お立ち寄り処・ふう

atelierff.exblog.jp

行きたいところの備忘録(リヨン)

個人的な備忘録です。ごめんなさい。

リヨンに行きたいです。

12月の光の祭典です。

いつか行けたらいいなぁ〜。
っていう場所があって過ごせる毎日は素敵な気がします。





[PR]
# by vrombir | 2015-02-19 08:48 | 旅して〜travel | Comments(0)

サンデグジュペリの言葉




大切なものは目に見えない


だから心の目で見るしかない



[PR]
# by vrombir | 2015-02-19 08:44 | フランス語Francais | Comments(0)

豊平川

f0009457_15463459.jpg
河川敷ももうすぐ走り納めかなぁ。
[PR]
# by vrombir | 2014-12-13 11:46 | Comments(0)

京都出張ラン


f0009457_11465938.jpg

[PR]
# by vrombir | 2014-09-12 08:53 | 旅して〜travel | Comments(0)

スーパームーン@建仁寺

f0009457_23200597.jpg
スーパームーンの光で浮き彫りにされた鱗雲はドラマチックでした。室町時代の建物とのマッチングは感動的で、ここから気が発せられているかのように見えました。
これは一生心に残る風景になりそうです。



[PR]
# by vrombir | 2014-09-09 23:22 | 旅して〜travel | Comments(0)

北海道マラソン

f0009457_22563563.jpg
今年も最後尾からスタートです。
フルに出てるみんなもがんばってね!




[PR]
# by vrombir | 2014-08-31 08:42 | 札幌SAPPoRo | Comments(0)

トトの白髪

f0009457_09055161.jpg
トトも10月で5歳になります。人間で言うと30代ぐらいなのでしょうか?近頃、しっぽに白髪が出てきました。真っ黒なので白い毛は目立ちますね。子供猫の時に我が家にやってきたのに、だんだんと私の年齢に追いつこうとしているのだなぁ、そして、追い越して行くのかぁ、なんて考えると切なくなります。今の時間を大切にしなくちゃね!私が先立つよりトトをみとってあげられることの方がうれしいことですよね。

[PR]
# by vrombir | 2014-08-30 09:10 | 家の相棒mon copins | Comments(0)

今年の雨はひどい

f0009457_10043227.jpg
広島では土砂災害で、ニュースでは、毎日死者の数が増えて行くばかり。東北大震災の傷跡もまだ癒えぬうちにこのように大量の死者を生むような災害が起こるのは、当事者でなくともやりきれない気持ちになる。。。
昨年も雨が多く、北海道に帰ってきてから初めて、あらゆるものがかびてしまうという体験をした。今年は、昨年よりも気温がさほど高くないので、今年はかびてない?気づいてないだけ?いずれにしても、北海道は温帯化し、本州以南は亜熱帯化しているようなきがする。
写真は、金曜日に手持ちで偶然のようにして捉えられた雷。「雷鳴った」と思って、シャッターを切ると暗闇が撮れてしまうので、本当に奇跡のまぐれ当たりで「やった、写ってた!」という1枚。

[PR]
# by vrombir | 2014-08-24 10:12 | 日記diary | Comments(0)

お盆のトト

f0009457_23462368.jpg
トイレに入ると、鳴いて呼ぶ。トイレから返事をする。扉を開けるとつぶらな2つの目。
トトといる時がシアワセだ〜。
最近は、ネットにかじりついてクライミングのこと調べてたり、出歩くことも多いんだけど。
じっと待っている。
どんな時でも「お帰り〜」と玄関に出迎えてくれる。
「ブラシブラシするよ」というとどんな時でも「うかか」と小さく笑いながら駆け寄ってくる。
猫とこんなにコミュニケーションが成り立つとはね(^^;
夏は特に甘えん坊がひどくなる。
あまり遊ぼう攻撃を無視すると指チュウチュウを始める。
「トトはもうおじさんなんだから指チュウチュウなんかしないで」
と言っても、ストレス解消法なんだから、あまり禁じてもいけないのかなぁ。
ってそれより、十分に遊んであげることが先決だね。
いつもわたしにこんなによくしてくれてるんだから、それぐらいしてあげなくちゃね。

ありがとうね、トト君。これで、君がお酒の相手もしてくれたら最高じゃよ(笑)
あと、クライミングの時、ビレイもしてほしい。な〜んてね=;p


[PR]
# by vrombir | 2014-08-14 23:58 | 家の相棒mon copins | Comments(0)

