<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

秋の味覚、いくら丼

f0009457_13244531.jpg
f0009457_1334213.jpg
秋は鮭の季節。スーパーにもいくらがたくさん並んでいます。一人暮らしなので、なるべく小さめの腹を選んでしょうゆ漬けにしました。いくらのしょうゆ漬けは大好物!ちょっと浸かり過ぎだったけど、昼間っから贅沢ないくら丼を食べてしまいました。なんだか今日のいくらは母の味付けにとても近かったなぁと思いました。小さい頃からなじんでいる味に自然と調整してしまうのかもしれませんね。いくらのしょうゆ漬けは醤油、お酒、みりん、お砂糖でつけ汁を作り、5、6時間も浸ければできあがり。簡単でおいしいけど、外食で食べると高いですよね(^^;
[PR]
by vrombir | 2010-09-25 13:28 | お家でごはんcook | Comments(2)
f0009457_1331078.jpg
f0009457_1332836.jpg
以前、ラ・ベルデュールのクッキーを頂いておいしかったという記事を載せましたが、また同じお店のパウンドケーキを頂きました。クッキーがおいしかっただけに、大きな期待を抱いてケーキに臨みました(大げさ)。期待を裏切られず、とってもおいしく頂きました!このお店はお勧めです!送ってくれてありがとう!!!また太るかな?(汗)

f0009457_137625.jpg
レフ板に興味津々のトトでした。時々見せるこの好奇心いっぱいの顔、結構好きなんです。

パティスリー・ラ・ベルデュール
横浜市泉区緑園5-29-20 tel. (045)811-6815
9:30〜20:00 休:毎週月(祝日の場合 翌日)
[PR]
by vrombir | 2010-09-25 13:07 | 味な店restaurant etc. | Comments(0)

さよなら大阪

f0009457_16153157.jpg

あっという間の3日間。トトが待ってるお家に帰ります。雨にも降られなかったし、こっちにいる友人たちにも会え、勿論、学会発表も恙無く終えられ、満足です。
[PR]
by vrombir | 2010-09-22 16:15 | 旅して?travel | Comments(2)

大阪 初日

f0009457_21484646.jpg

昨日から学会で大阪に来ています。5、6年ぶりに、神戸に住む友人にも会うことができ、うれしかったです(^^)
[PR]
by vrombir | 2010-09-21 06:28 | 旅して?travel | Comments(2)

猫って面白いなぁ

f0009457_1475313.jpg
トト殿の肖像です。光の具合で化け猫チックな肖像は、空き家になった大きな古いお屋敷に、蜘蛛の巣がかかった額縁の絵として飾られるのが似合いそうな感じです。トトはいろんな表情を見せてくれ、鳴き方も様々で、毎日笑わせてくれたり、癒されています。
f0009457_1535634.jpg
悪魔のようなトト。
f0009457_1553784.jpg
忍者のように空飛ぶポーズのトト。
f0009457_1585934.jpg
洗面所でドライヤーかけてる私に「遊ぼう」と言ってるトト。
f0009457_26293.jpg
パソコンやってるときは背後に有るプリンターの上で見守るように寝てるトト。
f0009457_291487.jpg
f0009457_2125439.jpg
「この本はお勧めだよと言わんばかりの無防備な寝姿の足で挟まれた本は『大事なことはみーんな猫に教わった』です。友人に教えてもらって、興味を持ちアマゾンで中古本を買いました。谷川俊太郎の訳で、軽妙・シンプルながら、哲学を感じる楽しい絵本です。ほんと、猫から教わること多いです。彼らは今を生きている!から余計な考えが無いんですよね。生きること、生きるために生きてるんです。だから、何もあくせく、キリキリすることなんて無いんじゃない、って教えてくれます。
[PR]
by vrombir | 2010-09-18 02:16 | 家の相棒mon copins | Comments(2)

