<   2009年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0009457_176501.jpg
ただいまです!27日の晩に無事帰宅したものの、立て続けにいろいろやるべきことが押し寄せている真っ最中で、なかなかブログに手を伸ばせません。書きたいんですけどね。しばらく、ゴールウェイのパブでゲットしたコースターの絵でお楽しみください(笑)。
いや〜、久しぶりに行くアイルランド、本当に懐かしかったです。学会発表は、自分の研究内容を書いたポスターの掲示時間は決められていて、5、6時間。その内、それ専用の時間として与えられたのは2時間程度です。狭い空間に他の人たちもたくさんポスターを掲示しているので、たくさんの人には質問されませんでした。お昼を一緒に食べたよしみで、専門外だけど、ちょっと聞いてみようかな?みたいな優しい聴衆たちが6、7人くらいに説明した程度で、その半数くらいは日本人=;pでも、貴重なご意見を頂きいろんな意味でとても参考になりました!自分の未熟さを知って更なる精進へ!!!
さて、学会後はダブリンへ向い、ステイ先のおばさんの家を訪ねました。おばさんの妹さんと今でも手紙の交換をしていて、彼女がおばさんの家で一緒に過ごしてくれることになったのです。おばさんは昨年亡くなり、今その家は売り出し中です。おばさんの死は受け入れがたいものであると同時に、実感の湧きにくいものでしたが、彼女の家を訪ね、その家族に会い、でも彼女はもうそこにいなくて・・・お墓に連れて行ってもらったことで、現実感を帯びてその死と彼女への感謝がこみ上げました。売り出し中の家に泊めてくれたり、お墓に連れて行ってくれたり、一緒に過ごしてくれた彼女の家族の優しさに今でも胸が熱くなります。おばさんから受けた親切や優しさ、広い心・・・おばさんにはもう返せないけど、忘れずに私の周りの大切な人たちに返して行けたら、おばさんも喜んでくれるんじゃないかなぁなどと考えています。
空港へ向うタクシーの中で「ずっとここに居たい」と運転手さんに言うと、「Please come back again」という歌を歌ってくれました。そして、そんなにアイルランドが好きならとでも言うような愛嬌のある笑顔で、「このCD欲しいかい?」(もちろん英語で)聞いてくれて、「ほんとう〜?!はい」と答えると、おじさんの車のCDプレイヤーに入っていたアイリッシュソングのCDをズボンでちょっと拭き取って、プレゼントしてくれました!ちょっとウルウルしてたせいもあるし、かわいそうになっちゃったのかも(笑)。本当にアイリッシュは優しい〜!アイルランド万歳!アイルランド大好き!!!
今回は学会と里帰りで観光はほぼ皆無でしたが、心にはたっくさんの素敵なものを得て来たと思います。そしておばさんの妹さんが焼いてくれたハロウィンのフルーツパン、なんと私に指輪が当りました(伝統的な遊び)。パンに埋め込まれた指輪が自分の食べる分のパンに入っていた人には幸運が訪れるのです。だから、私にはきっともうじき幸せが訪れるはず!指輪のマジック効きますように(^^)
[PR]
by vrombir | 2009-10-31 17:35 | アイルランドIRELAND