初の自然岩チャレンジ6 〜クライミング4,5:44フェース〜

4本目,5本目は 44フェースです。

f0009457_23524456.jpgいよいよ4本目は 5.10aに挑戦です!
先生は人工壁の感じに近いからやりやすいのでは?とおっしゃるものの。。。
いわゆる「ガバ」というつかみやすいところがあっても、少し前傾なところがあって、そこで力つきてしまいました。2回トライしても同じところでもうだめで。腕がもう言う事を聞かなくなってしまい、断念しました。
ここは人気スポットなのか、私たちが到着する前にも「春の日」というルートを開拓した方とその仲間の方がいて、その後からもご年輩の夫婦と若い女性のグループが来ました。どちらのグループも吉田先生とは懇意のようでした。
先に来ていたグループは、私が登ったルートの右側のもっと難しいルートを登っていました。登っていない時は、吉田先生のクライミングのムーブに熱心に見入ったり、写真に収めたりしていました。私はビレイで両手が塞がり写真は撮れないのです(しょぼん)。f0009457_00081.jpgそして、後から来たグループの若い女性(右の写真)が同じルートをリードで登りました。私が力つきたところでやはり苦戦はしてましたが、辛抱強くがんばって乗り切って、無事トップロープを張りました!かっこいい〜!いつかはあんな風になれたらいいなぁ。厳しいところで降りずに何度もレストしながら気持ちを落ち着けて切り抜けたところ、セルフビレイするところ、もろもろかっこ良かったです!私もトレーニングがんばらなくちゃ。
というわけで、あこがれの5.10aはあえなく敗退です。

ここでまたシューズの話ですが。先生はここでスリッパタイプのクライミングシューズに換えました。聞いてみると柔軟性のあるタイプに履き替えたそうです。44フェースの岩は大きな固まりがあり凸凹しているけど、岩そのものの表面は滑らかで少し湿っていたせいでけっこう滑る感じでした。こういう岩場では柔らかいタイプの方がグリップしやすいのだそうです。さっきまで履いていたような固いタイプだとはじかれて滑りやすくなるそうです。
シューズは高くても良いものを選んだ方が良いとアドバイスを受けました。私のシューズはインドアには十分だけど、外岩にはちょっと厳しいとのこと。でも、ハーネスはそんなに高いのを買う必要がないそうです。ロープをカラビナにかけるやり方も習ったので、カラビナかヌンチャクを買ってロープ掛けの指先練習もしなくちゃ!これが素早くできないと体力を消耗するし、もっとも不安定な状態にあるので、滑落のリスクも高くなります。


f0009457_012069.jpg最後の5本目のルートは今の隣のルートです。少し簡単ということでしたが、4本目のダメージが予想以上に大きく、もう体全体が言う事を聞かない感じでした。見かねた先生は、「やめましょうか」と提案してくれました。でも楽しかったぁ〜。
このフェースの脇にはこのようなはしごがありました(下の写真)。リードでトップロープが張れない場合は、ここからロープ張りに行くと言う手もあるのですね。

帰りに湯の花で汗を流し、知人の営む「カモメや」さんで一休みし、偶然にご隠居様にもお会いでき、帰路につきました。なんだかんだで楽しくて気づかなかったけど、めっちゃ疲れていたみたいで、帰ってからは体中が痛く、体が痛くて疲れているのに寝付かれないと言うほどでした。2日経った今日は青タンだらけの足や肩に驚いたりしています。インドアで少しずつ体力がついてきたと思っていたけど、まだ全然足りないですね。自然岩のクライミングを目標にインドアのクライミングにも励めそうです!f0009457_0153997.jpg
吉田クライミングスクールのブログに私の登ってる最中の写真が載っています。これは、奥フェース。まんじりとも動けなくなってしまった状態でした。
>>私が出てるブログ:8/3
吉田先生はクライミング会では有名人で、開拓したルートも数多いようです。一般的な知名度はあまりないかもしれないですが、クライミング界への貢献度は大きいとネットで書いてありました。最後の44フェースにいたクライマーたちにも「吉田さんに教えてもらえるなんていいですね」と言われました。そんなすごい大先生なのですが、ド初心者の私にも親切に教えていただき、本当にありがたかったです。ねん挫をおしての講習会でしたが、全く負傷を感じさせないクライミングや指導にプロフェッショナルを感じました。

やっと   お・わ・り
[PR]
# by vrombir | 2014-08-06 00:23 | 日記diary | Comments(0)