お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

バラのその後

f0009457_20181521.jpg
f0009457_20185226.jpg
お誕生日に頂いた可愛らしくもゴーシャスなピンクのバラの花束。さすがにくたびれてきました。しおれて来たものを取り除き、残りは丁寧に水切りをして、新しい水に換えた花瓶に差し替えました。そんな作業の最中に、たっくさんの花びらがハラハラと落ちて来てしまいました。きれいな花びらもあるのにもったいない・・・と思ったので、サラダボールに水を張って、浮かべてみました。うん、これは食卓がグンと華やかになって嬉しい気分、しかも花びらも少しだけ長く楽しめるし。他にも、とっても元気が無いのは短く切って、テーブル用の小さな花瓶に移して飾ったり、トイレに飾ったりしました。どの場所も、バラがあるだけでとっても明るい気分になります。上の写真は、とてもバランスのいいきれいなバラがあったので、大勢に埋もれてしまうのはもったいないと、1輪だけ取り出して、玄関の靴箱の上に置きました。バラは何か特別な魅力がありますね。桜とはまた別のベクトルで。もう少しの間、バラに楽しませてもらいましょう♪
[PR]
by vrombir | 2010-11-30 20:18 | お花flowers | Comments(0)

トト、雪初体験

f0009457_19573424.jpg
11/29朝窓を開けるといきなり、真っ白な世界!昨晩からの激しい嵐の音は雪を含んで吹き荒れていたらしい。窓を開けると、ベランダにもうっすらと雪が積もっている。すっかり変貌した外を眺めていると、足下からするりとやや躊躇しつつも、トトが雪に踏み出した。一歩一歩「ムムッ?」という感じで、鼻をクンクンさせて。踏みしめながら前へ進む姿は、非常に愛らしく微笑ましかった、ニャ〜。
今日は冬タイヤを新しくしてから初めて雪道を運転したが、ピタッと「止まる!」。びっくりだ。発進のときも滑らない。これでこそ4駆だよ〜。BLIZAK万歳(^o^)/さすが、北海道・東北装着率No.1なだけある。今までがひどすぎたって話もあるんだが(ーー;

さ、今日は報告書提出するぞ!!!
[PR]
by vrombir | 2010-11-29 20:01 | 家の相棒mon copins | Comments(0)

野菜倶楽部

f0009457_20304210.jpg
f0009457_20305832.jpg
お誕生日の次の日、姉が帯広から札幌に出て来て、お祝いに外食しようと言うことで、3姉妹と甥っ子1人とでお食事しました。姉が選んでくれたお店なのですが、彼女は帯広にいるのに私よりもおいしいお店やら、素敵な雑貨屋さんやら、本当にホットな情報を知っているので、いつも感心します。この「野菜倶楽部」というお店は、すすきので コートドールが元あったところにあります。オーナーシェフは元々は主婦で十数年修行を積んでこのお店を開いたのだそうです。ヘルシーな上、味もよく、見栄えもキレイで、とてもおいしく頂きました。難点は・・・メニューが見づらいことです。驚く程たくさんのメニューに加え、お勧めのページも言葉と写真の組み合わせが今ひとつ分かりにくく、探偵ごっこ気分を味わいました(苦笑)。ただ、店員さんも親切でいろいろお勧めなども聞けるので、助かりました。お店の名前の通り聞いたことのない名前の野菜やフルーツが出て来て、その都度説明を聞くのも楽しみでした。例えば、上の写真の豚肉の土台になっているのは白人参、金美人参と普通のにんじん。下の写真にも金美人参が入っていました。そして、その左側は鮭のタルタルステーキの上に昆布森産のプリプリ牡蛎が乗っています。今でも唾液が出ちゃう(笑)。甥っ子が頼んだアイスクリームの盛り合わせにはザクロ、ドラゴンフルーツ、カーラント、スターフルーツなど、普段中々味わえない果物がつけ合わせてあり、ちょっと味見させてもらっちゃいました。お料理のイチオシは、チーズフォンデュ。チーズにシチリアンルージュというトマトが入っていて、トマトの甘みと酸味のお陰で、爽やかなチーズに仕上がっていてはまります。蒸し野菜の豚しゃぶもバジルソースで頂くところが変わっていておいしかったです。素敵においしいのに価格は結構リーズナブルなので、お勧めです。おねえちゃん、ごちそうさまでした!

野菜倶楽部
札幌市中央区南4条西3丁目 ニュー北星ビル 1F
Tel. 011-251-0090
11:00~15:00(L.O.14:30), 17:00~23:30(L.O.23:00)
ランチ営業、夜10時以降入店可、休:火曜日(日曜営業)
[PR]
by vrombir | 2010-11-26 20:30 | 味な店restaurant etc. | Comments(0)

野田琺瑯

f0009457_21105835.jpg
f0009457_21111125.jpg
野田琺瑯(ほうろう)という老舗琺瑯メーカーのポットとバットを頂きました。赤いポットが特に可愛いですね。これでコーヒーなんか煎れたらおいしいだろうなぁ。プレゼントしてくれた方は野田琺瑯の本を読んで琺瑯を製作するその手間に感動し、デザインを見てみるとこれまたどのデザインも素敵だと感じたそうです。それで野田琺瑯のセットを贈ってくださったそうです。それを聞いて、HPを当たってみましたが、その肝心な製作行程についてはまだサイト建設中で、知ることができませんでしたが、HPのデザインはあまりお金をかけずに(笑)、余分なものをいっさいそぎ落とした凛としたシンプルなデザインで、そのデザインから、伝統とこだわりを感じさせます。製品の写真を映えさせるなら、シンプルなデザインが1番だと改めて実感しました。HPのデザインは今やそのメーカーなりお店なりの顔になりますね。

野田琺瑯
[PR]
by vrombir | 2010-11-25 21:08 | こだわり系favorite | Comments(0)

ピンクのバラの花束

f0009457_2144539.jpg
f0009457_215250.jpg
お誕生日にバラのお花が届きました!ピンク、かわいい〜。トトも興味津々。しばらく家の中が華やぎそうです。ありがとうございます。とっても嬉しいです!
[PR]
by vrombir | 2010-11-25 21:03 | お花flowers | Comments(0)

感動のぎょうざパーティー

f0009457_21272869.jpg
f0009457_21281953.jpg
この日は先輩カメラマン夫妻の家で、餃子パーティーでした。報告書の締め切りも間近でお尻に火がついていたので、ギリギリまで行こうかどうしようか迷っていましたが、あんまり人と話す機会も最近ないし、笑い保証付きのその会、しかものりちん太鼓判のおいしい餃子!早めに帰ると言うことにして行ってきました。餃子もおでんもとってもおいしくて、予想通り笑いもいっぱいで、それだけでも幸せだったのですが、先輩カメラマン夫妻が気を利かせてこ〜んな素敵なサプライズケーキを用意してくれました!しかも、ご本人の手書き文字。「おめでと」が泣けます(笑)。しかも!ろうそくが「5」!「十の位が無いこの配慮、感動!!!」と言っていたら、「○5本もろうそく立てたら、ケーキがロウだらけになって食べられなくなっちゃうよ(笑)」。うん、そりゃそうだ(^^)ともあれ、非常に嬉しかったのです。報告書の詰めできりきりしていただけに、感涙ものでした。加えて、後輩カメラマンの一人がプレゼントをくれました。ボディーローラーセット。これで増々?女磨きます。その子は今回彼女を連れて来ていたのだけど、噂以上に本当にきれいな女の子で、まぶしすぎてまともに顔を見られないぐらいでした。本当に。こういう気の利いたことできるからこんなキレ可愛い女の子が付くんだなぁ、と改めて感心してしまいました。真っ暗な日々の中にぽつんと1日だけ日が射したようでした。
と、すっかり上機嫌になった私は結局12時頃までお邪魔してしまったのでした。だめじゃん。
[PR]
by vrombir | 2010-11-23 21:26 | 日記diary | Comments(2)

士幌の知人から頂いた北海黄金で自家製ポテチ

f0009457_1222335.jpg
ポテチを適当にオーブンで作った。適当にやったから何度も失敗して、材料をムダにしてしまった。。。一応、写真が一番成功に近い状態なので、とりあえず、その状態をメモ。素材がいいのでそこそこおいしいのだけど、まだの要検討だなぁ。

①オーブンを210°に予熱する
②角皿にクッキングペーパーを敷き、そこにスライスした北海こがねを重ならないように並べ、そのスライスされた芋の上にオリーブオイルを1、2滴づつたらす
③余熱が完了したら②の角皿を入れ、12分加熱する
④加熱後速やかに取り出し、塩をふりかけて出来上がり

父母に持って行ったら、母は糖尿病に悪いから食べないとして、父は数枚食べて、「湿気ってて不味い、いらない」と言った。ストレートすぎる・・・。確かに角皿に載せる位置によって熱の通り具合が違って、少しジャガイモ本来のしっとり感が抜けきらないものも混じっていた。ある意味厳しい家庭環境であることを改めて思い知らされた。
[PR]
by vrombir | 2010-11-21 12:07 | お家でごはんcook | Comments(2)

すごいなぁ、風間深志さん

風魔プラス1の創立者の風間深志さん。ご本人もバイク乗りでいろいろな冒険をされて来ている方。オフロードバイク乗り始めの時には、よくバイク用品の物色をしていて、風魔のものも時々目にしていました。その商品はよく機能が考えられていて欲しいなぁと思う反面ちょっと高めで手が出なかったんですが(^^;GARRRやBack Offは当時購読していて、よくこれらの広告やバイク用品の特集時に目にしていました。これらの雑誌は、特にBack Offのファンだったんですが、大分前に廃刊になっちゃいましたね。雑誌の時代は廃れつつありますものね。。。
そんな風間深志さん、大けがをされてからは、冒険から引退されていたとばかり思っていましたが、今日のasahi.comの記事で久々に拝見しました。「冒険家の風間深志さん(60)の南北アメリカ大陸縦断成功」という見出し。まだまだ大活躍中なんですね。しかも、パリダカでの大けがをまた新たな冒険のモチベーションに換えて。生涯現役!あのポジティブな考え方や姿勢は見習いたいです。

>>asahi.comの記事はこちら
[PR]
by vrombir | 2010-11-19 23:51 | こだわり系favorite | Comments(2)

失敗から学ぼう

f0009457_1030291.jpg
まだ、東京に住んでいた頃、近所の小さなエスニック料理店がお気に入りだったんだけど、そこのデザートメニューにあった揚げバナナをふと思い出して、適当にバナナ料理を作ってみたんだけど。。。。不味かった。バナナの中まで火が通っていないのがもっとも大きな敗因。手抜きせずにきちんと作らないとダメだなぁ。戒めに写真だけ載せておくことにしました。それでは、今日も行ってきます!
[PR]
by vrombir | 2010-11-18 10:28 | お家でごはんcook | Comments(2)

百瀬寿展と東北の温泉

f0009457_11323335.jpg
先週、岩手県立美術館で展示されている百瀬寿展を見に行ってきました。百瀬さんは実は札幌生まれで旭川東高出身、北海道教育大学出身と北海道の方だったと展示会に行ってから知りました。日曜美術館のアートシーンで紹介されている作品を見て、「これは見に行かなくては!」と思い、そのインスピレーションに従って行ってきました。期待以上に大満足で、感性を磨くためにもこういうひらめきはいつも大切にして行きたいです。感性を磨くだけでなく今回の作品からは、私の研究にも関わるようなヒントがあり、いろんな視点からインスパイアされて来ました。作品は個々の作品のみならず、展示空間全体としても作品となっているようで(少なくとも私にはそう感じた)、例えば、ソフトトーンの壁のように大きなグラデーション作品2枚の手前に、こじんまりとしてソリッドなシルバーと鮮烈なブルーのオブジェが展示されているバランスもとても面白かったし、大きな空間でも大小さまざまなグラデーション作品がパースペクティブに目に飛び込む様はとてもきれいでした。また、グラスカバーに覆われた作品は、照明の反射で見づらく、当初不満だったのですが、視点を変えると、そのグラデーション作品の中に自分の姿の映り込み、自分があたかも作品の一部に組み込まれたようで面白い気分になりました。シンプルなグラデーション作品なだけに、自分の心の様相がそのグラデーションに反映されているような面白い感じです。大きめの作品のグラデーションは、ネパールのすき紙をカラーの上に貼り重ねられて創られており、自然で面白い風合いのトーンが出来上がっていて素敵でした。それと、心理学研究にも大きなヒントになりそうで気になった作品というのは、スクリーン越しに見える点光源群の柔らかなグラデーションで、スクリーン越しに見える幾多の輪郭がおぼろげな光が時間をかけてゆっくりとグラデーションの様相を変化させて行きます。この光源色の変化は人が知覚できるかできないかギリギリの時間間隔(閾値)で、心理学で言うチェンジブラインドネスとも少し似ているような気もしましたが、よく考えるとやはりそれとはまた少し違っています。また、この作品を見ているとサンハン器官が麻痺するような面白い感覚もあり、点光源がスクリーン越しにボンヤリとして見えることや、閾値ギリギリでの色の変化が、奥行き知覚や運動知覚を狂わせるのかもしれないなぁ、なんて、思いました。こんな風にアートのみならずサイエンスにまで思いをはせられるような刺激的な作品だったのです。
最後にその時に行った青森の古遠部温泉のもみじがキレイだったので、その写真を添えます。友人に連れて行ってもらったこの温泉は素朴で、とてもいいお湯で、入浴料がなんと280円!ここには泊まることもできるらしく、ご飯が美味しい上にてんこ盛りだということで、人気が高いそうです。ただ、洗い場は石けん類が禁止のようだったので、しっかり身体を洗ったり、シャンプーしたい時は別の温泉を訪ねた方がいいかもしれませんね。それと、この日は朝の8時半なのに入ることができ、そんな時間に入浴できるのも嬉しかったです。
また、温泉特集でも記事を立てて、他の温泉についても書きたいです。。。と言って、最近欲求ばかりで何も記事が増えていませんね。。。その他訪ねた温泉は、安比の彩冬(癒し系の素敵な宿で温泉も天然材をつかったくつろぎ感抜群の造り。寝湯で流れる雲と障子に開いた丸窓から眺める林のさざめきと木漏れ日がとても和みました)、ラ・フランス温泉(スーパー銭湯的ですがお湯に美肌効果あり、備え付けのソープ類のラフランスの香りが良い)。夏に行った松川温泉の露天も最高でした!これは別途写真付きで紹介したいです。とまた備忘録の範囲ですが(^^;いつもいい温泉に連れて行ってくれる友人に感謝です!
f0009457_113742.jpg
f0009457_11421646.jpg

[PR]
by vrombir | 2010-11-17 11:51 | 旅して〜travel | Comments(0)