お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

女の子

f0009457_22571079.jpg

2番目の姉の猫。これで姉妹全員猫持ち。今日動物管理センターから引き取って来たキジ猫の女の子。姉妹はみんな購入はしていません。飼えなくなった人から引き取ったり捨て猫を拾ったり、そして動物管理センターから引き取って飼ってます。私の場合、命を売り買いすることに少し抵抗があるといいましょうか・・・同じ命なのに品種などによって値段が違っていたり、少し成長してしまったり、体に難ありで値下げされていたりするのを見るとやるせない気持ちになるのです。鳥や魚にはそんなにシビアに感じないのですが、同じほ乳類だからでしょうかね?それもまたえこひいきと言えばえこひいきなんですがね;;;
この子は病気で痩せています。下手すると命も危険!(゜O゜)!と獣医さんで診断されました。元気そうに見えるのに…。動物管理センターのお兄さんには虫がいるということも告げられています。元気に回復してくれることを祈るばかりです!
元気になったらトトと遊んでね。

しかし、動物管理センタ−は、涙が出ちゃう所ですね。檻の犬たちの訴えるような目、遠吠え、狭いゲージの奥からじっと見つめる猫…人間の身勝手さが身につまされます。
でも、清潔にしてもらっていたし、係員さんも優しくて、本当に動物が好きな人みたいだったから、少し安心しました。そうは言っても、今夜はうなされそうです。

>>札幌市動物管理センター 福移支所 譲渡動物情報 (http://www.city.sapporo.jp/inuneko/syuuyou_doubutsu/syuuyou.html)

あそこで見ていた子たちが気になって、HPにアクセスしたら、やはり子猫は回転が速いんですね。気になってた子たちはもういなくなっていて、見かけなかった子が増えています。大人の猫たちは残っています。大人になってから貰い手をつけるのはやはり大変なんですね。犬も見かけた子のほとんどがリストからいなくなっていて、代わりに違う子が載っていました。こんなに速い速度でいろんな犬や猫が捨てられたり、もらわれて行ったりするなんて知らなかったです。ちなみにそのHPによると猫は過剰供給気味で、平成16年度には2400匹も致死処分になったそうです。おびただしい数です。。。(_人_)
[PR]
by vrombir | 2011-06-22 20:44 | Comments(4)

I was in Germany9 -sweets & bread-

- Bread
f0009457_11592342.jpg
f0009457_11594587.jpg
I've found many kinds of bread in the shop. Most of them were much bigger the Japanese ones and looked harder. I bought pretzel here.
街のパン屋さんではたくさんの種類のパンが売っていました。ほとんどは日本のパンよりも大きくて硬そうでした。わたしはここでプレッツェルを買いました!もちろん美味しかったですよ。表面はツヤッとカリッと中身はややもっちりで塩味が結構効いてました。確かにビールにも合いそうです。

- Sweets
f0009457_125126.jpg
f0009457_1254239.jpg
S took me a nicely old-fashioned cafe to show the traditional atmosphere and to get traditional German sweets. The sweets looked so cute but they were so big! Unfortunately, I couldn't eat all... because much butter cream made me feel full.
Sが良い感じに古びたカフェに連れて行ってくれました。ドイツらしい雰囲気と伝統的なスウィーツを体験させてくれるためにチョイスしてくれました。スウィーツはどれも可愛らしかったんですが、バタークリームが結構ヘビーな上、サイズ自体とっても大きいんです。残念ながら全部食べられませんでした。
古めかしいカフェなだけあって、お客様も店員の方も年配の方ばかりだったのが何とも微笑ましかったです。ウェイトレスさんに「残してしまってごめんなさい、美味しいんだけど・・・」というと「そうね、バタークリームは重たいわよね、仕方ないわ」と笑顔で返してくれました。優しいなぁ〜。
[PR]
by vrombir | 2011-06-20 02:30 | 旅して〜travel | Comments(0)