秋の空

秋の空は昼間も夕方もとてもキレイで、思わず立ち止まり手持ちのコンデジでシャッターを切ることも度々。とりあえず、今週の通学途中の青空がとてもキレイで、モコモコ雲が可愛かった写真をアップ。写真サイトなんかではきれいな風景写真も多いけど、こんな普通〜の住宅街ってのもまた味があるかなぁなんて。今まで、8月の終わりから撮った秋を感じる写真も後から付け足す予定です。完璧にしようとすると全然更新できなくなっている昨今。不完全ながら1枚からのスタート。時間の使い方がへたくそな今日この頃です。。。
f0009457_23113377.jpg

[PR]
by vrombir | 2010-09-17 23:13 | 日記diary | Comments(0)

物たちの新陳代謝

f0009457_2240946.jpg
盛岡ツーリング後に洗濯したジャックウルフスキンのジャケットは裏のビニールコーティングが劣化して粉状にはがれ落ちて来てしまいました。こうなるともう手の施しようがありません。オフロードバイクに乗り換えたぐらいからほぼず〜っとおつきあいいただいたジャケット。もうかれこれ12、3年のおつきあいでしたが、ついにお別れの時が来ました。新宿の秀山荘(SRC)のB級品コーナーで買いました。買ってすぐに初心者向けのラリーに出て転倒して開けた穴を修繕した跡など、眺めるにつけお名残惜しい。。。でも、数日間、悩みに悩み、あちこち歩き回り入手した新しいジャケットがやって来たので、ここはきっぱり本当にさようならしなければ。新しいジャケットは、モンベルのアウトレットショップで購入しましたが、予算より大幅にオーバー!アウトレットやセールにつきもので、この色で、このデザインで、この機能がついていて、このサイズで、という全ての条件を満たすものではありませんでした。最初に行ったICI石井スポーツのセールではあまりこの手のジャケットが出ていなかったので、当初は友人お勧めの「快速旅団」でライダー用のジャケットを買おうと半ば決めていましたが、最後に念のため秀岳荘にも行ってみることにしました。より専門的な山用品がずらりです!ジャケットのアウトレットやセール品もあるある♪アウトレットコーナーで、いくつか目星を付けましたが、決断できなくて、近所のパタゴニアに向いました。ところがお目当てのアウトレットコーナーは薄野に移転しており、早々に引き上げ研究室へ急ぎました。秀岳荘で目星を付けたものは全てモンベルだったので、研究室の帰りに、念のためファクトリーに有るモンベルのアウトレットショップに行きました。秀岳荘にあったものと少しデザインが違うけど性能は似ていて、サイズも色も選べます。若干、秀岳荘にあったものの方が安かったのですが、ショップのお姉さんのセールストークが上手で、本当は決断を先送りにする予定でしたが、買ってしまったのでした。本当はロイヤルブルーのが欲しかったけどレディースにはなくて、妥協でこの配色を選びました。巨人軍かKTMか?って感じです(笑)。ここからは、買う直前の私の心の声です。「高いけど…今までのジャケットが干支一回りするぐらい着たんだから、これもそうだとすると多少良いものでもいいのかも?それにそうするとこの手のジャケットを買うのは私の人生で最後かもしれない!予算を1万円オーバーしたっていいじゃない。ゴアテックスは私にはオーバースペックかもしれないが、バイクと山登りなどのアウトドア両方に活躍できるならよいではないか。それにゴアテックスの機能は洗濯時に再生できるから長く防水機能を効かせて着るならゴアかなぁ。人間何時死んじゃうか分からないんだから、最後に選ぶアウトドアジャケットくらい、いいもの着たっていいんじゃないかなぁ・・・」と段々人生を意識する大きな言い訳が展開されたのでした。なけなしの財布からの大きな出費。これで欲しい新機種のカメラやLレンズはまた遠のいてしまいました。。。貧乏性の私には心臓に悪い買い物でした。
古いジャケットにトトもお別れしに来ました。
f0009457_2392664.jpg

これも新旧交代。手前が海外旅行の時免税店で買ったレイバンのサングラス。外人の顔型に合っているのか、かけ心地が悪く、自分でいろいろ変形させてたせいか歪んでしまい、先日ゆがみを直そうとしていたら折れちゃっいました。かけ心地の悪さ故にあまりかけることは無かったです。今日行った秀岳荘のセール品のサングラスに交代。これは価格にして1/5以下だけど偏光グラスにUVカットの機能はしっかりあり、価格こそ安いが、かけ心地の良さと使いやすさでは「新」の勝利かな。物は使ってこそ価値があるのですよね。
f0009457_1191948.jpg

[PR]
by vrombir | 2010-09-09 23:11 | 日記diary | Comments(6)

アラスカの恐竜展

f0009457_10484994.jpg
学会発表も間近で、運良く?デザイン系の仕事も途絶えているので、大学へ行って、研究に専心!と思えど、研究室へ向う通り道に理学部の総合博物館があったのでした。そして私は、以前から気になっていた恐竜の看板に吸い寄せられるように、久しぶりにふらりと総合博物館へ行ってしまったのでした。数年前にあったファーブル展は凄く大好きで、昼休み毎に数回通ったものでしたが、恐竜好きの私は今回も1回じゃすまないかな(笑)。今回は時間も無いので、視察程度に。上記の画像は以下の公式ページから引用しました。
詳しくはこちらへ>>http://museum-sv.museum.hokudai.ac.jp/exhibition/kikaku71/
f0009457_10524558.jpg
f0009457_10542211.jpg
展示は3カ所に分かれているので、見逃さないように気をつけて。本物の骨があったり、それを元に起こした実物大のレプリカがあったり、絵があったり、模型があったり、実に楽しいです♪ただ、展示物の劣化を防ぐためか全ての照明が暗く、見づらかったのが残念。。。標本はカタチを見るものなので、暗くてもなんとかなるのですが、絵や写真は色や細部が分かりにくく、本当に残念でした。作品に照度を落として照明を当てるか、間接光を利用するなどして工夫して欲しいものです。総合博物館の企画展示は、企画は良いのだけど、展示方法などが残念なことが時々あります。。。
研究を一段落して研究室から帰宅する時、久しぶりに農場を通ってみました。こんな都心にこんなのどかな風景があるのってすてきですよね。おかげで、自転車の車輪は泥だらけになりましたが(^^;
f0009457_1111862.jpg

[PR]
by vrombir | 2010-09-08 11:01 | 北大Hokkaido univ. | Comments(6)
f0009457_10482274.jpg
食べ終わったパッケージをスキャンしたので、しわしわでごめんなさい。毎日ちびちび食べるのが幸せだったけどとうとう食べ終わっちゃった。。。それほど大好き!これを知ることになったきっかけは、士幌に友人がいる友人が、士幌から送られて来る段ボールいっぱいのこのポテチからお裾分けしてくれたことでした。「これはすごくおいしい!」と友人に言ったら、毎年送られる度に2袋程(プレーンとのり塩)お裾分けしてくれていました。でも、その友人はもう京都。2度とこのおいしいポテチには巡り会えないのかと思っていましたが、この夏、糠平温泉に行く機会があり、再びこのポテチに巡り会うことができました!!!感激の再会です。生産者還元用だけど士幌では買えるんですね。売ってる場所は、ACCOPルピナ(上士幌町字上士幌東3線,tel. 01564-2-2067)、(有)片原商店、道の駅ピア21しほろなどです。私は道の駅で買いました。おそらく期間限定でしか手に入らないと思うのですが、詳細は不明です。ちなみに私が購入したのは8月28日。売っているお店に入荷時期など問い合わせてみるといいですね。ジャガイモの収穫が終わった頃を見計らって買い付けに行くのも楽しみになりそうです。糠平湖へは素敵な温泉に入りに行ったのですが、それは後日。友人がお勧めしていた然別湖の満天の星空は曇り空のため見ることができませんでしたが、とっても素敵な宿だったので、それだけでも気持ちが豊かになりました♪

最近遊び過ぎがたたり、体調を崩しています。今日も朝は天気がよかったので、近場にかるくのんびりツーリングに行こうかと思っていたら、怪しい雲行きになってしまいました。ICIスポーツのセールでも覗いてこようかな(^^)

