのスノーモービルは数年会っていないその人がいる場所へ連れて行ってくれると言うのです。左折したところで先導車を見失い、途方にくれそこいらで休憩していると、そこは偶然にもひなびた温泉で、日に数時間しかない入浴時間と言うのにでくわし、大勢の地元のおばさんやおばあさんがぞろぞろと温泉口に列をなしています。入ろうかどうしようか迷っています。久しぶりのその人が待っている場所へ行き着く術は何もありません。そこへ、電話がかかって来てその人の代わりの人が電話をかけてきました。で、その電話の主が、「今、本人と電話変わるから」といったところで目が覚めました。
そして、今日、その「本人」と言う人から電話がありました。数年ぶりのことでびっくりしました。こういうのを一種の予知夢と言うのですね。そして、その人とはまだ予定が合うかどうか分からないので、滞在中に会えるかどうかは分かりません。私、霊感あるのでしょうか。いや、だれにでも時々こういうことってあるんでしょうね。
今朝は(夢で)麻生太郎首相と近くで接する機会があり、なかなかユーモアあふれる優しい言葉をかけていただきました。「みんな(マスコミ)が言うほど、悪い奴じゃないよなぁ、むしろ人間味はある!今までの失言と思われる発言や、優柔不断と称された言質もなにか彼なりの理由があったに違いない」などど彼を見直している夢でした。これで、麻生人気が回復したら、本当に私は予知能力があるかもですね。
[PR]
by vrombir | 2009-03-16 13:37 | 日記diary

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir