お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

滝野で歩くスキー

f0009457_2285869.jpg
毎日パソコンにかじりついてばかりじゃ身体にも心にも悪い。今週末は仕事が無かったから、こういう機会に自然の中に身を置きたいものです。そうだ、歩くスキーに出かけよう!でも、残念ながらこういう趣味が合う友人は京都に行ってしまったから今は一人で行くしかなくなりました。それでも思い立ったが吉日、滝野すずらん丘陵公園に向けて出発です。昨日の天気予報では曇り時々雪だったけど、幸い快晴。しかも予想以上にとても暖かく、着込んで行ったせいで少しの距離でも結構汗ばみました。アイスクリームをまず食べてから(笑)出発。せせらぎコースの半分、スノーシューコースのカワガラコースを2kmくらいだけ歩きました。せせらぎコースはアップダウンも無く初心者向けで、なおかつ川沿いの気持ちのいいコースなので、もっぱらここばかり行っています。1度中級のエゾリスコースに行ったことがあるのですが、本気モードの人たちがビユンビュン通って行くし、景色もあまり良くなかったので、お散歩の気持ちよさという点では断然こっちのコースがお勧めです。
気温は+3℃。アシリベツの滝はこの時期ならカチンコチンのはずが、シャーシャーと結構な勢いで流れています。そこここに春を感じさせるような風景があり、真冬1月の北海道とは思えませんでした。段々冬が短くなっているのかなぁ。。。帰りはお決まりの正直庵でざるそばを食べて帰りました。
f0009457_2212514.jpg
f0009457_21595752.jpg
f0009457_1022332.jpg
f0009457_2205583.jpg

昨日はマイケルケンナの写真を見に行って、ガーンと衝撃を受けました。かっこう良かった!いい影響は受けまくりたい、と思う今日この頃です。

>>他の写真も見てみる | 1 | 2 | 3 |

*今日の1仏単語

saison (=season(nf))

春: au primtemps
夏: en ete
秋: en automne
冬: en hiver
[PR]
by vrombir | 2010-01-31 22:01 | 札幌SAPPoRo | Comments(4)

チンパンジーの心、人間の心

f0009457_190077.jpg
f0009457_190112.jpg
f0009457_1902350.jpg

霊長類研究で有名な京大の松沢哲郎先生の講演が金曜日にありました。こういう有名な先生の講演を身近に生で聞くことができるなんて、本当に北大生で良かったと思います!テレビなんかでもよく紹介されていた天才チンパンジーの愛ちゃんと歩くんの偉業は、人間の心理との比較と言う意味でもとっても興味深いものでした。何より、先生のお話がとっても上手で、分かりやすくしかもユーモアもあり、すご〜く引き込まれてしまいました!偶然会場で同席した同じ専攻で研究員をやっている知り合いの女性も松沢先生の大ファンで、もう何度も講演に足を運んでいるとのことでした。偉業があるのに偉ぶらず、聴衆の目線に立って分かりやすく説明してくれる先生って、本当に素敵です!
人間って、霊長類ヒト科ヒト属で、そのヒト科にはゴリラ属、チンパンジー属、オランウータン属などがあるそうです。ゴリラやチンパンジーなどはヒト科で我々と同じ分類だったなんて、恥ずかしながら知らなかったです!講演の冒頭ではウォーミングアップとして少しくだけた話題を提供してくださいました。それはヒト科の女性の好みについて。チンパンジーは人間の男性と違って、年増を好むのだそうです。子育て等の経験が豊富であることがモテポイントらしいです。一方、ボノボは老若男女多様なカップルの組み合わせがあるので、年齢は関係なく、とにかくお尻が大きい女性が持てるんだそうです。その他、チンパンジーには「おばあさん」が存在しないのだそうです。なぜなら、女性は生涯現役で、50歳ぐらいで現役引退とともに寿命を全うするので、常にお母さんなのです。 チンパンジーが子供を産むのは5年毎だそうで、5年間1人の子育てをし、手がかからなくなったら次を産むということらしいです。人間は子供が小さく、手がかかるうちでも次々に子供を産むので、祖母や親戚等他の人の子育ての協力が必要になったのかもしれないともおっしゃっていました。また、ニホンザルのパートナーについては、いつも同じではないそうです。先生の言葉を借りれば、ニホンザルのメスにとっては「男と畳は新しい方がいい」ということらしいです。チンパンジーは男性優位社会、ボノボは女性優位社会。う〜む同じヒト科でも種族によっていろいろなんですね。この他にもい〜っぱいおもしろいこと聞けたのですが、ものすごく長いブログになってしまいそうなので、こんなところで。『新しい霊長類学』というブルーバックスから出る本に、今書いたような面白いトピックが質問形式で霊長類に関することを回答しているそうです。買っちゃおうかな。
そして、冒頭で触れた講演のメインテーマについても少し触れておきます。チンパンジーの愛ちゃんは、漢字で書かれた色名を見せるとその色のパッチを選べたり、簡単な足し算ができる賢い女性なのです。お母さんの愛ちゃんが日常、そういう課題をやっているのを息子の歩君は端で見ていました。そして、歩君も4歳の時から、課題をやることになったのですが、たった6ヶ月で画面に登場する9個の数字を順番通りに選べられるようになりました。ビデオで見せてくれたのは、その数字の提示時間がたった0.6秒なのに、ランダムに並んだ数字があった場所を順番通りに触ることができます。人間には感覚記憶(*1)と言うものがありますが、これは意識されないので、このような課題はこなせません。だから、チンパンジー歩君には直感像(*2)があるようです。直感像は一部の人間(幼少期などに)にはあるけれどほとんどの人には無いもので、その代わりに人間には作業記憶(*3)と呼ばれるものが想定できるのかもしれません。松沢先生のお話では、チンパンジーは森の生活の中で、目の前をぱっと通り過ぎた動物が何であるかを知る必要があるが、人間は見たものをコミュニティーに戻って何を見たかを仲間に報告する方が重要になって行ったせいかもしれないということでした。
>>歩くんの実験の様子

