<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0009457_14221765.jpg
1月30日、私の好きな「Brown Books Cafe」でこれまた好きなRINKAのライブがありました。今回は、古アパートの一室を喫茶室としてアレンジした会場だったので、何処かのお家の居間で聞いているという感じがして、本当に良かったです。良かったって言ってしまうと深みが無いので、どんな風にいいかって言うと・・・。アイリッシュの人たちって、というか私が滞在していたのはアイリッシュ音楽が盛んだった田舎町だったせいか、普通に生活の中で家族でセッションしたり、友人同士でセッションを楽しんでいるようでした。パブでのミュージシャンたちの演奏もそんな感じで、「自分たちで勝手にやってるから、入りたい人はどうぞ」という気構えのない様子で、パブのお客さんたちも、スプーンやら手拍子足拍子、そこにあるもの何でも使って、自由に自分の席についたまま参加します。そんな光景が脳裏のスクリーンにまざまざと蘇って、RINKAの演奏に思わず涙ぐんでしまいました。車で行ったしまったので、残念ながらライブ用の特別メニューのギネスもアイリッシュ珈琲も飲むことができなかったのですが、こんな近くで電気を通さない音で演奏を聞くことができて本当に嬉しかったです。寒い季節は本当にアイルランドが恋しくなります。しかも、お二人に厚かましくも2/2のドリアンさんのライブと姉の個展の案内をしに行ったら、ライブの最後に観客の皆さんに紹介してくださいました!なんて、いい人たちなんでしょう!!!RINKAさん本当にありがとうございました。
帰りにCD「RINKA5」を買わせていただいたのですが、非常に気に入ってしまい、中毒のように2,3日そのCDばかりを繰り返し繰り返し聞いていました。オリジナルの曲は特にやはり日本らしさがあるというかなじみやすいのか、気づくといつの間にか口ずさんでしまっていました。眠っていたティンホイッスルを引っ張りだしてきて旋律を追ってみようと思いましたが、すっかり指使いを忘れてしまって悲しい思いをするはめに。。。「サリーガーデン」を吹いて気持ちを取り戻してからしまいました。頭は覚えていなくても体は覚えているんですね。
RINKAのアルバム「RINKA5」は、牧歌的な優しく柔らかな感じと、ほどよく湿った冷たい空気を感じさせる外とは全く異なる、暖炉を焚いて暖かくなった室内で楽しくダンスするようなライブリーな感じがバランスよく選曲されています。謳うギターと小気味良いステップのようなフィドルのリズムがたまらなくいいです!
[PR]
by vrombir | 2012-01-30 23:21 | こだわり系favorite
姉がひょんなことからドリアン助川さんとお知り合いになり、この度ライブにお招きすることになりました!その時に姉の個展(高橋朝子木彫展)も併催されておりますので、是非、いらしてください。
詳細は以下の通りです。私の連絡先を知ってる方はライブ予約を私に連絡してくれてもOKですよ!もちろん、当日私も行きます♪
(写真はhttp://www.tetsuya-akikawa.com/index2.htmlより引用)
その他のドリアン助川さんの情報:http://www.raku.co.jp/tetsuya/index.htm

木彫家 高橋朝子の情報は以下です。
HPトップ
ブログ(ここに今回のライブと個展のお知らせが出ています)
展示会などのお知らせ

---
f0009457_1259260.jpg「ドリアン助川 
道化師ライブ〜地球を歩いて〜」


【2月2日(木)20:00〜(開場19:30)】
「CAFEらてるね」
札幌市中央区北3条東5丁目岩佐ビル1階
tel. (011)206-9725
http://www.cafelaterne.com/
emai:kitanosanposha@gmail.com
 前売り2500円・当日3000円

★お申込/お問合せ:
「CAFEらてるね」にお電話かメール頂くか
mapletree_asa_wood@yahoo.co.jp までご連絡ください。
    ※メールの用件に必ず「ドリアンライブ」とご記入お願いします。
  (詳細は http://atelier-asa.sakura.ne.jp/durianliveinformation.htm

「叫ぶ詩人の会」解散以降、「明川哲也」名で主に執筆を中心に活動してきた彼が、2人組みユニット「アルルカン洋菓子店」を経て、昨年、ソロのパフォーマー「ドリアン助川」として復活しました。
ソロ活動初の札幌ライブです。

今回の道化師ライブは

「時間と空間を縦横無尽に突破する道化師ドリアン助川(明川哲也)。
詩と歌をつむぎながら、ニューヨークへ、ナポリへ、プノンペンへとあなたを誘います。そして現代の日本へ。原発事故の福島から、草野心平の蛙の詩もよみがえりす」(ドリアンさんの紹介文を引用させていただきました。)
言葉と真摯に向き合ってきた彼にこそ生み出された,他に類を見ない道化師ライブ。時に楽しく、時にちょっと苦く、悲しく、静かに熱く心に響く語りと歌のパフォーマンスにどうぞ浸ってみてください。

外は真っ白で、空気がしーんとした真冬の夜だからこそ
心が躊躇なく引き込まれ、時空を越えた旅に誘われることでしょう。

必見必聴です!!


[ドリアン助川]
作家。道化師。1962年、東京生まれ。早稲田大学文学部東洋哲学科卒業。
1990年、ドリアン助川の名で「叫ぶ詩人の会」を結成。1999年解散。1995〜2000年には、ラジオ深夜番組で中高生からの人生相談への回答が反響をよぶ。
2000〜2002年ニューヨーク滞在。バンドAND SUN SUI CHIEを結成。2005年解散。
明川哲也の名で執筆活動中心に活動。2007・4〜2008・3までレギュラー出演したNHK番組がきっかけでアルルカン(道化)の2人組ユニット「アルルカン洋菓子店」を結成。2011年解散。ソロのアルルカンとして、ドリアン助川の名を復活させ、新たな言葉をめぐるパフォーマンスくりひろげている。
2011年公開「朱花の月」河瀬直美監督(カンヌ映画祭出品)作品に出演、好演。

現在朝日新聞で明川哲也名で「生きるレッスン」欄を交代で執筆担当。
近著「大幸運食堂」PHP研究所・「バカボンのパパと読む「老子」」角川ssc新書・「夕焼けポスト」宝島社
[PR]
by vrombir | 2012-01-22 12:23 | こだわり系favorite

旭山公園さんぽ3〜雪〜

f0009457_1155248.jpg



f0009457_1493354.jpg



f0009457_1494678.jpg



f0009457_150187.jpg


雪に落ちる影は グレーじゃなく、薄紫だと言うこと、かなり大人になってから気づきました。雪に落ちる影を見る度にそのことを思います。思い込みが真実を見えなくしてしまっていることって多いよなぁ。
[PR]
by vrombir | 2012-01-15 01:51 | 札幌SAPPoRo

旭山公園さんぽ2〜樹〜

<白樺>
f0009457_132346.jpg
f0009457_1325034.jpg
f0009457_133657.jpg


<Dancing Trees in the twilight>
f0009457_1343479.jpg

f0009457_1345190.jpg


<フリーズドライ・フラワー>
f0009457_136456.jpg

[PR]
by vrombir | 2012-01-15 01:36 | お花・自然flowers&nature

旭山公園さんぽ

f0009457_1231314.jpg
f0009457_1161437.jpg
f0009457_1162929.jpg
f0009457_1195211.jpg
最後の写真は帰り道。日が暮れるのが早いですね。裸電球がもう点灯しています。
[PR]
by vrombir | 2012-01-15 01:18 | 札幌SAPPoRo

最近日本酒づいてます

f0009457_0452999.jpg
以前にも書いたと思いますが、割と近所に「登久屋 中村商店」という「日本名門酒会」に加盟しているお店があります。数年前、出羽の雪のひやおろしをいただいて、飲みやすい!と味を占めて2本目を買ったのですが、その後は慌ただしく、日本酒のことなど忘れていました。しかし、最近また日本酒が美味しいと感じるようになり、昨年年末ふらりとこの店を訪れ、「五橋」のひやおろし(山口県)を買い、あまりの美味しさにただの晩酌で結構酔っぱらってしまいました;;;
反省してその後は、1日お猪口に2杯までにすることにしました。封を切った直後と日を追う毎の味がまた変わるので、毎日楽しみでした。今日、またお店を訪れ、もう「しぼりたて」が入荷し始めていました。「ひやおろし」、「しぼりたて」と、お酒で季節を感じるなんてちょっと素敵♪
カテゴリーに酒を設けることにしました。おいしいお酒は覚えておきたいのでね。
[PR]
by vrombir | 2012-01-15 00:59 | お家でごはんcook
f0009457_23522263.jpg
f0009457_23524162.jpg
以前これを作ってから相当時間が経っていて、当時はまだオーブンレンジを持っていなくて、トースターで作っていたものでした。初めてオーブンレンジで作ってみると・・・おいしくなかったのです。。。温度かなぁ。悩む。
[PR]
by vrombir | 2012-01-14 23:54 | お家でごはんcook