出国

f0009457_10471884.jpg

[PR]
by vrombir | 2009-10-20 10:47 | 旅して?travel
f0009457_8455672.jpg
明日、産まれて初めての国際会議参加に向けて旅立ちます。縁があるのかなんと私が愛してやまないアイルランド!7年ぶりのアイルランド。どう変わっているだろう。発表は滞り無くできるだろうか?上手く質問に答えられるだろうか?不安と期待でなかなか準備が進みません。。。だめじゃん!日本国外から出るの自体そのとき以来なので、チケットもEチケットなるシステムになり、A4のプリントアウト1枚になっています。以前の分厚いチケットの束ではなくなっています。ほんとにこんなんでアイルランドまでたどり着けるの?と思う程の軽々しさです。明日は朝6時のJRに乗るので、早起きが第1関門です。写真はウェストポート近くのアキルアイランドで2002年9月に撮影したもの。今回の会場はとっても可愛い町、ゴールウェイですが、駆け足の日程なので、観光はできなさそうです。お世話になったダブリンのおばさんは昨年亡くなられ、もう会えないのですが、その状況をいろいろ知らせてくださっていたおばさんの妹さんとお会いできることになっているので、それがとても楽しみです。あとは、夜な夜なパブに行って、アイリッシュミュージックの生演奏を聴くのが楽しみです♪あ、それと本場のギネスとね(^^)さ、早く、パッキングしないと!

今日、ユキムシ第1号を見ました。
[PR]
by vrombir | 2009-10-19 08:54 | アイルランドIRELAND

加藤和彦死去

あのサディスティックミカバンド、フォーククレセイダーズ、「帰って来た酔っぱらい」「あの素晴らしい愛をもう1度」などの加藤和彦が!軽井沢のホテルでかぁ。素敵な場所で亡くなられたなぁと思いますが、家族や友人にとっては最期を看取れなくて残念だったでしょうね。。。今年は清志郎も亡くなり、音楽界の重鎮を失う年になってしまいました。
f0009457_13101511.jpg(写真:HP「加藤和彦スペシャルインタビュー」(http://columbia.jp/smb/interview.html)より)
[PR]
by vrombir | 2009-10-17 13:11 | 日記diary
f0009457_11515362.jpg
写真は大野池。水に写る紅葉や青空が、目の前に有る本物よりも深みを増してより美し感じます。鴨が通るたびにその水の上に有る風景が揺らぐのが美しくて、目が離せなくなりました。
f0009457_1155048.jpg


>>鴨と紅葉の写真をもっと見る
[PR]
by vrombir | 2009-10-16 14:00 | 北大Hokkaido univ.

SUSHI酒場 MARCO

f0009457_1115995.jpg
f0009457_11315083.jpgなんだかバタバタとしていて、あまりブログを更新していませんでしたが、備忘録として書かなくてはならないと、なんとか仕事に行く前にざっと書いてしまおうかと。いえ、mixiのサン牧に大分時間が吸い取られていると言うのも事実なのですが(汗)。今週の月曜日大学時代のバンド系サークル関係の仲間と飲み会がありました。わたしと同じバンドだったK野君が名古屋に転勤になってしまうので、その送別会として集まりました。でも、仕切っているのは主賓本人で、しかも時間前から集まっていたのは主賓ともう1人。さらにさらに、当初予定のお店は予想外にも休業で、当日会場が変更になりました。変更になったお店は同じ2条市場の中に有るSUSHI 酒場 MARCOで、HPを見ると今年の3月にオープンしたばかりのようです。写真の右下にある夕焼けを見ながら仕事からの帰り路、早く会場に行かねばと思いながらも、3連休ビッチリだった仕事の疲れか、信号待ちでは夕焼けの美しさにぼーっ見とれてしまいました。車を家に置いて、パパッと着替えて、3番目に到着したのは私で、宴会開始時刻から30分くらい回っていたでしょうか。先に到着していた2人は当然のことながら始めていました。2人が絶賛する銀ダラのかま焼きは、確かに絶品でした!油がのっていて、トロツルの食感に噛むと広がるジューシーな旨味、幸せです。この銀ダラのかま焼きここ以外ではなかなかお目にかかれないそうですよ。お店のお兄さんが、食べ終えた皮を焼いてくれたのが、左下の写真。脂がのっていたので、チップスのようにカリカリっとして、噛むと旨味がよみがえるといううれしい一品になりました。他にも写真中央は赤いのがラム肉の握り、手前があぶりさんまの握りです。両方とも初めてでしたが、ラムの生肉は焼くよりも全然臭みが無くてびっくりしました。あぶりさんまはあぶることで生臭みが消えておいしかったです。1番上の写真は左奥は大分食べてから撮ったので、解けてデロデロですが、おいしかったんですよ。イカ刺しに凍ったイカごろが乗ってい、それを一緒に口の中に入れると、体温でごろがとろりと解けて、いい塩加減とごろ独特のコクがいかとよく合います。右奥はジャガバター煮。これは煮てあるところが珍しいのですが、漫画の「おいしんぼう」にも載ったほどなのだそうです。煮てあるので、バターの風味が全体に行き渡り、ジャガイモの甘みとバターの風味が上品にマッチしています。写真手前の刺身は、左がほっけ、右がさんま。北海道って感じですよね。主賓で幹事のKくん、最後に偶然ながらいいお店を見つけられたと喜んでいました。不幸中の幸いですね。お店は狭いですが、道外から友人が遊びに来たら、是非ここに連れて来てあげたいです。私でも道産品を産まれて初めての食べ方で味わえて感動したので、いわんや。
この日は酒豪ぞろいで、ビール以外にも焼酎のボトルが3本も空いてしまい、ちょっと値が貼ってしまったけど、こんなに大酒を飲まなければ、結構リーズナブルなお店です。
K野くん、名古屋に行っても楽しんでね!また帰って来たらみんなで飲みましょう。次は来年の「しずか」の集まりでね。