そんな講演の面白さに喚起されて、どうしてもチンパンジーに会いたくなり、今日は円山動物園に行ってきました。写真はそのとき撮った写真です。3番目の写真だけヒヒです。

*1感覚記憶:外部からの刺激(視覚的・音響的・音声的)の特徴を抽出して、最大1、2秒程のごく短時間保持される意識されない記憶。
*2直感像:見たものが、それが消えてもまるで目の前にあるかのように鮮明に見える現象。「残像」や空想とは異なり、数時間後や数日後など長期的に原色で正確かつ明りょうに再現される。
*3作業記憶:理解、学習、推論など認知的な課題を遂行する時、情報を一時的に保持して操作するためのシステム。

>> 他の写真も見てみる
| 日本猿 | 爬虫類 | 水の動物 | | シロクマ |

*今日の1仏単語

appeler (=call(vt))代動詞(再帰用法)
-er動詞の活用法
[présent] je m'appele , tu t'appeles, il/elle s'apple ,
nous appelons, vous appelez, ils/elles s'appelent
[passé composé] applé

e.g. Je m'appele Fumiyo.
私はフミヨです。(自己紹介の時に)
[PR]
by vrombir | 2010-01-30 19:51 | 北大Hokkaido univ. | Comments(0)

かっこういいの連鎖

f0009457_12395649.jpg
ここ2,3年あまりバイク乗ってないなぁ。冬だからって訳じゃなくて、春も夏も秋も。。。遊ぶ時間、ちゃんと作らないと!タイムマネジメントだっ!といいながら、やらねばならぬことの作業の息抜きをはじめてから、かれこれ1時間ぐらい経ってしまったのであった。
格好いいブログを見つけて、またそのブログがお勧めしているブログも魅力的だったりして、あれよあれよと。。。でも、格好いいものとか美しいものとか、見てると心の凝りがふっとほぐれる気がするのは私だけだろうか。
さ、また、作業に戻るかな(^^)と思いつつお腹がすいて来たので、お昼ご飯にしよう!

追伸
写真のおもちゃはバルセロナで買ったお気に入りのブリキのバイク。気に入っていたので、いつも目につくところに飾っていたら、日に焼けて色あせてしまった。ま、これも味と思うことにしよう(^^)

*今日の1仏単語
venir (=come (vi.))