I was in Germany8 -daily shop-

f0009457_2275128.jpg
f0009457_228960.jpg
We went to shop to grocery store. It was fun for me because I could see many kinds of foods which I didn't know. Even though I know some same kinds of food, they looked slightly different on their sizes or colors. Unfortunately, though I didn't take a picture of wild peach, their shapes, flat and small, were abnormal for me. Since, S told me that people there ate them with skin, I tried them in that way. The taste was similar to Japanese peach but less juicy and harder. Of course, I like it.
スーパーへのショッピングについて行きました。 私にとってはお土産屋さんへ行くよりずっとエキサイティング!知らない食べ物がいっぱいあるし、知ってる食材でも色やサイズが違っていたりして面白いです。写真は撮らなかったのですが、ワイルドピーチというのは、毛のはえ方も色味もしっかり桃なのに小振りで少しつぶれていてなんだか、不格好で可愛らしい感じでした。お味は、日本の桃程汁っぽくはなく、モチッとした食感でした。もちろん私は気に入りました。彼らは皮毎頂くと言うことだったので、私もその流儀で頂きましたが、皮は以外と気にならないんですね。
f0009457_2284487.jpg
This is a shopping system. Shoppers pick up foods with some amount which they need, and put them on the scale. Next, push the button which matches to the food and then the tag of caliculated price is printed out. The shopper put on the tag on the bag filled with the food. I think this system is better in a view of less packaging.
ショッピングの仕方も少し違うんですね。日本だと小分けにパッケージングされて棚に陳列されているけど、ドイツでは、棚にはごそっと盛ってあるだけで、パッケージングは特に無し。好きなだけ袋に取って、測りに載せて、その食材にあったボタンを押すと値段タグシールが出て来て、袋にペタッと貼ります。余分なパッケージを減らすと言う意味ではこちらのシステムの方が良いなぁと思いました。
f0009457_2292162.jpg
ショッピングの最後にパーティのテーブルに飾る予定のハーブポットを受け取りました。このあとお家に戻ってからはラッピング大作戦!(^^)!Sと私との共同作業♪できあがりは右の写真の通り。70個ものラッピングは二人に大きな友情をもたらしたような気がします。達成感は大きなものでむしろ快感に近いものでした。
f0009457_2294938.jpg
最後はパーティー会場のエッセンと言う田舎町のガーデニングショップ。素朴で可愛らしい店内。こんな可愛らしいグッズで庭を飾って人々は暮らしを楽しんでいるんだなぁなんて、微笑ましい気持ちになりました。

英語で書くと時間がかかるので、くじけ気味です。。。すみません。
[PR]
by vrombir | 2011-06-20 01:30 | 旅して〜travel | Comments(0)

I was in Germany7 -breakfast & lunch-

Breakfast1
f0009457_0131417.jpg
Here it is daily breakfast. Cutting fruits with yogurt, sliced coconut and crushed walnut. The kinds of fruit could be changed whichever I like. Sometimes, I put serial and jam as well. It was surprising that sliced coconut is really tasty and suits for this combination. I like this breakfast so much, so I keep similar breakfast still now in Japan =;)
毎日の朝食はカッティングフルーツにヨーグルトとスライスココナッツやクラッシュしたクルミを振り掛けていただきます。時々シリアルやジャムなんかもトッピングしたりしました。フルーツはその日お家にあるもので、自分の好きなものをチョイスして頂きました。しかし、スライスココナッツがこんなにこの組み合わせに合うなんて驚きです。このスタイルの朝食気に入ったので、日本に帰って来てからも続けてます。

Breakfast2 @terrace
f0009457_0413181.jpg
f0009457_0415324.jpg
Added pretzel. It was sunny and S prepare the table, chairs and parasol at the terrace. It was soooooo nice. We had lunch there, too.
いつものランチプラス、プレッツェル。ドイツではこれ食べなくちゃね!お天気がとっても良かったので、Sがテラスにテーブルセットを出してくれて、パラソルも広げてくれました。つり下げ式のパラソルは柄が邪魔にならなくていいですね。ランチもここで食べたんですが、本当に気持ちよかったです。

Lunch @terrace
f0009457_0543747.jpg
f0009457_0545670.jpg
I requested spagel(asparagus in English) with Hollandaise sauce because the guidebook recommends as German food. However, Hollandaise sauce is from France according to my friend's explanation. I believe my friend more than the guidebook =;) F told me that white spagel is German tradditional and green one is from Italy. We enjoyed traditional great white spagel with French Hollandaise sauce. Spegels were wrapped with ham and sauce or butter. I like spagels so much. Hollandaise sauce was tasty though it was a little bit heavy for Japanese or just for me  as I'm liddle aged woman. Anyway, I am fond of German spagels! spagel spagel spagel! Of course, potatos were nice, too.
ガイドブックにドイツ料理のお勧めの1つにスパーゲル(アスパラガス)とオランデーズソースが挙げられていたので、リクエストして作ってもらいました。でも、友人によるとオランデーズソースはフランスから来たものなんだそうです。アスパラも日本だと緑色が一般的だけど、ドイツではホワイトアスパラが伝統的でより一般的なものなのだそうで、グリーンアスパラはイタリアから入って来たもので、比較的新しくトレンディなんだそうです。それはさておき、頂いた伝統的なスパーゲルはとっても立派で、ハムにくるんで、それにオランデーズソースかバターを付けて頂きます。オランデーズソース自体はおいしいのですが、やや日本人の胃には重ためかな?またはただ私だけかな?私も既に中年なんでね;;;とにかく、基本的にアスパラが大好きな私にとっては大満足でした!もちろん、付け合わせのお芋もおいしかったです。

Lunch for working men
f0009457_120769.jpg
f0009457_11201215.jpg
f0009457_1203370.jpgIt is typical German lunch for working men because it's handy and volumy. In the left, there were pices of tasty sausage with curry sauce, actually, the sauce tasted like gravy sauce with curry powder and salty but not so hot. In the right, so much potato flies with mayonnaise. It was good but I couldn't eat up... However, some men went to a cue twice to get another dish. How big their appetite is!
これは典型的な労働者向けランチだそうです。左側が太い美味しいソーセージがカットされたものにカレーソースがかかっているものです。でも、実際にこのカレーソースはデミグラソースみたいな感じで、その上にカレーパウダーが振り掛けてあります。結構塩気が強めなので、まさしく肉体労働の人には携帯性もよくうってつけな感じです。人気店だったようで行列ができていたのですが、何人かはお替わりしているようでした。フライドポテトの量は半端な多く、しかもマヨネーズがかかっていました。さすがの私も完食ならず。それをお替わりするとはスゴい食欲ですね。

One of traditional lunch
f0009457_1344222.jpg
S had this dish. Bloody black sausage with onion were put on the mush potato. She allowed me to take some of it to taste. It was nice. I think I like German food so far. I could live in Germany =;) However, I had pasta there... I felt missing rice or some noodles.
これは伝統的なドイツ料理の1つだそうです。マッシュポテトの上にブラックソーセージとタマネギをソテーしたものが載っています。Sが頼んだものなんですが、少し味見させてくれました。これも美味しかったです。ビールに合いそうです!結構ドイツ料理口に合うので、ドイツで生きて行けるかも!って思います。でも、実際にこのとき私が頼んだのはエビのパスタ。どうしても米や麺類が恋しくなっちゃうんですよね。
[PR]
by vrombir | 2011-06-20 00:42 | 旅して〜travel | Comments(2)

I was in Germany6 -daily supper-

Supper ---
Many kinds of wrüsts (sausages and hams), cheese and bread. They were so delicious. I was totally happy with those.
着いたその日の夕食、というか多分何度かに多様なスタイルでの夕食があったので、スタンダードな夕食スタイルなのかな?でも、ハムやチーズはお客様使用で豪勢にしてくれているような気がします。以前8年前この二人の家に泊まらせてもらった時には、夕食は確かサンドイッチでした。だから、きっとジャーマンスタイルの夕食はパンと何かという感じなのかもしれませんね。
f0009457_23384617.jpg
f0009457_23385953.jpg
f0009457_23391185.jpg
f0009457_23392162.jpg
f0009457_23393297.jpg
F's special captino. It was so tasty!This captino was made coffee beans which was ground just before making coffee and steamed milk with creamy made by special machine. Therefore, the captino looked like authentic one served at coffee shop or restaurant. S also made nice coffee every morning with coffee mill. I enjoyed their coffee everyday somuch. In general, as a guidebook says, coffee is better than tea in Germay. I think so.
最後の写真はFが煎れてくれたカプチーノです。ミルクをフォーク上にする専用マシーンがあって本格的な仕上がりです。コーヒーミルもあるから引き立ての香りがたまらないくらいに芳醇です。Sが煎れてくれる朝のコーヒーももちろんコーヒーミルで挽いてから出してくれるので、毎朝素敵な目覚めとなりました。ガイドブックに夜と概してドイツでは紅茶よりもコーヒーの方が美味しいと書いてありました。外では1度しかコーヒーを飲まなかったけど、それも美味しかったので、きっとガイドブックのコメントは妥当なのかも。でも、紅茶も不味いわけじゃなくて、コーヒーの方がより良いということです。念のため。
f0009457_044742.jpg
It's pear. It was very big and these pieces were really long. I pealed and cut them.
最後に大きな洋梨の写真。私が皮をむいて切った後なので、長〜い断片になっています。これがデザートその2。その1はカプチーノの後ろに写っているチョコレートケーキ。前日はFのお誕生日だったそうで、隣人がプレゼントしてくれたそうです。ご近所付き合いが良いみたいです。パーティーにもご近所の方が来ていました。
[PR]
by vrombir | 2011-06-20 00:01 | 旅して〜travel | Comments(0)

I was in Germany5 -common words-

今日は疲れたので、ちょっと一息。写真選びって結構時間かかるもんで;;;

ドイツ語と日本語に共通な言葉が実はあるって知ってました?

「あ〜そう〜」っていうのドイツ語も同じ意味で同じ音で使うんです。

あと、「ちぃっす」。体育会系の人が挨拶に使うようなことばですが、ドイツでは体育会系と言うことに関係なく誰でも、親しい間柄で、「こんにちは」「またね」つまり「Hello」「See you」のように使うんです。フランス語で言うと「Çava」のような感じでしょうか。あ、ひょっとして日本語のこれに当たるものって「どうも」かな?

次に紹介する言葉は、何かを進められた時にお断りするときの言葉。
日本語:いいえ、結構です
英語:No, thank you.
フランス語:Non, merci.
ドイツ語: Nein, danke.
こんなふうにヨーロッパの言葉は、すべて「いいえ」と「ありがとう」の組み合わせ。言葉を置き換えるだけでできちゃうわけです。だから、ヨーロッパの人って何カ国語も話せるような人が多いんですよね。

ついでに口語でいう「私は違うけど」と言う表現。
英語:not me
ドイツ語:nein ich(1人称は主格なのが英語とは違います)
フランス語は ・・・ non moi かmoi non どっちかな?
いずれにしろ似てると言うことです。音もドイツ語のRとフランス語のRの発音は私にとっては似たような音に聞こえます。ゆっくりじっくり聞くとドイツ語のRの方が、息の速度が速いというか強い感じがしますが、いろいろな言葉や音が連なる文章の中では同じように聞こえます。
私が滞在していたケルンは殊更ベルギーやフランス側に近いサイドなので、南側や東側のドイツ語より柔らかい響きがあるのかもしれません。

ちなみにスキー場の「ゲレンデ」という言葉や登山用語の「ザイル」などはドイツ語由来の物が時々伺われます。その話をドイツの友人にちょっとしたら驚いていました。「ゲレンデ」は「スキーをする所」「遊ぶ場所」という意味以外に「田舎」という意味もあるんだそうです。

f0009457_1014742.jpg

[PR]
by vrombir | 2011-06-17 12:10 | 旅して〜travel | Comments(2)

I was in Germany4 -Arrival2-

f0009457_1284536.jpg
The shop was cute even in the airport.
もう空港の中でのパン屋さんでさえかわいい〜。パンは期待できる!

f0009457_1227368.jpg
f0009457_12271787.jpg
Here, it is AIterminal. "DB" is rail road company like "JR" in Japan. There is no gate to check tickets, some tickets, but all, are checked in the train at random. I wonder if it's easy to get on by free... I bought the tickets on the internet.The round tickets between Frankfurt airport and Cologne Hbf with round discounting costed 93EUR and 5EURO each for the seat reservations though proper price was 128EUR.
これがエアレールターミナルです。「DB」とあるのが日本で言う「JR」。改札口は無く、乗車してから抜き打ちでチケットチェックがあります。無賃乗車が増えないか心配になります。。。私は友人が教えてくれたインターネットでチケットを予約購入しました。今はインターネットがあるから何でも便利ですよね。飛行機のチェックインもできちゃうので、昔に比べ本当に海外旅行が楽になりました。reconfirmで英語話さなくちゃ行けないのって、すご〜く緊張してましたから;;;チケットは往復割引がきいて128EURのところ93EUR。これに座席指定の料金(5EUR/片道)を加えても103EURだからまだまだ3000円ぐらいお得。私が両替した時の相場は 1EUR=118-119JPY程度。

