お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スーパームーン+1日

f0009457_2243234.jpg
ついこの間スーパームーンだったのに、また巡って来たのですね。とはいえ、本当は昨日で、今日はスーパームーン+1日。
2月に一緒に冬ランして、先月の豊平川でもご一緒しているお二方と、今日はアシックスショップのナイトランに一緒に参加しました。共通の何かに興味を持っていると言うだけで、すぐに打ち解けられる物なんですね。と、勝手になついている私でありました(^^;
昨日、出張で札幌を訪れていて夕食を共にした関東の友人もバイクがきっかけで、きづけばもうかれこれ15年近くも経ちます。出会いのきっかけになった富士山も世界遺産になりました!オフロードで走っていたときの富士山はそれはそれは勇壮で、「お前らなんかありんこにもなりゃしねえ」とあざけ笑われているかのようでした。私のバイクは、最近ではほとんどお買い物バイクになりさがってしまっているけど、彼女はバリバリのラリースト!チームの柱というか親方?として老若男女問わず慕われているようです。素敵です!もちろん仕事もがんばっていて、日本中を駆け回っています。私のつたない説明で、自分の研究についてお話ししてもきちんと理解していて、さすがだな〜とその仕事の敏腕ぶりも垣間見ることができました。
さて、ナイトランの話に戻りますが、今回でナイトランに参加するのは2回目でした。前回よりも今回は人数も少なく、ハイペースでした。コーチ(今日は伊藤店長)にペースを作ってもらうと、自分で走るよりも速いペースで走れてしまうのですね。他の皆さんをお待たせしては申し訳ないと言う気持ちも手伝い、息があがっても立ち止まることはできないのだ!と、みなさんに遅れをとりながらもなんとか走りきりました。遅れだしてから、伴走してくれたSさんには感謝感激です。吐息荒く走る私に引き換え爽やかに颯爽と走るSさんの姿がキラキラして見えました☆もっと練習しなきゃなぁ。とはいえ、一人での練習では7分ちょいで走るのに、今日の河原でのラップは5分半〜6分未満だったので、私にしてみれば驚異です!
自分の可能性を超えるには、外の力が必要だったりするのですね。仕事もそういうところがあるように思います。自らを律してハードルを作り超えることの難しさ。人から与えられたハードルの方が高く、その方が超える勇気も出てしまうのだ、ということを改めて実感しました。。。目指せ三浦雄一郎ですかね(笑)
[PR]
by vrombir | 2013-06-24 22:53 | 日記diary | Comments(3)

ガンゲットダイマ

好きなお店で好きな音楽を聴きに行ってきました。ちょうど今、ロベール・ドアノー展のチケット(使用前でも使用後でも)を呈示するとサービスがあります。ア・ラ・ドアノーというオリジナルカクテルを頼むと前菜がサービスで付いて来るのです。このカクテルは、ドアノーが生きた時代の労働者に飲まれていたカクテルを試行錯誤で再現した物だそうです。そんな興味深い前置きも手伝って、このカクテルをオーダーしました。このお店の雰囲気にも合う渋めのカクテルは結構アルコールがしっかり効いていて、さすが労働者向けという感じがよく再現されています。普通について来るお通しのハム?もしっとりと美味しかったですが、サービスで出て来た前菜のキッシュが非常に美味しかったです!
と、素敵な飲み食いのセッティングの前で、好きなアーティストが演奏するのをかぶりつきの席で見ていました。なんという幸せな時間♪なかなか気軽に誘える友人がいないので、最近なんでも一人で行動している気がしますが、そういうシチュエーションも段々慣れてきましたね(笑)
前日はアイリッシュミュージックのワークショップがあったのですが、残念ながら仕事の都合で行けませんでした。その雪辱もあって、是非RINKAのライブには来たかったのです。あんまり難しいこと考えないで単純なリズムに乗れるミュージックは心地よくリラックスできます。RINKAの音楽はどんどんやさしく深みの有る響きになっている様な気がします。それとも私がその響きの妙に気づいていなかっただけかもしれませんが(汗)この日購入した6番目のアルバムも好きです。RINKAのオリジナル曲もすごくいいので、多くの人に知ってもらいたいです。みさおさん(RINKAのフィドラー)がアルバムのタイトルにも使用されているウェストポートの写真の絵はがきを下さいました。残り少ない貴重な物を!と、感激していたら、カクテル代を支払い忘れたらしく、みさおさんが立て替えてくださったそうな。。。なんて、ひどいファンなんでしょう(赤面)。次のライブでお返ししなければ!!!
f0009457_21234680.jpg