[présent] je viens , tu viens, il/elle vient , nous venons, vous venez, ils/elles viennent
[passé composé] venu

e.g. Je viens d'arriver.
今来たところです。
f0009457_12575363.jpg

[PR]
by vrombir | 2010-01-24 12:54 | こだわり系favorite | Comments(0)

マイケル・ケンナ

f0009457_1152881.jpg
(写真はマイケル・ケンナによるもの。: 左:Kussharo Lake Tree, Study 1, Kotan, Hokkaido, Japan. 2002;右: Invitation to Prayer, Mont St. Michel, France. 1994;『宮の森美術館』HPより http://www.miyanomori-art.jp/exhibitions/100116_michaelkenna.html)

先輩のブログに載せられた写真にひどく魅了された私でしたが、その写真はマイケル・ケンナのテイストを参考にしたものだそうです。それでにわかにマイケル・ケンナという写真家に興味を抱いたのですが、先輩から今、運良く写真展が開催されていることを聞きました。絶対行かなくちゃ!宮の森美術館は小さいながらも、いつもいい展示をやってくれるんですよね〜。3/26にはアーティストトークもあるようです。それにかの有名な環境芸術家クリストもなんと北大で講演するるんですね(2/17)!ぜっっっっっぅたい行かなくちゃ!クリストの作品はスケールがでっかくて島を包むとか、海を覆うとか本当に驚かされるものが多いです。マイケルの作品に見るのがシンプルな美に対して、クリストの作品は美と言うよりは鮮烈な斬新さとパワーですかね。


マイケル・ケンナ写真展 風景に刻まれた記憶
MICHAEL KENNA Landscapes and Memory
宮の森美術館
 札幌市中央区宮の森2条11−2−1宮の森ミュージアム・ガーデン内
 TEL : 011-612-3562 / FAX : 011-612-3505
会期 : 2010年1月15日(金)−5月30日(日)
・1期 : 2010年1月15日(金)−3月14日(日)
・2期 : 2010年3月17日(水)−5月30日(日)
開館時間 : 11:00−19:00 
休館日 : 火曜日(3月15日(月)一部展示替えのため休館。5月4日(火)は開館) 
観覧料 : 一般500(400)円 高大生400(300)円 中学生以下無料 ※()内はリピーター割引、10名様以上の団体割引あり

*今日の1仏単語
aller (=go (v.))

[présent] je vais , tu vas, il/elle va , nous allons, vous allez, ils/elles vont
[passé composé] allé

e.g. Vous allez bien?
お元気ですか?
[PR]
by vrombir | 2010-01-22 12:12 | こだわり系favorite | Comments(2)

久々にお菓子を作った 〜バナナブラウニー〜

f0009457_19251414.jpg
f0009457_19252659.jpg
栗原はるみのレシピを見て作ったバナナブラウニー。お菓子作りって体力入りますよね。生地を練る時、男なみの腕力が私にもあればなぁといつも思ってしまいます。ま、そんなことを思いつつもなんとか出来上がったブラウニー、結構おいしかったです。作りながら、その材料を見てなんともカロリーの高いお菓子だとは思っていたのですが、予想通り少量でもずっしり来る食べごたえある感じです。やっぱり普段作らないものを作ってみるのは楽しいですね。
このように、すっかり論文提出後の1週間をのんびり過ごしてしまった私は来週から挽回すべくがんばらねば。休息はこの辺で終わりにします(^^)

*今日の1仏単語
être (=be (v.))

[présent] je suis , tu es, il/elle est , nous sommes, vous êtes, ils/elles sont
[passé composé] été

e.g. Je suis Japonaise. Est-ce que vous êtes Francais?
私は日本人です。あなたはフランス人ですか?
[PR]
by vrombir | 2010-01-17 19:33 | お家でごはんcook | Comments(6)

スペイン料理 Labradora(ラブラドーラ)