SUSHI酒場 MARCO
札幌市中央区南3条東1 二条市場のれん横丁1F
tel.011-557-4597、休:水曜
ランチ  11:30〜15:00、ディナー 17:00〜01:00
[PR]
by vrombir | 2009-10-12 10:59 | 味な店restaurant etc.
f0009457_2224643.jpg
昨日、実家に新しいわんちゃんがやってきました!昨日は見に行けなかったので、今日、ようやく初対面です。初めてでも暖かく迎えてくれて、とってもフレンドリーなワンコです。でも、写真は嫌いみたいで、カメラを向けるとこの通り、顔を背けます。近所をちょこっと散歩しましたが、「待って」と言えば待つし、ひもを無理矢理引っ張ったりもあまりしないし、賢くて良い子です。姉が保健所からもらって来たのですが、性格が良いので、保健所のアイドルだったそうです。でも、アイドルとはいえ、そのまま保健所にいたら殺されてしまったのでしょうけど。。。前の飼い主は、事情があって、生活保護を受ける身となって、経済的な理由から泣く泣くこの子を手放したそうです。このワンコ、2歳とのことですが、前のご主人にも保健所の皆さんにもかわいがられていたせいか、性格は素直で利発、かつ人懐っこいです!我が家では日本犬を飼うことの方が多かったのですが、日本犬の方が原種の狼により近いせいか、なかなか野生が抜けない感じでしたが、洋犬は、人間が人間に都合がよいように改良に改良を重ねて作られているので、本当に人間と一緒に暮らすのに適した特質を持っているような気がしました。もちろん、犬種によっても違うのでしょうけど。名前はまだ決まっていませんが、またお散歩に連れて行ってあげようっと(^^)
[PR]
by vrombir | 2009-10-09 22:13 | 日記diary
f0009457_12315644.jpg
かねてから行きたかったお店に飲み友達とようやく行ってきました。10/12の送別会飲み会でも、みんな言っていたけど、コレくらいの年になって来ると、マラソンや山登りを始めたり、勉強始めたりしている人が多かったです。今日の彼女も同年代で今、通信教育でがんばっています。20代までは、身体も鍛えなくても調子が悪くなることはあまりないし、記憶力や計算力についても、努力しなくてもすんなりできてしまうけれど、30代半ばを過ぎるぐらいから、徐々に「あれ?」と今まで通りには行かない自分に気づき始めます。でも、油を注せばまだまだ動くのです。それに気づいた人がそういうことを始めるのですね、きっと。
KOPITIAMは、ピンクの照明で怪しい雰囲気ながら、料理はなかなかおいしいしコレまたリーズナブル!貧乏学生の私にはお高いお店に行くことは当分できませんから「(^^;飲茶っぽい料理と東南アジアのスパイシーでハーブが聞いたパンチのある料理とビールはよく合います。楽しくおいしくリーズナブルに☆