お店は場末感タップリの二条市場脇の中小路にひっそりと2階にあります。見逃しやすいので、看板に気をつけながら歩いて見つけましょう。このシチュエーション自体が楽しめますよ。
■ガンゲットダイマ
http://guinguette-daima.com/

札幌市中央区南3条東1丁目6 
Tel 011‐222‐8522
[PR]
by vrombir | 2013-06-17 21:35 | 味な店restaurant etc. | Comments(2)

ご近所グルメ〜こんぶ屋さん~

仕事から早めに帰れた日は、家の近所のの個人商店で買い物をするまたは、行きつけのバイク屋に顔を出して油をうるのが、最近の「趣味」かな?もちろん、他にもいろいろありますが、ことさら気持ちをリラックスさせると言う意味で(^^) で、ランニングは、ストレス解消!って感じですかね。と、健康維持にも。
大型ショッピングモールなど、1カ所でなんでも用事が済んでしまう施設によって、個人商店は大分姿を消しました。もちろんそれだけが要因では無く、跡継ぎがいないなどのこともありますよね。だから、ことさら個人商店でガンバリ抜いている人が偉大に思えてしまう今日この頃なのです。なぜって、自分が中途半端な個人事業者だからかもしれませんね「(^^:尊敬の念がひとしおです。環境のあるいは自分自身のいろいろな変化の波を乗り越えると言うことは、スゴいことなんだって思います。多数派には飲まれずに、自分自身を貫くと言いますかね。。。それとは逆に若手が新たに立ち上げている個人商店も目につきます。
と、余談はさておき。

ご近所でごひいきなのは
①バイク屋さんは モトバーニング
②八百屋さんは 庄司商店
③酒屋さんは 登久屋
④自転車屋さんは サイクルハウス 川田
⑤スコーン屋さん 山鼻スコーン

ごひいき店候補は
①サンドイッチの Sandore
②ワインショップの ワインのいとう
③昆布やさんの 札幌の昆布屋
④お惣菜やさん お惣菜や竹内
⑤行啓通および東屯田通り近辺の興味深げな店舗達
⑥八百屋 畠山商店

課題店
①スーパーすぎはら(北海道神宮近辺なので近所ではない)
②うわさのおいしいパン屋さん(宮の森辺りなのでちと遠い)

で、今日はそのごひいき店候補の「札幌昆布屋さん」でのお買い物です。
男爵の昆布巻きとにしんの昆布巻きを買いました。男爵の昆布巻きは初めてだったので、好奇心がそそられました!もともとこちらのお店では母がよく買っていたので、私はこのお店の昆布巻きを何度も口にはしていたのですが、男爵いもの昆布巻きは初めて見ました。期待を裏切らず、ゴロンとまるごと1個男爵が入っていて、昆布巻きとしては異色だけど、美味しかったです。昆布の味付けの頃合いがほどよく、自然な優しい味わいでした。昆布も柔らかで、ジャガイモにも芯まで味がしみ込んでいて、満足感ありです。
f0009457_2259859.jpg


昆布屋さんの隣は、セイコーマート。にやり、アイスを買って帰りたい気分になりました。とうきびアイスは残念ながら無く、買って帰ったのは、次の3種。セブンでのアイス選びは消去法になるけど、セコマでは、欲しい物だらけで葛藤になります。
f0009457_2313160.jpg


なぜ、私は北海道にいるのだろうと問うたとき、まっさきに食べ物!とそのコスパと言ってしまいそうである「(^^;

ごひいき店だった「あじと」はどこに引っ越したか分からなかったままだったけど、本日姉の情報により、解明されました。今は幌平橋近辺で、拡大して人気店になっているらしいです。寂しいやらうれしいやら(^^)
[PR]
by vrombir | 2013-06-15 23:01 | こだわり系favorite | Comments(2)