f0009457_1226303.jpg
f0009457_12264332.jpg
These are ICE, and it's cool, isn't it?
これがICEです。かっこういいですよね。
f0009457_12461638.jpg
The upper sign is at inside of the train and the other one is at the outside. The inside sign was cool.
上の写真が社内での表示、下がICEに乗る時に見る外側の表示。特に車内の表示が格好いい。手ぶれしてて良くない写真だけど;;;

f0009457_12543248.jpg
f0009457_1365340.jpg
f0009457_17161279.jpg
It's Cologne central station. It took about just 1 hour.The famous dome is next to the station. The dome is as huge as I can take a picture only with extremely wide lens.
さて、1時間程でケルンに到着。駅のすぐ隣はあの有名な大聖堂です。本当に大きい!超広角じゃないと入りきれません。
f0009457_137843.jpg

f0009457_139422.jpg
There was a person with a bycicle even in the station. That's Europe!
駅構内でも自転車おしてる人がいるなんてヨーロッパっぽいです。
[PR]
by vrombir | 2011-06-15 12:10 | 旅して〜travel | Comments(2)

I was in Germany3 -Arrival1-

f0009457_1173487.jpg
f0009457_117533.jpg
From the airplane, I could expect the cloudy weather in Frankfurt. The tempreture was almost the same sa Sapporo then.
着陸直前の上空は雲海に所々入道雲?が立ち上がっていました。地上はやはり曇りで、肌寒い感じです。ちょうど出発した時の札幌と同じぐらいで10数度しかないようでした。

f0009457_11343127.jpg
Went to the baggage claim to pick up my luggage. The signs are different from Japanese ones but emergency exit signs are same as Ireland. I guess the sign could be common in Eu.
さて、バッケージクレームに向います。非常口のサインが日本とは微妙に違うんですね。でも、これはアイルランドとは一緒。多分、EUで統一されているのかもしれません。

f0009457_11503440.jpg
Well, I had to go to the station for ICE, where is called AIrail terminal. I just followed signs' direction.On the way to there, I found a bicycle in the show window. It tells bicycles are very common or rather important in Europe. Actually, there was the specialized lane for bicycle in part of pavement in Cologne city.
さて、お次はドイツの新幹線ICEに乗り継ぎます。ひたすらサインを追ってエアレールターミナルへ向います。その途中、ショウウィンドウに入った自転車を発見。ヨーロッパでの自転車のポジションの高さが伺われます。実際に、ケルンの市街地でも自転車専用レーンが歩道の一部にありました。
[PR]
by vrombir | 2011-06-15 11:18 | 旅して〜travel | Comments(0)

I was in Germany2 -Departure-

f0009457_10394882.jpg
f0009457_1054820.jpg
This time, it had been fine and could see the earth all the way to Germany and back to Japan. Maybe, it would be compliment for me from the sky.This photo must show the Japanese alps, probably on the way to Nagoya. At first, I went to Nagoya to get on the international plane. I booked the flights on the internet of the Lufthansa, which offers special price on the 15th anniversary of their website open.Therefore, I could go to Germany in reasonable price even for direct flights.
今回はルフトハンザのHP開設15周年記念のスペシャルプライスで、直行便なのにかなりの低価格(千歳-フランクフルト往復67,000円+空港利用料・燃料サーチャージなど)でドイツに行くことができました。直行便とはいえ、国内での乗り継ぎはあるのですが。往きも帰りもず〜っとお天気!窓に貼り付いて地図と見比べながら、風景をすっかり堪能致しました。写真は名古屋へ向う途中の機内から撮影。おそらく日本アルプスかと思われます。

f0009457_10551991.jpg
Here, it's Chitose airport. There were just a few people because it was very early. I had to drive my car to the airport as there was no train for the airport at such ear morning. The flight left at 7.45 a.m. for Nagoya.
早朝便のため、札幌から新千歳空港に向うJRは無く、初めて空港へ自分の車で行きました。そのことに気付いたのは前日!のりちんに助けてもらって駐車場を予約しました。のりちんありがとう!車で空港へ向うのは結構快適なもんですね。やらないでしまっているけど、やってみるといいことって世の中たくさんあるんでしょうね。私が利用したのはニックウパーキング。最安値ではなかったけど、空港の駐車場を利用するよりはず〜っとお得でした。JRの往復利用料金プラス札幌駅と家の間をタクシー利用したぐらいの料金でOKでした。

f0009457_1181491.jpg
Here, it's Chubu airport.
中部空港に着いて、写真撮りつつ手続きカウンターへ向い、結構ギリギリだったらしく、ルフトハンザのカウンターの方が私が行くなりトランシーバーで「○○様、今お見えになりました!」と連絡していました。ご迷惑おかけしてすみません。

f0009457_11111067.jpg
These pretzels let me expect to reach to Germany. They're cute! I ate them with German beer.
スナックのサービス。ドイツ到着を予期させるプレッツェル!かわいい〜。早速ドイツビールと一緒に頂きます。

f0009457_11132499.jpg
It's meal on the airplane. I chose Chicken with German beer again.
これは機内での食事。チキンを選びました。再びドイツビールとともに(^^)v旅の空に乾杯!
右下の子供の写真のついた紙袋は、募金用の物。今回は東北震災の支援金に回るそうです。わずかですが、協力してきました。降りる時に乗務員に渡すんですが、意外と渡している人少なかったのが残念です(><)
[PR]
by vrombir | 2011-06-14 11:04 | 旅して〜travel | Comments(2)

I was in Germany1 -I respect them and I was inspired-

f0009457_2123642.jpg
f0009457_21232117.jpg
f0009457_21233544.jpg
I went to Germany to attend the "Summer Party" which my German friends held for their 1st anniversary of marriage. They don't want to make it ordinary, therefore, it isn't called anniversary party. They suggested me to stay at their house and I did though I was afraid of bothering them on preparing for the party. They had a lot of things to do and I was willing to help it. In other words, I was delighted to support, and this experience was much more precious than just sight seeing. In spite of being busy, they treated me so kindly and I was so touched with their hospitality. At first, F wore "Hokkaido" Tshirt and S served coffee in the mug with "Sapporo"letters. I really like something small ideas to make happy.
I was staying for a week and could have chats with them, so I was inspired by them. Specially because, they are freelances as well and are more successful than me. Addition to it, their fields are quite similar to mine. Their mind is Independent, creative, flexible and steady for the purpose of their lives. I should rethink the way of my life and have to check what to do now as prioritizing.
Moreover, I've found some common points as human, so to speak, to whichever country we belong, there are common differences between men & women on the way of thinking and behaving. Sometimes, they had discussion about the party. In general, though each had different preference and opinion, the matters in their discussion seemed to be typical differences between men and women all over the world. However, I've found it preferable for me as it's rather different from Japanese way. Both positions are on the equal-basis and discussed openly with logical reasons. As I don't understand German, I don't know the detail but I guess from the atmosphere. Anyway, they are ideal couple, since they have really hot relationship still now as respecting and caring each other even though their relation has lasted for many years.

They are doing great job and I introduce their HPs here:

F>>phographer Frank Steinbsch(http://www.frank-steinbach.de/en/)
S>>creative trainer Susanne Steinbach(http://www.artandmind.de/cms/)

ドイツ人の友人の入籍1年後の報告を兼ねたサマーパティーに行って参りました!数々の困難を乗り越えて?なんとかギリギリになってチケットなど予約してこぎ着けました。脱サラしてフリーランスとなった彼らは、フォトグラファーとクリエイティブトレーナーと何となく自分と近いフィールドで同じようにフリーランスをしているので、その生活の様子や考え方からたくさんのことを学びインスパイアされてきました。というわけで、今年も半分過ぎたところでふんどし絞め直しです!さて、念頭の目標を振り返ってチェックしてみます。

今年の目標は、
・6月にスイスで開催される国際会議に行くこと。----実験が進行せず不達、来年に向けてがんばります!
・そして、その時、なんとか時間を作って、ドイツの友人の結婚パーティーに参加すること。---達成!
・それまでに、英語力を回復・増強すること。---未達。これから毎日15分英語に関わる何かをしよう。
・仕事と健康とトレッキングのために4kg痩せること。---未達。体調回復重視だったので現状維持です。これに関しては目標を下方修正。3kg減で安定させること。突発的には3kg減になるけど、安定させるのが難しい。
・定期的に運動すること。---体調が回復したのでそろそろ始動開始。
・誠意を込めて今の仕事を真摯に続けること。---これはがんばってます。
・愛を育むこと。---トトへの愛、育んでます♪とはいえ、私にもドイツの友人たちのようにベストパートナーができたらなぁなんて思います(^^;
[PR]
by vrombir | 2011-06-07 22:14 | 旅して〜travel | Comments(4)