KOPITIAM
札幌市中央区南3条西7丁目5番地(狸小路7丁目)
tel. 011-219-7773、休:火曜
17:30〜02:00(日 17:30〜01:00(L.O.12:00) (ドリンクL.O.12:30))
[PR]
by vrombir | 2009-10-08 23:30 | 味な店restaurant etc.

台風前の夕方

f0009457_12474355.jpg
10/7、次の日は台風が上陸しそうだとニュースが言っている頃の夕焼け。ヨドバシの辺りで撮ったもの。アニメなんかで不穏なコトが起こる前の空の色みたいです。尋常ではない真っ赤さが何か恐ろしい感じがしましたが、結局、台風は進路をそれ北海道は直撃されずに済みました。
台風は9月と思っていたけれど、10月にも来るになったのですね。
[PR]
by vrombir | 2009-10-07 17:37 | 札幌SAPPoRo
f0009457_9265342.jpg
10/5(月)で、私が構内で1番大好きだった「はるにれ食堂」が閉鎖されました。確かに利用者は他の食堂よりも少なめで、周りの人もこの食堂に行ったことがないと言う人が多かったです。開店時間が短いのも利用されにくい一因だったようです。他の食堂はほぼメニューはどこも同じなのですが、ハルニレ食堂はここ独自のメニューばかりでした。2階はうどんセルフ、1階は中華バイキング、特製ラーメン(以前は清湯麺(チンタンメン))、あんかけラーメン、中華風スープカレー(以前は魚介スープカレーもありました)などなど。
f0009457_9312873.jpg
あと、空間的にも、ここは吹き抜けもあり、カーテンウォールだから光が多く入り、開放感があり、明るい空間なのも、お気に入りの大きな理由の1つでした。2階のうどんセルフは既に閉店していて、人気がなく暗くなっているのが、1階のにぎわいとコントラストになって、物悲しさを誘います。2階では、以前はこんもりたくさん盛ってくれる100円のソフトクリームも楽しませてもらいましたが、それも2年ほど前になくなり、セルフ式の簡易型のソフトクリームマシンになっていまい味気なくなり、かつ価格も高くなりました。ちょうど同じような時期から、1階のバイキングの自由度やバリエーションも増え、価格が抑えられるようになりました。スープカレーが1種類になったのもこの頃か・・・。最近では、抽出式のコーヒー(¥100)をちゃんと陶器の白いカップ&ソーサーで飲めるようになり、一人でここに来てコーヒーを飲みながら本を読むこともありましたが・・・私のお気に入りの空間が奪われてしまいました。。。こんな風に、いろいろ改変されている辺りからこの食堂に暗雲が立ちこめて来ているのかなぁとは感じつつも、まさか閉鎖になるとは!閉鎖のお知らせには、「施設を大学の要求により返還しなくてはならなくなったため」と書いてありました。次は何になるのでしょうか?なんとも残念です。決まったことはもうどうしようもないのだけど、ここで展開されていたメニューやサービス、他の何処かでの食堂に引き継がれるとうれしいのですが、うどんセルフやスープカレーは難しいだろうなぁ。。。期間限定でなら現れるかも(^^)残された好空間な食堂は創成研のポプラ食堂だけど、かなり遠いので、滅多に利用しないだろうなぁ。工学部食堂もリニューアルされてとってもよくなったのですが、他と違って、しっかりと建物内部にあり、工学部以外の人にはやや利用しにくい感じがあります。Come Backはるにれ食堂!(TT)
[PR]
by vrombir | 2009-10-07 09:50 | 北大Hokkaido univ.

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir