お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

麺の ひな詩

f0009457_95117.jpg
カメラマンの先輩夫婦イチオシのラーメン屋さん「ひな詩」にやっと行ってきました!これは本当においしい!大人のラーメンです。この日頂いたのは清湯(ちんたん)醤油です。写真では見えませんが、チャーシュウの下に半熟の味玉が丸々1個あります。スープのだしが絶品で、全てにおいて丁寧に作られているなぁと感心してしまいます。だし汁だけではなく、ジューシーで柔らかなのにしっかりとした形と食感を残したチャーシュウ、断面が正方形の程よい塩味と瑞々しさというかシャキシャキ感を残したシナチク、頃合いの好い半熟卵など、本当に1つ1つの完成度が高いです。スープは、「白湯(ぱいたん)」のこっさりと「清湯(ちんたん)」のすっきりあっさりのどちらかを選べて、値段はどちらも同じです。私の頂いた醤油味は650円です。昼、夜限定各10食の「とりめん」を今度は是非食してみたいです!あ、こっさりスープも試したいので、近々に最低2回は行かなくては!ラーメンは太るから、運動で調整しなければいけないかなぁ。

■麺の ひな詩
札幌市中央区北3条東3丁目 酒井ビル1F(地下鉄東西線バスセンター前駅から 540m)
tel.(011)207-4848
営業時間: 11:00 〜 15:00 、17:00 〜 21:00 ; 定休日:土曜日
>>食べログの記事
[PR]
by vrombir | 2010-06-30 10:10 | 味な店restaurant etc. | Comments(2)

頂き物生活

f0009457_21432778.jpg
写真左が釣り好きなカメラマンの同僚様でHPのお手伝いもさせていただいている方から頂いたふのり、右が、カメラマンの大先輩夫婦が四国に行ったときのお土産のマルキン醤油(正確には小豆島のもの)。
ふのりはお味噌汁にしていただきました。「量が増えるから気をつけてね」と言われていたのに、何倍に増えるのか忘れてしまい、若干予想より増え過ぎてしまいました(汗)ふのりは障子貼りに使うのりの原料として用いられており、限定された地域でしか食さないという話も聞いたことがありますが、本当なんでしょうか?私は普通に小さいときからみそ汁に入れていただいていましたし、スーパーでもよく売っているのを見かけます。北日本だけかもしくは東日本だけなのか、限定された地域でのみ食用なの?ともあれ、知り合いが直接穫ったものだと思うとなんだかありがたくおいしく頂けます!
晩のおかずはソイのお刺身だったのですが、四国土産のお醤油の封を切って頂きました。生でお箸の先につけて少しなめると、濃い口なだけあって、調味料等の風味が凝縮されたような甘み味が若干感じられます。原材料を見るとなるほどみりんや砂糖などの表示がありました。さらにサイトの説明を見ると小豆島原産の小麦と塩が決め手の芳醇な香りと味わいが島醤油の特徴だと書いてありました。お刺身につけていただくと、素材とよく絡まって、後味が普通のお醤油より柔らかく、後味にふんわり心地よい甘みが残ります。面白い感覚です。
ちなみにご飯はこれまた頂いた雑穀米を混ぜて炊いたものを食し、なんだか、今日の夕ご飯は貰い物三昧でした。幸せ〜♪皆様、ありがとうございました!そして、ごちそうさまでした! m(__)m

しかし、今日は蒸し暑いですね。。。まだ、汗が引きません(><)
[PR]
by vrombir | 2010-06-28 22:03 | お家でごはんcook | Comments(2)

うれしかったこと

f0009457_19373171.jpg
f0009457_19374147.jpg
日曜日にいつものように婚礼披露宴のスナップ撮影の仕事をしていたら、参列のお客様からお声をかけていただきました。その方は、2年前に私が撮影を担当させていただいた方のようで、そうやって見ると、確かに顔に見覚えがありました。残念ながら名前までは覚えていませんが。そして、お声をかけてくださったばかりではなく、写真がどれも素敵なものばかりだったと美しい笑みを浮かべながら感謝の言葉を言ってくださったのでした。お礼を言われたこちらの方が感激して胸がドキドキしてしまいました。普段撮影していても、お客様が本当に満足してくださったかどうかはほとんど知ることができません。たまたま今回こうして直接フィードバックをもらえたこと本当に光栄でした。抱きしめたい程でしたがさすがにそれはしませんでした(^^:いつも真摯に仕事に向き合っていれば報われることもあるのですね!
撮影終了後、江別のスタジオに旅行のお土産と撮影データを届けた後、地平線には大きな夕日が沈もうとしていました。とっさにリアのハッチバックを開けて、カメラバッグからEOSを取り出して撮影。江別は札幌からすぐのベッドタウンだけど、北海道らしい牧歌的な風景が拝める”地味”にいいところです。札幌の外れに住むぐらいなら江別に住む方がいいかかもしれません。市の運動施設も札幌よりうんと安く、使用予約する手続きも簡単みたいです。
ともあれ、素敵な1日は何とも美しい夕日に彩られて暮れて行くのでした♪

追伸
魚が4匹増えました(^^)vあれ?お腹が大きい。卵抱えてるのかな?それとも便秘?
f0009457_74018.jpg

[PR]
by vrombir | 2010-06-27 19:36 | 日記diary | Comments(6)

花束をありがとう

f0009457_1465379.jpg
f0009457_15443918.jpg
f0009457_15445240.jpg
バラの花束が届きました!バラの花束というと情熱的なイメージがあるけど、頂いたのは可愛らしくてさりげない可憐さが漂う上品な感じです。とてもうれしくて、早速飾りました。いつも本当にどうもありがとうございます。

感謝の気持ちを込めて、いきものがかりの「ありがとう」を贈ります>>
「げげげの女房」の大ファンなもんで(^^;
歌詞もちゃんと見るととっても素敵です!(TT)
[PR]
by vrombir | 2010-06-26 14:16 | お花flowers | Comments(4)

愛魚(まなざかな)

f0009457_1483348.jpg
f0009457_13512979.jpg
龍々(リュウリュウ)が来てからかれこれ3ヶ月かぁ。色が同じだから、時々「マーリー」と呼びそうになります。ごめんね、リュウリュウ。ここまでのところは元気よく病気無く過ごしております。飼い主も少しづつ学習しているようです。ブログで見ると大きな魚のようだけど、とても小さな魚なのです。元気いっぱいのリュウリュウを見ていると本当に癒されます。1日の始めは朝ご飯のキスの挨拶から。って書くと魚とキスか?気持ちわりい〜って、感じですよね。ベタは攻撃性の強い魚なので、餌を持った指を水面に近づけると水面から飛び出て、指をつつくのです。それを面白がって「朝のキス」と呼んでいるのです(^^)それをやったら餌をあげるのですが、時間の無い日はただ、餌をパラッと入れて終わりですが。石巻貝が食欲旺盛に水槽に貼り付いて藻を食べている姿もまた「生きてる!」ってエネルギー伝わって来て愛おしいです。こんな顔の無い生き物を可愛いと思うなんて不思議です。エビは1匹になってからやや動きが少なくなったような。でも、相変わらず食事の姿は可愛らしいです。コリドラスもおどおどとユーモラスに暮らしています。
久しぶりに土日とも仕事がない週末は、仕事が無いと知った時には、ちょっとクヨクヨしてしまったけど、すぐに気分を切り換えて楽しく過ごしています!特に今日は、朝一番にスーパーに行ったら、いつもとは見違える程の活気があり、日曜日ってこんなんなんだぁって、なんか新しいスーパーに来たような新鮮な感動を覚えました。お買い得品もいっぱいあったけど、今日は旅行前なので買いません!スーパーから家に戻ってからは、お友達にプレゼン用のお菓子を焼いて、久しぶりにDVDも借りて来ちゃいました。なんか、お休みって楽しい〜。たまにはこういう時があってもいいんだよね(^^)v
[PR]
by vrombir | 2010-06-20 14:05 | 家の相棒mon copins | Comments(0)

バイクは人生。。。か?!

f0009457_9552754.jpg
私の1番最初のバイクはBandit250('91)の中古(半年落ち)でした。知り合いのつてで購入したので、程度の良さの割にはお安く手に入れることができました。低速が無くてちょっと初心者には骨の折れるところもありましたが、夜練したり、警察が開催している交通安全指導教室(短制動やスラローム、8の字など練習でき、技術指導を受けられる)に通ったりで、なんとか乗れるようになりました。26歳の遅いバイクデビュー。その後、HONDAのオフロードごっこの参加で、にわかにオフロード熱を帯びているところに、またまた知り合いが、車庫で眠っている緑色のセローを修理して、それにかかる部品代のみで、譲ってくれると言い、2台目を購入。セルのないキックのみのオイル漏れするバイクだったけど、凄く気に入っていました。相性が合う!と思ったので、このセローとは初めて、憧れの土地九州へとソロロングツーリングへと出かけました。2ストでもないのにエンジンオイルを携えてね(^^)たくさん走れるようにカロリーメイトを詰め込んでーこれは自分への燃料。フェリーを降りる時、キックしてもなかなかエンジンがかからず、走り出す前から汗だくになったりしたこともいい思い出です。フェリーを降り、宮崎の地に降りた時には嬉しさと感動で、バイクのシートの上に立ち上がって小躍りしたい気分でしたが、グッと我慢して、メットの中で満面の笑みを浮かべて、景色を横目で見ながら、その空気を思い切り吸いながら、喜びをかみしめました。バイクはすぐには思い通りにならないから楽しいです。すぐに思い通りになるものは楽かもしれないけれど、なんの思い入れも湧かないです。一筋縄では行かないから奥が深いし、相手(セロー)を理解しながら自分との兼ね合いを調整して行くことが楽しいのです。そうしながら自分のポテンシャルを自然に引き出してもらっている気がします。そんなお気に入りのキックのセロー君は天津小湊のコースを走りに行った時に、エンジンオイルを足し忘れて、帰り道、練馬辺りでエンジンを焼き付かせて、帰らぬ”バイク”になってしまいました。ほんのちょっとの油断で、失ってしまうのですね。たった1年の付き合いでさよならなんて、すごく自分を悔やんだけど、このセローが広げてくれた私の世界はとても大きな1歩で、短い時間でも意義深いものだったと思います。オフロードに傾倒した私は、今の赤いセロー('97)を12月に新車で購入。しばらくは緑色のセローのフィーリングを忘れられずにいたけれど、すぐに赤いセローと仲良くなり、次の年には四国へ、その次の年には山陰・山陽へと繰り出し、オフロードは小湊、富士山、渡良瀬ラリーと新車から誘われるがままに赴き、ガンガンこかして、みるみる年季の入ったバイクに(笑)。
ここまではただ単に私のバイク歴を綴っただけでしたが、最近ふと思うのは、バイクは、人生に似ているのかな?ということです。コーナーは、「曲がれないかも?」と思うと、やはり膨らんでしまい、「そこにぶつかったら嫌だなぁ」「その溝に落ちたら嫌だなぁ」とそこを見つめてしまうと、そっちに行ってしまいます。難関も悪いイメージしか浮かばないときは、クリアできないし、いいイメージが具体的に浮かべば、クリアできる、もしくは惜しいところまでは行けるのです。楽しい走りをするのは自分次第。運転者としてはそれは当たり前のことなんだけど、ここで言いたいのは単なる技術的側面というよりは、メンタルなイメージの重要性。どれだけ自分の弱さをコントロールして、いいイメージ(問題をクリアできる)を作り上げるかが重要な気がします。「生きて行く」こともそうなのかなぁ、と最近思います。物事は恒に表裏一体で、だれだって、変化の局面を迎えれば怖いし、心配だし、逃げたくなります。私の場合、怖くなって逃げることもしばしばありますが(笑)。この恐怖心は、カーブで膨らんだ時、コーナーの外側を見ていることと同じ。見なければ行けないのはコーナーを抜ける先の少し先の地点なんですよね。力が入るべきなのは肩ではなく、ニーグリップに関わる部分。肩に力が入れば入る程、コントロールは不可能。肩の力を抜いて、力点をどこに置くか冷静に捉え、(コーナーを抜ける)少し先の地点をみつめて、スムーズにクリアしている自分をイメージして。それが必要なこと。オフロードという道無き道を走破できる、ゆっくり、コツコツ、気楽に、軽快に、マイペースに走るというセローが持つトレールのスタイルが丁度私にフィットしているんだろうなぁ。不器用でかっこ悪いライダーだけど、ポコポコとどこでも走って行きます。
[PR]
by vrombir | 2010-06-19 10:35 | 日記diary | Comments(4)