■道の駅 ピア21しほろ
河東郡士幌町字士幌西2線147番地
tel:(01564)5-3940
休:年末年始(12/31〜1/3)※臨時休館あり
開館時間:9:00〜19:00(4〜10月), 9:00〜18:00(11〜3月)
[PR]
by vrombir | 2010-09-05 11:07 | 旅して?travel | Comments(2)

初病院

f0009457_9351878.jpg昨日初めてトトを病院に連れて行ってみました。我が家へ来てはや2ヶ月、定期検診もかねて。譲り受けた時4kgだった彼も5.4kgに。小食だけどちゃんと成長しているのね。特に健康に問題ないのだけれど、以前にも触れたように、朝鳴きがいまだ続いているのと遊びの要求が多いので、「分離不安」ではないかと病院に連れ込んだ訳です。ネットで調べる限りは治療する術があるようでしたから。写真は遊んでくれアクションの一貫。高いところに登って上から目線で「遊べ!」と私に命じているのです。検診の結果、精神障害と言う程のものではなく、ただの「甘えん坊」(ーー;メインクーンの特に雄はとっても甘えん坊なのだそうです。朝鳴きは、人間のリズムを猫に覚えさせれば解決するはずだから、規則正しい生活を心がけるようやんわりとおすすめされ、私自身の生活改善にもなりそうです。または、夜寝るときはケージに入れるという手段もあるようですが、当面生活リズム改善作戦でやってみて、上手く行かなかったらケージを考えることにします。大声で鳴くのは、風邪から来る中耳炎で耳が聞こえなくなっている可能性があると言うことで、風邪の診察もしてもらったのですが、若干鼻水が出ていたもののそれも大丈夫。メインクーンは呼吸器系が弱いらしく、そのような炎症を起こしやすいのだそうです。なんだかんだやはり来て良かったです。病気ではないと言うことで安心でき、品種独自の特徴なども聞くことができましたし。純粋なメインクーンでは無いせいか体はこれでも小さめだと驚かれました。

■「分離不安症」とは、犬猫に現れる精神障害(おっと、人間にもあるようです)。離乳前に親に引き離されたのが原因で起こるそうです。以下、他サイトからの抜粋を示します。
---
飼い主への依存心が強く留守番できない、できないだけでなく、周囲にはばかる事なく大きな声で鳴き続ける、壁やドアを壊す、本来のトイレ以外のところで排泄する等して飼い主を悩ませる問題を起こすというもの。これは、犬と飼い主との間に過剰な愛着があり、犬が飼い主に精神的に強く依存するため、自立した1人前の精神状態にまで発達できなかったためであると説明されています。
猫ではまだ目が開いていないうちに捨てられる事が多く、このような猫をあわれに思って保護された方が、哺乳から排泄まで、赤ちゃん猫の生存にかかわる全てを面倒みることになります。生命の維持に必要なすべての事柄を無条件に委ねているのですから、赤ちゃん猫にとっては全幅の信頼であり強い依存が生じます。そして、相手が母猫であれば、子猫が大きくなる過程で、他の兄弟との関係から自分と母猫以外の第三者の存在を認識し、最後には母猫から「子別れ」を強要され1人での自立した生活をするようになります。しかし、人間が母猫の代りを努めた場合、この過程がうまくできません。赤ちゃん猫を保護された飼い主さんは、やさしい方ゆえに、むしろ必要以上に猫に関わってしまいがちです。このために、そのような猫は社会的に適応できない猫となってしまい、飼い主さんがいるところでは、ひじょうに甘えん坊であるのにもかかわらず、飼い主さんがいないとパニックに陥りやすく、飼い主さん以外の第三者に対して恐怖心から攻撃的にふるまうようになります(引用:http://www.vets.ne.jp/faq/pc/bunri001.html)。
[PR]
by vrombir | 2010-09-04 09:52 | 家の相棒mon copins | Comments(4)

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir