お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

卒業写真

※期間限定の写真表示でした。お目汚しして失礼しましたm(^^)m

25日は卒業式でした。やはり学位記をもらうと嬉しいものですね。いい年をして袴を着ました。私がお世話になっている写真事務所はNOホテルにも常駐しています。いつも写真の仕事でお世話になっているホテルスタッフの皆さんに衣装の準備、着付けやメイクやらお世話になり、その姿をカリスマ大先輩に撮影して頂きました。さすが、先輩です。どんな不細工な人でも1つは美しい角度があると言います。この写真はそれを実証しているように思います。私のお気に入りの1枚です。きれいな人風に見えて嬉しいです!写真室でこんな風に撮ってもらうことなんか、多分3歳の時以来かな?これからは容貌も崩れる一方ですから、最後に本当に腕の良いカメラマンに撮って頂いて、とっても記念になりました。ホテルスタッフの皆さん、先輩、ありがとうございました。衣装、メイク(ヘアメイクも含む)、着付け、撮影とプロにやって頂いた訳ですが、あらためてその動作や判断の的確さとそのスピードに感心してしまいました。経験によって鍛えられた人の技や精眼力は機械にはなかなかまねできない素晴らしいものですね。
卒業式では、久しぶりに壇上に登り、賞状を受け取るということを行い、なんだか照れくさいような緊張するような懐かしいような不思議な感覚を味わいました。この行為に対して引き出された記憶は小学生の時の卒業式の練習のことだったのですが、1番最近の記憶が呼び起こされるのではなく、これに関する初めての体験が呼び起こされるもんなんだぁ、なんて記憶の不思議も感じました。他の卒業生の中には留学生などもおり、その国の衣装、例えばモンゴル衣装や中国のあでやかな刺繍の有る衣装などをまとって現れる人、ゴスロリなのか魔女ルックなのかコスプレなのか?と思われるような出で立ちの人などほんの一部だけど、個性的なファッションでも楽しませてもらえました。
同じ研究室の4年生や同期の多くはすぐにも旅立つようで、飲み会の途中から次々に手を振りながら、去って行きました。その姿に、3月は別れの季節であることを実感します。ほんの数日後に迎える4月になると、また年度が改まって新しい人たちが入ってくるんですね。私は、一応またまた入学オリエンテーションなるものがあり、参加します。一昨年やったばかりなのにね(^^;何にしろ、改まって新しく始まる春、草花が芽吹き始めるのも手伝って、心がぱーっと明るくなるような浮き浮き感があります。でも、実状は春休みどころかここ数週間は無休の日々が続いており、心身ともにお疲れ気味なのでした。。。
[PR]
by vrombir | 2010-03-27 23:48 | 日記diary | Comments(10)

a present from Thai friend

f0009457_9442547.jpg
f0009457_9444542.jpg
Last week, my friend from Thailand gave me a beautiful present and treated me with lunch at restaurant Elm in Hokudai. She is a staff of Hokudai and always nice to me. I cannot open such graceful wrapping...According to her, this is a miniature of rest for a big dish at dinner. It must be also beautiful as I can see through the wrapping. Maybe, I may use it for a rest of a deserts or fruits dish or rather of an aroma dish.

先週、北大職員の友人に合格祝いと称して、エルムという構内のレストランで、ランチをごちそうになりました。彼女は写真のような素敵なプレゼントもくれました。彼女はことあるごとにこうしてお祝いしてくれたり、励ましてくれたり、本当にいつも良くしてくれています。また、彼女はタイ出身なので、プレゼントもお国柄を感じさせるものを選んでくれたようです。プレゼントは、タイで食事の時、大きな料理皿を乗せる台のミニチュアで、こんな素敵なラッピングで渡してくれました。この優美なラッピングをほどくのは、なんだかもったいなくてなかなか勇気が要ります。。。でも、透けたラピング生地の向こうに微かに見える特徴から、きっと中身も素敵なんだろうなぁなんて、楽しみにはしているんですがね。デザートや果物を載せる器やアロマ用のお皿なんかを乗せる台として使ったら素敵かもしれません♪
[PR]
by vrombir | 2010-03-21 09:57 | 英文English Essay | Comments(4)

It's so hard!

f0009457_21594789.jpg
The English Workshop has started from today. Though I didn't notice the prerequisit condition on the application form, I've found it very high: TOFEL 500 is advised. Actually, I don't know what "is advised" means. I understand only half of the lecture and I just listen to the other students' opinions despite that I'd like to say my opinion but, as you guess, I cannot describe my thoughts in English. I know, I should try and train myself. It lasts until March 24. I don't have any confidence to survive there and I'll see soon whether I can or not =;p