登久屋のおすすめシリーズ=6月の日本酒① 鷹勇〜にごり酒〜

ごひいきの酒屋さんで、店主のおすすめのお酒が6,7,8月の各2本づつ(5合びん)飲めるという企画を紹介され申し込みました。これまでここで紹介されたお酒はどれもおいしかったからです。もう、このお店のお勧めの味を知ってしまうと、ちょっとやそっとじゃ日本酒が美味しいと感じなくなってしまうという不幸も背負うことになってしまいましたが(^^;
6月は、鷹勇のにごり酒と春鹿の純米吟醸・生原酒でどちらも山田錦です。入荷すると、お店からfaxが入って、お店にとりに行くのです。金曜日faxが入っていたので、土曜日の仕事が終わった後に、いそいそと取りに行きました。帯広の姉からはアスパラがたくさん届き、2番目の姉からは庭で穫れたふきを頂きました。美味しい日本酒に大地の新鮮な恵み!心弾む晩酌です。
f0009457_2036108.jpg
冬にも同銘柄のにごりを飲みましたが、それよりも熟成が進んでいるので、よりまろやかになっていると説明を受けました。辛口で濁りなのに爽やかで、年の初めに飲んだフレッシュで軽快な味より確かに深みとまろやかさ、旨味が増していたように感じました。にごりならではの麹の旨味を存分に感じながらも辛口のすっきりとした味はなんとも美味です。店主が蔵元に味見に行き、1番美味しい樽から取ってもらったそうです。同じラベルがついていても樽毎に味が違うんですねぇ。そう言う話を聞くと、作り手と菌類のコラボレーションの本当にデリケートな調和なんだなぁと実感してしまいます。

f0009457_20415087.jpg
ホワイトアスパラは、お届け日から4,5日以内なら生で食せると説明書きにあったので、試しにオリーブオイルに塩こしょうを軽くふりかけて食べてみました。生だと甘味がよく感じられますね。シャキシャキ感もまた瑞々しく心地よかったです。2日後には姉のお勧めの食べ方で、オリーブオイル焼 with 即席オランデーズソースで食べてみました。ざっと作り方を説明すると、ホワイトアスパラをオリーブオイルでさっと焼き、仕上げに塩こしょうを軽くします。即席オランデーズソースは超簡単で、マヨネーズに溶かしバターを混ぜるだけ。こんな簡単なのに本格的な料理みたいな味になるんですね!感動!

f0009457_2047328.jpg
ふきはスーパーで既に下ごしらえが終わった物しか調理したことが無かったから、姉から下ごしらえの仕方を聞いて調理しました。身近に生えている物をこうして頂けるなんて素敵だなぁと噛み締めました。味付けはいつも通り超適当ですが、自分ながら母の味付けにそっくりなのに驚かされます。自然と、自分の中にスタンダードとしておふくろの味と言うやつが刻み込まれているんですね。

ごひいきの昆布屋さんのにしん巻きもおいしく、なかなか幸せな土曜日の晩酌でした。おいしい酒は、食べ物達もよりおいしく演出することを再確認しました。

f0009457_22505340.jpg

f0009457_22511210.jpg
f0009457_22513294.jpg

[PR]
by vrombir | 2013-06-15 20:25 | 日本酒/ワイン | Comments(0)

今年の北大祭

携帯で撮った画質の悪い写真ばかりですが、寄せ集めてみました。
雲一つない本当に爽やかな、そして、暑すぎず寒すぎず、理想的なお天気でした。
帰りもカレーか何か買って帰ろうと思っていましたが、昼間の食べ過ぎがたたり、買う気になれませんでした。。。
また、来年のお楽しみだね。もうそろそろ北大の構内で過ごせるのもカウントダウンに入っているはず?だから、存分に大学生活を堪能しなくちゃね。
f0009457_13982.jpg

[PR]
by vrombir | 2013-06-08 01:02 | 北大Hokkaido univ. | Comments(2)

備忘録:豊平川マラソン

もうあれから1ヶ月が経ったのかぁ。
最近は逆にあまり練習していないかも。あの頃は体調悪かろうが何しようが走りたくてしょうがなかったけど、今は、疲れた日は走らないというリラックスぶりです。がつがつ走っても辛くなりそうなので、私の場合はこれで良しとしましょうか。
f0009457_21154338.jpg

写真で、ゼッケンが赤いのは女の子だからと思っていたら、陸連登録の意味だったそうです。申し込み時に間違えたようです。名簿を見ると、陸連登録者になっていて、所属は「北大」になっていました。勤務先かと思って書いてしまいましたが、選手としての所属だったんですね;;;こんな遅い人が陸連登録者なら全員登録ですよね?!すみませんm(__)m名を汚した「北大」にも申し訳ありませんm(__)m
3日にスポーツ館で登録を終え、4日にはアシックスショップで作田コーチの豊平川マラソン説明会でした。タイムを出すための対策だったので、場違いの感大でしたが、コースのあらましや会場の雰囲気を予めつかむという意味で参考になりました。ここでは、ハーフにトピックが絞られていたようでした(笑)。その後夕方から、撮影の仕事に行き、帰ったのは10時頃でしたが、カーボンローディングンと言って、炭水化物食べまくりました。10km走る程度では、ローディングはあまり必要ないとも思いましたが。。。