豆乳カルボナーラ(塩豚)と豆乳山わさびカレー風

f0009457_7531585.jpg

■豆乳カルボナーラ
また、適当に冷蔵庫のあまりで作りました。
最近、2番目の姉から教えてもらった塩豚を活用して。塩豚は即席ベーコン(薫製ではないけれど)のような感じで、日持ちもするし、お料理に活用しやすいです。豚バラブロックにまんべんなく塩をふりかけて、ラップして、1日冷蔵庫に置くだけ。お肉にまんべんなく、塩味が行き渡っておいしくなります。あとは、ブロックからお料理に合わせてて適宜肉を切り出して使います。
ここでも、塩豚大活躍!これのお陰で大分旨味が引き出されました。カロリー控えめに、生クリームの代わりに豆乳を使用しています。具材もカブだったり、アスパラだったり、かなり変わっているけど、意外においしかったので備忘録として掲載。頂く時には粉チーズをふりかけてどうぞ。

f0009457_803035.jpg

■豆乳山わさび丼カレー風味
これも適当に作ったら意外とおいしかったので、備忘録として。山わさび消費の苦肉の策でしたが(笑)
これも冷蔵庫の残り物処分パターンなので、野菜の種類がたっくさん!豆乳に若干のカレー粉を混ぜて、味付けは味噌でほんのりと。最近、豆乳料理のときは味噌で塩味を出すのが気に入っています。単なる塩よりもコクを出せます。にんべんのだしの素とみりんも少し入っています。仕上げに山わさびを入れると、ほんのり甘みがまして、いい感じです。台風カレーを思わせるような不思議な丼ものになりました。お肉はここでは普通の豚ももスライスですが、鶏肉でも合いそうです。ここにもカブ登場。カブは結構いい味出しますよ!
[PR]
by vrombir | 2010-06-17 19:50 | お家でごはんcook | Comments(0)

曜日占い

最近サーカディアン(体内時計)がめちゃくちゃです(><)。風邪をひいてから、薬の影響だったり、夜中に咳き込んでしまい変な時間に目覚めてしまったためか、すっかり狂ってしまったようです。風邪をひいてからかれこれ一ヶ月経ちますが、まだ、咳だけ治らないんですよね。。。へんな病気だったりして(笑)。昨晩は11時半頃寝てしまい、今朝は3時半に起きてしまいました。前日はいろいろ作業をやっているうちに寝るのが2時半になってしまい、7時半頃起きる等。。。どうなっちゃってるんだろうなぁ。。。夜寝る時間が短くなってる分、家で作業するような日は、昼間、特に食後少し経ったぐらいに、PCの前で船をこいでいることも=;p昼寝って、ほんの少しの時間でもとってもすっきりしますよね!今日も早起きしてしまい、またごちゃごちゃ作業をしています。早起きもいいもんですよね〜♪このままの生活リズムなら、私、漁師さんとか農家さんとかでもやっていけるかも知れません(^^;
人間は単層性睡眠と言って、睡眠を1日の内1度にまとめて取りますが、他の動物は全て多層性睡眠と言って小分けに1日に幾度も睡眠を取ります。人間は単層性睡眠を獲得できたのは、家屋等を持ち、外敵や天候の変化から身を守る安全を確保し眠ることができるようになったことによるものと理解されています。私は今、その人間以外の動物の睡眠の仕方である多層性睡眠になっているようで、ワンコとかニャンコみたいです(笑)
最近記事にしたmixiアプリの誕生曜日占いの関連で曜日占いも見てみたのですが、なんか当たってる気がしました。私は木曜日生まれの異次元人だったのですが、適職に「カメラマン」と「科学者」が載っていたので、なんか嬉しくなってしまいました☆興味の有る人はやってみてください。本当は認知心理学に携わっている人が、占いを「当たる」なんて言ってしまうのは、おかしなことなんですけど、ただのエンターテイニングということで、そこは硬いことを言わずにお許しくださいませ。あ、そういえば、今年は1965年生まれの人にとっては、自分が産まれた日と曜日が一致しているんですよ。

■七曜占星術
http://www.iza.ne.jp/uranai/index.html

あ、今気付きましたが、最近、まったく「1日1仏単語」まったくやっていないですね。私いつから止めちゃったんだろう?まったく我ながら3日坊主で嫌になります「(__;
[PR]
by vrombir | 2010-06-17 05:44 | こだわり系favorite | Comments(3)

Café Terraza SALU SALLUZA

f0009457_1446026.jpg
水曜日の打ち合わせで利用した喫茶店がとても素敵だったのでご紹介します。いつもこのお仕事で利用しているお店がお休みだったので、急遽ここに変更になったのですが、私としては初めて来るこのお店にちょっと感激。雰囲気がいいし、食べ物もおいしかったんです。これからの季節はウッドデッキでのお茶の一時も良さそうです。私が頼んだのはおかず系のクレープ。クレープ生地のほんのりとした甘さと、具材の塩気がいいバランスでした。量的にも上品なので、最近若干小食傾向の私や、普通の女子(笑)にはうれしい量です。男性陣にも丼もの系があるので大丈夫かと。打ち合わせの他のみなさんが食べていたものもバラバラでしたが、みなさんが頂いていたものも、一工夫趣向を凝らしてあり、盛りつけ麗しく、素敵でした。

Café Terraza SALU SALLUZA

札幌市北区北31条西2丁目1-5
tel. (011)758-0363
水〜土 11:00〜22:00, 日・祝 12:00〜20:00
休: 月、火曜日
[PR]
by vrombir | 2010-06-16 21:14 | 味な店restaurant etc. | Comments(0)

山わさび

f0009457_1822393.jpg
f0009457_18222129.jpg

一人暮らしは、1つの材料を買うと、しばらくそればっかり食べなくちゃ行けなくなるのが難点ですね。1袋は多いなぁと思いながらもでき心?で買った山わさびは、まだまだたくさんあります(><)

上の写真は・・・鶏と山わさびパスタ。
冷蔵庫に残っていた三つ葉を使い切りたかったために思いついたもの。結果的には三つ葉よりも水菜の方が合うなぁと思いましたが(苦笑)
1.鶏肉は塩と白こしょうをふりかけて、お皿にラップをかけて電子レンジで加熱、下ごしらえします。
2.三つ葉(又は水菜)をほんの少しだけ、シナッとなる程度に電子レンジで加熱します。
すりおろした山わさび(お好み)と醤油(大さじ5杯ぐらい)、みりん(大さじ2杯ぐらい)、お酒少々を入れてをボールで合わせます。
3.パスタのゆで汁を大さじ3杯ぐらい入れて、1.2.をボールで合わせます。
4.ゆであがったパスタを3に入れて混ぜ合わせて出来上がり。
トッピングに刻み海苔を載せても合いそうですね。
あ、そうだ、これ、酢飯の方がおいしいかもしれないです。

下の写真は・・・大後悔の山わさ丼!
山わさびを入れ過ぎて泣きながら食べました。お腹にももたれたし、次の日もずーっと山わさびの残り香というか余韻が残りました。。。山ごぼうの余韻はごぼうの香りです(笑)でも、味としてはまあまあ。山わさびの入れ過ぎには注意ですね!
1.山わさびを"適量"すりおろして、ご飯に載せます。
2.その上に3mm厚程に切ったアボカドを載せます。
3.醤油(大さじ4杯くらい)とみりん(大さじ2杯くらい)に香りづけにごま油をたらしてたれを作ります。
4.3のたれを上から万遍なくかけて、白ごまをぱらりとかけて出来上がり。

今日は何食べようかなぁ?
[PR]
by vrombir | 2010-06-14 18:22 | お家でごはんcook | Comments(1)