先日、そうこのブログでもフランス語を再開しよう!と宣言した日、久しぶりの知人から突然連絡があり、フランス人と食事をすることになったので、良かったら来ませんかと言うこと。もう夕ご飯もほとんど終わりかけていたけれど、フランス語を始めようと意気込んでいた矢先だったので、この際太るのもやむを得ないと?2度目の夕食に出向きました(笑)案の定ほとんどフランス語はほとんどしゃべれなくって、フランス人の男の子とはほとんど日本語で会話しました。そのフランス人の男の子はキタラのオルガニストとして招聘されていて、今日はキタラのスタッフとの打ち合わせも兼ねていたようです。ジローさんというこのフランス青年は非常に好青年で、今度是非演奏も聞きたいです。近いところでは2月6日(土)にキタラでウィンターコンサートがあります(11:30会場、12:00開演)。全席自由で500円!安いですね〜。仕事が入らなかったら行こうと思います。ジローさんのブログも教えてもらっちゃいました。
食事会は声をかけてくれた知人もそんなに親しい人ではないし、他のフランス人の青年を含めた4人のみなさんは初対面の方ばかり。とてもお料理の写真を撮る余裕は無く、とてもおいしくてリーズナブルなお店でしたが、証拠無し。この声をかけてくれた知人の青年は、義理堅くいろいろな面白い集まりが有ると声をかけてくれて、ありがたいです。残念ながら土日の企画が多いので、5年来ぐらいの知り合いですが、今回でまだ2度目くらいの参加ですが、その度におもしろい人たちに出会えます。途中から遅れてちゃんと通訳の方がいらして、ジローさんは打ち合わせをしました。またその通訳の方が、アリアンスのスタッフの方で、私の顔を覚えていてくださいました。フランス!うん、やっぱり続けなきゃ。移住の夢は薄らいでは来ているものの、やはりフランスは自分に縁があるもののような匂いがします。
◆スペイン料理 Labradora
札幌市中央区南2条西7丁目1-5 2・7ビル1,2F
tel. (011)251-7101
17:30〜25:00(L.O. 24:00)
休:日曜、第2月曜


f0009457_1371542.jpg
f0009457_1373255.jpgスペイン料理のお店で出て、解散と言う時に、通訳のHさんとジローさんがすぐ近くのバーに寄るところを「好かったら」と声をかけて頂いたので、厚かましくもついて行ってしまいました。2人の会話はフランス語なのでほとんど分からなかったけど、Hさんの協力で時々会話に加わらせてもらいました。うなぎの寝床様の6畳ぐらいの小さなお店でしたが、とても雰囲気が良かったです。お店の名前は忘れてしまったので、写真だけ。M'sスペースの1F、「たぱす」の隣です。仕上げに強めのお酒を引っかけるにはとてもいいお店です。

*今日の1仏単語
aimer (=like(vt))

[présent] j'aime , tu aimes, il/elle aime , nous aimons, vous aimez, ils/elles aiment
[passé composé] aimé

e.g. Est-ce que tu aiemes le foot?
あなたはサッカーが好きですか?
[PR]
by vrombir | 2010-01-17 13:10 | 味な店restaurant etc. | Comments(4)

アビオンのランチ

f0009457_12104261.jpg
f0009457_1211146.jpg
f0009457_1211167.jpg
先日紹介した記事で友人とお食事した場所は、以前の記事でも紹介したbrasserie AVIONでした。ランチで行くのは初めてだったので、写真載せておきます。なんとこれでたったの1200円!友人が頼んだパスタは私より安いパスタだったので、1000円で収まっています。800円〜のパスタメニューに200円のプラスでサラダ、デザート、コーヒー/紅茶が付きます。サラダと言っても1番上の写真のような素敵な前菜です。しかもおいしいし。街中よりもずっとリーズナブルでおいしく頂けるので、最近はほんと市街地で食事しなくなりました。アビオンはコストパフォーマンスでは"本当に"お勧めのお店です。

前菜は、子羊の唐揚げ、ホウレンソウのキッシュ、マグロのリエット、アボカドのテリーヌ、キャロットのムース、ポテトのミルフィーユ。パスタはベーコンとレンコンのマスタード味のパスタ。デザートはカシスのシャーベットと西京味噌のクレームブリュレ。素材使いも所々に斬新なものがあり、行く度に新鮮な驚きを楽しめます。この日は西京味噌のデザート!甘いのとちょっぴりの塩味って結構癖になりますよね。

*今日の1仏単語
avion (=plane(nm))
l'avion

e.g. Un avion est plus rapide que un train.
飛行機は電車より速い。
[PR]
by vrombir | 2010-01-17 12:17 | 味な店restaurant etc. | Comments(0)