5月5日の豊平川マラソンは、曇天で、当時としては異例の温暖な気候でした(12°Cくらい)。なんせ、雪残り桜も咲かない寒〜い春でしたから。練習は、信号待ちが必ずあるような所を走っていたので、ぶっ続けで10km走るのはぶっつけでした。それでもトータルでは練習で何度か10km走っていたので、そう不安はありませんでした。
もう、走る前からワクワクしちゃって、緊張と言うよりは楽しみで楽しみで、心臓がドキドキしちゃう感じでした。こういうドキドキって本当にいいですね。
小雨がぱらつき、温暖と言ってもやや肌寒かったので、アシックスショップで開催された作田コーチの豊平川マラソン対策説明会で言ってた通り、ビニール袋に首と腕2本分出る切り込みを入れた物を用意して、それを着てスタートしました。スタートラインでスタートの合図を待ちながら、ビニール姿でストレッチ。楽しみで顔がにやけそうになりながら。
さ、スタート。Garminもスタートしました。練習では、結構やる気モードで走っても、7分ちょい/kmだったので、7分で走り通すことが目標でした。つまり1時間10分で10kmを走りきるということです。気持ちのいい速度で走って行こう、とラップを見ると、以外にも5分代中盤ぐらいのペースで走っていました。でも、ばて始めてからペースを落とせばいいかなぁ、と特に意識的にペースを落とすこと無く、なりゆきに任せて走り続けました。体が温まりだしたので、着ていたビニールを超人ハルクのように破り、くしゃくしゃと丸めました。こんな自分がなんだか豪快で格好いいと思ってしまった飛んだ勘違い野郎でした(笑)。でも、その後、ウェストバッグにしまうのが、なんだか情けない感じです。でも、ポイ捨てはしちゃいけません。
真駒内公園を出て、豊平川沿いに出てほどなくすると、先輩カメラマンが土手の所で、望遠カメラを持って撮影してくれていました。大きく手を振って応えました!楽しくてしょうがなかったので、知ってる人を見つけてテンションがまた上がってしまったのでした。いつばてるのかなぁ、と思いながらも、6分前後で走れていました。それで、気を良くした私は、給水所で、立ち止まってゆっくりと、全て水を飲み干しました。これは後になって大変後悔することに。。。
こんなペースを予想外にもキープして折り返し地点まで来ました。うそっ、今日の私調子いいんだわぁ、と初めてタイムに対する欲望が1段あがりました。これは7分と言わず、6分代でいけそうかも、と。折り返し後、給水所で、往きは水だったから、今度はアミノサプリにしようかなぁとまた選んでしまいました。こういうのがロスタイムになるんですよね〜。それ以外にも若干ペースが落ちた所もあったのですが、それでも遅くて6分15秒くらい。むむ、今日の私いつもと違う!と思い始めました。残り3kmくらいだったと思いますが、その時点の自分のペースを見て、ますます欲が出て、1時間切りたいと思うようになりました。でも、川沿いから公園へ入る所、入った後の競技場までのアプローチで上り坂!一生懸命走っているのに、ペースがイマイチ上がらないのです。上り坂でロスしたタイムを取り返そうと自分なりにスパートをかけたつもりでした。自分が思うよりもスピードを出す力がまだ残っていて、ゴール前の200mくらいで5人ぐらいは抜いた様な気がします。たいして速くないんだろうけど、風邪を切って走ってる感があって気持ちよかったです。
ゴールを通り抜けて無事完走!公式タイムはGarminより少し遅くて1時間1分10秒。Garminの方が若干速く計れていましたが、おしくも1時間切れませんでした。様々な反省点を残しつつto be continuedです。

ゴールでは、冬ランでしりあったお二人と会うことができました。彼らはハーフで参加していたので、会えるかなぁ?と思っていましたが、会うことができ嬉しかったです!!さらにお二人の素晴らしいタイムにびっくりです!ハーフを5分代で走りきってるんですから、レベルが違います。サブ4も近いのでは?と思わせる様な走りは、昨年の秋から始めたばかりと言うのが信じられない程です。お二人はランニングの先輩としてキラキラ輝く目標です。

Distance: 10.10 km
Time: 1:01:04
Avg Pace: 6:03 min/km
Elevation Gain: 65 m
Calories: 602 C

f0009457_21161939.jpg最後に、この写真は、招待選手できていた川内選手が表彰のプレゼンターを行っているところです。私は走っている所を見られなかったけど、見た人の話によるとやっぱりぶっちぎり速かったらしいです。
[PR]
by vrombir | 2013-06-07 21:30 | 日記diary | Comments(6)