今日からアカデミック英語のワークショップが始まりました。英語のレベル設定が結構高かったのに気付かずに申し込んでしまい、ちょっと後悔しています。講義は半分ぐらいしか分からないし、生徒同士のディスカッションはほとんど馬鹿っぽいことしか言えずに専ら聞き役だし。でも、もう腹を決めてがんばるしかありませんね。さて、24日まで続くこのワークショップ、私はなんとか全うできるでしょうか?日を置かずに分かることですけどね(^^)
[PR]
by vrombir | 2010-03-18 22:10 | 英文English Essay | Comments(6)

St. Patrick's Day, today!

f0009457_8151889.jpg今月12日、ブライアンブルーの本店(桑園)に行って来たのですが、センパトにちなんでビールが安くなっていたり、写真のようにグリーンのビールが出てきました。今日はいよいよセント・パトリック・デイ本番。今日もブライアンブルーの本店では、12日と同じように、ギネスやキルケニーが1パイント 700円、カールスバーグ(グリーン)500円です。ブライアンブルーには行けなさそうだけど、せめてグリーンのもの身につけて、大学に行こうっと。行きがけに札幌駅のオニールの前を通ったら、ここもセンパトイベントとして、今日はず〜っとハッピーアワーらしいです。アイリッシュパブ万歳(^^)
[PR]
by vrombir | 2010-03-17 08:20 | アイルランドIRELAND | Comments(2)

また、わからない

f0009457_22441143.jpg
今年も来ました確定申告。毎年やっているのにまた分からないです。嫌いなことは何度やっても覚えないんですね、悲しいかな。こんなことに何時間かかっているんだろう、私は。。。もう、あきらめてe-taxは辞めよう!月曜日に大混雑の税務署に渋々出向き、税理士さんに教えてもらうことにしましょう。嫌い嫌いと思っていると本当に頭に入らないですね。その傾向、人並み以上に極端かも。なんだって、こんなに事務手続きがダメなんでしょう。はくしょん大魔王みたいにじんましんが出てきそうだから、スイートオレンジのアロマでリフレッシュです。入学手続き書類を書くのでさえも気が重いです。高校から大学受験をする時も、応募書類3回も書き間違えて、その都度応募用紙買い直して、最後には同じ大学受ける違う学科受ける子が、私の学科の分を譲ってくれたこともあったっけなぁ、なんて、昔っからこういうの極端にダメなんですね。よく秘書の仕事を4年もできたもんです。奇跡だったのか、周りがよっぽど理解のあるよい人たちだったのか・・・後者ですね(^^)
[PR]
by vrombir | 2010-03-11 22:35 | 仕事traveiller | Comments(11)

矢沢永吉かぁ。

f0009457_2336128.jpg特にファンではないんですが、なんか引きつけられるものが有る人です。今日、NHK「SONGS」で、若者との対談シーンが再放送されているのを見て、「こんな人だったんだなぁ」「自分をよく分かっている聡明な人だなぁ」と思いました。60歳になればだれもがあんな風に自分を客観視できるようになるんだろうか?矢沢永吉は、人からは行動を起こすのが速いと言われるそうだが、その理由は怖いからだと言っていました。それを聞いて「それ、私も!」と思ってしまいました。私は決して行動が速い訳ではないけれど、行動”力”は有る方だと思うので、その辺を自分向けに曲げて解釈しています。怖いから立ち止まる人、怖いから石橋を叩いて叩いてわたる人と叩き割る人、泣きながらでもいいから突っ走る人。。。だれだってみんなそんなに強くはないですよね。明るく見える人も年がら年中明るい訳じゃないですし。矢沢永吉が、言っていた「誰でも眠れない夜がある」って言葉がそれなんだよなぁと納得して聞いてました。有名人が特別な訳ではないし、自分だけが特別なわけでもない、みんな人間なわけで、その特性は持っているんですよね。油断すると自分だけが暗黒部分を持っていたり、コンプレックスの固まりのように思える時があるけど、そうではないことを思い出さなければならないですね。私は周りからよく「悩みなんて産まれてから持ったこと無いでしょ?!」といわれるタイプで、面倒くさい時は「そうそう、どこでもいつでも眠れるし」と答えます。でも、それが本当だったら私は化け物です(笑)
あと、迷いが無い人間もいない。矢沢永吉もいくつか年齢的なターニングポイントをあげていましたが、普遍的に迷いやすい時期は私もあるような気がします。いろんな年代の人と話すと、最近とみにそんな気がしてきています。社会的または状況的な節目や体力的な節目。この法則をいくらか体験して来て、今は何となくどちらによる影響なのかわかるようになってきました。だから感情の声に耳を傾けるべき時とそうでない時、ちょっとづつ分かって来たような気がします。いや、分かってないのかな?いろんな知識や経験が増えたり、変な三段論法のような壊れかけた理屈に振り回されたりすることも多くなったので、そんな混乱が起きた時には、直感や感情がどう反応しているかを自分なりに観測すれば、次への判断がしやすくなります。それでもダメなら理で理を制すがごとく、1番大切なものは何かを見極めて、それ以外なら勇気を持って選ばないことです。なんて、モノも捨てられない人が言えたものではないことです。そして、結論が出ない時は出す必要がない、つまり、機が熟していないということで、そう言う時は無理に決断を下すべきではないのでしょう。白黒はっきりつけたいなんて感情で、ねじ曲げた理屈に振り回されないようにしなくちゃね。チンパンジーがマイブームだから、混乱したら、チンパンジーの行動などを思い浮かべています。そこには人を、つまり自分を相対化するヒントがあるように思えます。自分に言い聞かせたいことは、自分の非を他人や環境のせいにしないことです。
な〜んて、今日は訳の分からないことをずらずらと書いてしまったけど、矢沢の発言のいくつかが琴線に触れたというのが、今日の趣旨でした。昔はベストテンに出演しないとか「かっこつけ」的なイメージが鼻についたけど、いい年の取り方をした人だなぁと、感心してテレビを見ていました。いい加減(適度)に身の程を知り、熱くなれる何かを持ち、恒に何かを追い求めている人は、どんなに皺が増えてもキラキラするなぁ。やっぱり内面のきらめきが大事だわ!と改めて思いました。かと言ってシェイプアップしなくていいって訳じゃないけど「(^^;

この写真はブログ(http://ameblo.jp/kei090725/entry-10313545675.html)にあったものです。

ライティング勉強中なので「お、堅いライティングで、わざと顔に刻まれた刻印を際立たせているなぁ」なんて思ったりして。新しいこと覚えるとまた違う視点でものが見えてくるのが嬉しいです!
[PR]
by vrombir | 2010-03-11 00:10 | こだわり系favorite | Comments(8)

雪の花

f0009457_1025982.jpg
f0009457_1031683.jpg
これは少し前の3月3日に文系共用棟から経済・法学部棟に抜ける外の渡りの所で撮影しました。丁度おひな祭りの日、こんな真冬に味も素っ気も無い空間に、まさか桜のような花が咲いた?と、よく見ると、いい感じに枯れ枝に雪がちりばめられて、それが陽の光にキラキラしていたのでした。コンデジのせいか、腕のせいか、そのキラキラ感が伝わらない写真になってしまいましたが、感動の備忘録として。友人が、話題の一眼デジのPEN Liteを買ったのを聞いて、私もお散歩用のお手軽カメラが欲しくなりました。でも、私にしてみるとPENはちょっと高価なので、狙い目はEOS Kissかな。X4が出たから、X3が5万円台で買えます。EOS kissのx3は、画質については50Dと、x4は7Dと同等です。軽量化している分、堅牢性は望めませんが。この画質なら仕事にも使えるので、修理中の代替機にもなり、営業的に筋の通った出費になるかなぁ。レンズももちろん揃っているし。修理中の代替機になるという意義はとてもでかい!ので5万円ならなんとかなるだろう!か?。。。その前に16-35mm f2.8Lの純正レンズの方が先だろうか。。。あ、その前に授業料払わないといけないのか。。。何かと浮き浮きする春。現実と気持ちとの折り合いが難しいですね(^^;

このあと、大雪が続いたので、今はすっかり真冬の雪景色に逆戻りです。でも、何度か揺り戻しのような大雪や嵐を繰り返しながら、ひとたび毎に春が歩を進めてくるはずです。と、いい聞かせながら、もう飽き飽きしてしまった雪景色をポジティブに眺めています。
[PR]
by vrombir | 2010-03-09 10:13 | 北大Hokkaido univ. | Comments(4)