やっとスクリーン交換

昨年買ったフォーカシングスクリーンをやっと交換しました。急いでシャッターを切る、フレーミングする場合にどうも水平垂直が取れてないことが多く、改善のために方眼スクリーンを買いました。効果はどうでしょうね(笑)
思った通り、メカ苦手だから、説明書の図を見ても何だか良く分かりませんでした。。。がブログで紹介されていたので、それを見ながら交換完了。感謝感謝。私もそのブログの捕捉になればと少し交換の様子を写真に残しました。
[EOS50D、方眼スクリーンEf-D]
f0009457_161189.jpgこんなケースに入ってます。手前のが専用の工具です。これでスクリーン交換を行います。

f0009457_1641487.jpgよく見ると確かにスクリーンには方眼が見えます。

f0009457_1654296.jpgこの←部分に専用工具の爪を差し入れます。

f0009457_1664090.jpgこんな風に上方向にクッと入れるとパカッとふたが開くように下方向に開きます。

f0009457_1682445.jpgf0009457_1611520.jpg写真のようにスクリーンが入っていて、↑部分の突起を専用工具で掴んで、スクリーンを引き出します。これを専用ケースに傷がつかないように立てかけて、新しいスクリーンも工具で同じように突起を掴んで先ほどの場所に挿入します。

f0009457_16112777.jpg最後にEOS本体のメニューで、カメラマークの下に有る「C.FnⅣ:操作・その他」で写真のように「1:Ef-D」を選んでフォーカシングスクリーンに合った露出が取れるように設定して完了。


参考にしたブログ>>
[PR]
by vrombir | 2012-01-09 16:17 | 仕事traveiller

おしるこ

f0009457_1440455.jpg
お汁粉を初めて作ってみました。お休みだから時間のかかる料理ができていいな〜。手作りは優しい味になりますね。一晩寝かせた方がいいらしいから、明日もまた楽しみです。
レシピはCook Padから。今はネットがあるから便利ですね。
[PR]
by vrombir | 2012-01-09 14:42 | お家でごはんcook
f0009457_22353749.jpg
今年の初詣は4日に北海道神宮へ行きました。数年ぶりに「大吉」を引きました!毎年、小吉や末吉など、内容を読むとシュンとなる様なものばかりでした。たかがおみくじされどおみくじと言ったところでしょうか(笑)。おみくじは好いのが出た時はそのままお守りになるらしいので、ひさしぶりに枝や紐に結びつけず持って帰ってきました。新年早々好い出足、勢いに乗って今年もがんばろうっと!

年賀状・・・今年はいつもと違う心持ちで書いたり受け取ったりしたように思います。特に、仙台や福島への年賀状は。向こうからも昨年と同じ住所から届いたのを見てどれほどホッとしたことか。送る時に祈る様な緊張感があっただけにその安堵感は相当なものでした。年賀状って若い頃は面倒くさい一方だったけど、これくらいになると感慨深いものになって来た見たいで、みんなの子供たちの成長を慈しんだり、夫婦で訪れたであろう旅行先の写真から円満さを垣間見たり、毎年同じデザインの年賀状の小さな違いを探したり、たった10cm×14.8cmの中に個性や人生があるのだなぁと改めて感じてしまいました。いつまでもこうしてやり取り続けられたら良いけれど、そうもいかないのだなぁという覚悟も少しづつできるようになって来たようです。大震災は、今の自分の年齢とも相まって、直接被害にあわなかった私にとっても、少なからず心の転機になりました。

さて、7日に見たNHK「日本列島」で紹介された「2mフォトグラファー小堀正一」さん。生まれつきの無虹彩症という病気で2m先までしか見えないそうで、ぼんやりとした色彩やコントラストで、シャッターを切っているのだそうです。そんな背景より何より、番組で紹介された写真が非常に力があるので息をのみました。鍼灸師の仕事の傍らアマチュア写真家として活動している彼の作品は、アマチュアの域を超えた圧倒的な迫力を感じさせます。ディテールにとらわれないことで逆に大局のバランスを手にすることができるのかもしれません。
認知心理学では視角を中心に研究させてもらっているし、もちろん写真の仕事にも関わっているので、非常に関心を持って番組を拝見させてもらいましたたが、感性と情熱がビンビン伝わってきます。脳科学では「脳の可塑性」ということがよく取り上げられますが、まさしく、その言葉が脳裏に浮かびます。人間の能力の可能性の大きさを感じさせます。以前にも盲目の写真家の作品にも触れたことがありましたが、何か欠けてしまった機能を脳は違うカタチで補うようです。人間ってスゴいなぁ。。。

小堀正一さんのギャラリー>>
[PR]
by vrombir | 2012-01-08 22:53 | こだわり系favorite

転がる石に苔むさないふうてんの気まぐれ雑記帳


by vrombir