クリフハンガー・トトの反省

今日はお騒がせして
f0009457_2234216.jpg


すみませんでした。
f0009457_22343812.jpg


トトがこのように反省している昼間の事件とは。。。
今日、家で仕事中、ベランダに干してた布団にトトが飛び乗ろうとして、姿が消えました。猫が落下して地べたにグッタリする恐ろしい映像がよぎりました。3階から落ちたら命はないかもしれない、命があってもかなりの重症に違いないと青ざめると、ほどなくトトの泣き声が割と近くから聞こえました。
おそるおそる覗き込むと、布団の半分より下の所にしがみついていました。この時のうれしさといったら!でも安堵している間もなく、失敗は許されない緊張感がほとばしります。「しっかり捕まってね」と声をかけながらゆっくり布団を引き上げていきます。このとき私の頭の中にはクリフハンガーの冒頭のシーンとかファイト一発の映像がかすめていました。イメージが良かったせいか無事救出!!
羽布団を押さえてた布団挟みの1つは、トトの重みで吹っ飛び落下しました(下の写真の緑色の物)。かろうじて残った1個が布団を留め、トトも落ちずに済みました。落ちた布団ばさみがトトだと想像すると何度も恐怖が蘇ります。猫の呑気さにはハラハラさせられますな。しばらく心臓のドキドキが止まらなかったけど、助かって本当に良かったです。
f0009457_22365032.jpg


これからも長生きしてできるだけ長く一緒にいて頂戴ね、トト君。
f0009457_22491673.jpg

[PR]
by vrombir | 2013-06-05 22:45 | 家の相棒mon copins | Comments(4)

私の車は自分で身繕いする?

ようです。
4月の終わりに、駐車場の隣のスペースの子供が、駐車スペースから車の間を通って無理矢理自転車を出そうとして、私の車の左側全面にながーい傷をつけて、そのご家族が、弁償して塗装代を出してくださいました。御陰で左側は新品です。
そして、今日、マンションの私の駐車スペースの丁度真上で、工事が行われていて、工事業者の予測よりずっと床コンクリート(駐車場としては天井部)が薄く、意表をついてコンクリートをドリルでぶち抜いてしまったらしいのです。そして、私の車のフロントガラスとボンネット、フェンダーなどに傷ができました。これまた、先方持ちで修理してくださるそうです。
昨日は雨よけカバーが取れたのでディーラーに持って行ったら、無料で修理してく頂いて。。。3月の車検を皮切りに、どんどん、お化粧直しが進んでいます。
今度は右半面かリア辺りに何かハプニングが来るのでしょうか?
そもそも購入してすぐ、飛び石でフロントガラスにひびが入るというレアなスタートを切ったこの車、何かあるのでしょうか???
先代のZは、ペーパードライバー17年の眠りから覚めてのリアルドライバー復活始めの車だったので、初心者みたいに自分から止まってる車にぶつけたり、他の車に不注意でぶつけられたりする事故が何回かありました。そう考えると、ただ事故の種類が違ってきているだけなのかも?

飛び石フロントガラスひび割れ事件、天井コンクリート落下事件ともにディーラーの担当者さんは、今までにであったことがないと、感心?していました。

自分で身繕いするのが上手な車なのか?はたまた、私の身に降り掛かるトラブルを身代わりに受けてくれているのか?珍しい事件が続いています。

この記事の結びに。
私の車に不用意にも傷をつけてしまった方々は、非常に正直で誠実な方達であり、事の次第を正直に申し出て、弁償してくださいました。みなさまの誠実さに深く感謝しますm(__)m
[PR]
by vrombir | 2013-06-03 21:31 | 日記diary | Comments(0)

そーめんサラダ

例の新設カフェコーナにて、素麺サラダ。
半アウトドア気分でのヘルシーフードが心地よいランチでした。
f0009457_2356493.jpg

[PR]
by vrombir | 2013-06-02 14:59 | お家でごはんcook | Comments(0)

私のアイドル、スリーディグリーズ

まだ私が小学校の低学年の頃にはやっていたスリーディグリーズ。妙に記憶に残っています。特に「苦い涙」は日本語だったせいもあり、耳にサウンドが焼き付いていました。昨日仕事へ向かう途中の車の中で、ラジオからふとこの曲が流れてきて、再びかっこういい〜とほれぼれ聞き入ってしまいました。かっこ良くて、かわいくて、歌がうまくてすごい人たちだなぁと子供ながらに感じていました。本日のジョギング中はこの曲が頭をぐるぐるしてました。
今あらためて聞くと、本当にバリバリの歌謡曲で、それを彼女たちなりに歌いこなせているのが、またかっこいい感じがします。
本来の英語のかっこよさも「Dirty Ol'man」で。


[PR]
by vrombir | 2013-06-02 11:23 | こだわり系favorite | Comments(0)