1日1仏単語

f0009457_1165867.jpg
最近、全くフランス語に触れていないと言う怠惰さを反省し、超基礎の復習として1日1単語を開始。また忙しくなると中断してしまうかもしれないけど、中断しても再開することを心がけます。論文で1ヶ月お休みしていたスロトレも3日前から再開しました。身体も頭も磨きたいですもんね。発表や実験の準備、仕事などに追われて、つい趣味の時間が持てなくなりがちですが、時間はがんばらないと作れないもの、仕事、学業、遊び充実した日々を!日々の仕事、学業の足跡も残せるよう13年間使っていたシステム手帳を今年は使わずに、PASEOにあるお気に入りの雑貨屋さんtabasaで買った手帳に換えました。あくせくせずに「ぼちぼち」充実した毎日を過ごしたいものです。
昨日は、半年以上会っていなかった友人と再会しました。彼女は今オーストラリアで看護士の資格を取るために大学に通う準備として、アカデミックイングリッシュを大学付属の語学学校で学んでいますが、セッションを終え次のセッションまでの休みを利用して一時帰国したのです。大学で資格を取った後に大学院にも進学すると聞いて、異国の地で大学入学準備からさらにその上の大学院まで目指すとは!そのパワフルさに刺激を受けました。まだ留学して半年ですが、ゴアの温暖化に関する映画に非常に感銘を受けていた彼女が、それを科学的に批判できるようになっていたり、英語も私が逆に関係代名詞の限定用法などを教えてもらったり、素晴らしい成長ぶりに感激してしまいました。キラキラしている彼女がまぶしい程。彼女はのんびり穏やかな雰囲気なのに、その突き進む力はしっかりと安定していて力強いものがあります。大体同じぐらいの年齢だし、彼女が輝いていると勇気が湧きます。

*今日の1仏単語
avoir (=have(vt))

[présent] j'ai , tu as, il/elle a , nous avons, vous avez, ils/elles ont
[passé composé] eu

英語は日々文献を読まなければならないので、それが積み重ねかな?でも、しゃべりをなんとかしなければなぁ。シャドウイングを取り入れてみようかな?などと思案中です。
写真、携帯で撮ったものなんだけど・・・なんか良くないですね。。。IXYはやっぱりかなり優秀なんだなぁ。
[PR]
by vrombir | 2010-01-15 11:04 | フランス語Francais | Comments(4)

写真はないけど

f0009457_21283912.jpg
f0009457_21285496.jpg
今日のネパール風チキンカレーはかなりおいしかったです!盛りつけがあまり美しくできなかったので、写真を撮らなかったのですが、代わりにパッケージをスキャンしたものを掲載しておきました。フェアトレードの「新鮮なスパイスのネパールカレー・チキンマサラ」とパッケージには書いてあります。姉から以前もらったものです。輸入社はネパリ・バザーロで横浜市にあるみたいで、スーパーなんかでは1度も見かけたことがありません。フェアトレードのお店で買って来てくれたのかもしれませんね。それだけに、スパイスがいくつも入っていて、マサラを自分でミックスする辺りが本格的カレーと言う感じがして、作る段階から結構楽しかったです。でも、作る前にちゃんと説明を読んでいなかったので、材料が一部不足していてートマト2個と書いてあるのに1個しか冷蔵庫になかったーちょっと出来上がりに自信がなかったけど、ほんのちょっぴり(大さじ1/2)トマトケチャップを足したらグッと味が良くなりました。ここらのさじ加減は自分ながら偉いと思います。あと、説明書にない茄子とピーマンも食べる分だけ(少量)、仕上げの5分間で放り込んで、スープカレーチックにしましたが、これもまあまあ。ただ、これによって見栄えは落としてしまったかなぁ。さらに見てくれの悪い目玉焼きも乗せてだめ押しの盛りつけの悪さ、でも味はおいしかったです!まだ残りが少しあるので、明日も楽しみます♪

今、ニュースで「30,40代働き盛りのひきこもり」というのをやっています。人ごとではないかもなぁ、気をつけようっ。
[PR]
by vrombir | 2010-01-13 21:16 | お家でごはんcook | Comments(2)

早くも春の足音?

f0009457_9322876.jpg
f0009457_9324141.jpg
越冬のため室内に入れたベルフラワーが早くもつぼみを付けました。室内だと暖かいので、春が来たかと勘違いしたのかもしれませんね。こういう様を見つけると思わず顔がほころんでしまいます。冬至は12月に既に過ぎ、昼間の時間が最も短くなる時を折り返しているので、今はひたすら春に向っているのですよね。そう思うと4時半ぐらいから暗くなってしまう陰鬱なこの季節も少し心躍らせて過ごせそうです。今はまだ雪が楽しいけど、2月の中旬を過ぎたらもう春が待ち遠しくなっているのでしょうね。
[PR]
by vrombir | 2010-01-12 09:36 | お花flowers | Comments(4)