もうすぐセント・パトリック・デイ

f0009457_1315385.jpg
f0009457_13152258.jpg
f0009457_13153719.jpg
もうすぐセンパト!アイリッシュパブが恋しい季節になりました!昨年も緑のワンピース着て、RINKAさんのライブがあるセント・ジョーンズ・ウッドというパブに一人で行きました。RINKAさんのライブを間近でたくさん見られてそれはそれでとても幸せでした(^^)今年もそんな感じかな?大人になるとなかなか忙しくて都合がつかないものですよね。セント・ジョーンズ・ウッドさんのお店の雰囲気も食べ物もなかなか良いのですが、アイリッシュビールを置いてないのが非常に残念です!!!
そんな訳で、昨年出張に行った時のGALWAYでのパブの様子を撮った写真を引っ張りだしてきました。アイルランドの写真、結局まだアップしていませんでしたものね。そう、この帰国後から多忙時期に入ったからです。超多忙を脱出したので、少しづつ整理しなくては。
1番上の写真は、お客様の男性が連れの女性に手を握りながら、朗々とラブソングを歌い上げているのを、居合わせた人みんなが聞き入っているところです。こんな風にアイリッシュたちには音楽が自然に湧き出るように身近にあるんですよね。特にパブでは素人・玄人という境界線無く、楽器があろうと無かろうと、音楽を楽しみさえすればみんながミュージシャンです。手元にあるスプーンやフォークだって、手拍子だって足拍子だって、音になるものならなんでもOKなんです。抑圧され楽器が取り上げられてもなお音楽を愛し続けたという悲しい歴史も覗きますが、今もこうしてアイリッシュミュージックが世界中で愛されているのもこの気取りの無さと親しみやすさからなんでしょうね。

さて、センパト情報を調べてみると、アイリッシュ・ネットワーク・ジャパンというサイトを見つけました。ここにセンパトのイベント情報も掲載されていたので、ご紹介しましょう。と、思ったら昨年のだったみたいです。という訳で、Brian Brewのブログからイベントを抜粋すると。

■ブライアンブルー桑園本店
3月12日(金)17:00から閉店まで
樽詰ギネス、キルケニーを700円
樽生カールスバーグを500円

■ブライアンブルー南三条店
3月13日(土)16:00から閉店まで
樽詰ギネス、キルケニーを600円
樽生カールスバーグを500円

今回のドレスコードは、『グリーン』だそうです。センパトには『グリーン』!

南3条店では、『若葉』さんのライブがあるそうですが、私は残念ながらこの方たちのことを知らないのです。知っている方がいたら教えてください。
[PR]
by vrombir | 2010-03-08 13:36 | アイルランドIRELAND | Comments(4)

新しい人生の始め方

f0009457_22353811.jpg

写真は「新しい人生の始め方」映画公式サイトhttp://hajimekata.jp/より


合格祝い、自分にご褒美と言うことで、レディスデイに一人で映画「新しい人生の始め方(Last chance Herbey)」を見に行きました。ほんわかした気分になれる映画が見たかったので、「ズバリ」ツボな選択でした。主役のダスティンホフマンの笑顔がとっても可愛くて、おじさんになっても笑顔が可愛い人って素敵だなぁって思いました。相手役のエマ・トンプソンも少女のような繊細に揺れ動く恋心への戸惑い、すっごくリアルに演じていて、すっかり映画の世界に入り込むことができました。40、50代でも恋の始まりはいつでも初々しい。逆に20、30代よりもより純粋になっているようにも感じたし、実際に、打算とか抜きに、自然に寄り添い合う姿は美しく可愛らしいとも思いました。それに、アイルランド、イギリス方面大好きな私としては、ロンドンの風景も懐かしく、エマトンプソンのブリティッシュアクセントやその友人のアイリッシュアクセントのようななまりも、とっても心地よく、これまた心を温める効果抜群でした。うん、よかった!ミドルの皆さんにはお勧めの映画です。日曜日もまた1000円の時間帯を狙って「ニューヨーク・アイラブユー」を見に行こうかと思案中。寒い日々が続くので、心だけでも暖まろうっと。私の好きな岩井俊二もこの映画で監督やっています。
[PR]
by vrombir | 2010-03-05 22:45 | 映画cinema | Comments(2)

合格

f0009457_22193066.jpg
なんとか博士後期課程入学試験、合格しました。ホッとした〜。さ、これからもへこたれないようにガンバロウッと!(^^)!
[PR]
by vrombir | 2010-03-04 22:17 | 北大Hokkaido univ. | Comments(10)